鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

「ろ」

ろうそっ・ろそく・ろそっ:蝋燭
ろき:碌に
ろくよん:六対四(焼酎の割り方) 「六四(ろくよん)が 四六(よんろ)き俺(おい)も 弱々(よと)し爺(じい) [諸木小春]」
ろっがっど:六月灯(旧暦の六月に県内各地の神社で行われる夏祭り) 「六月灯(ろっがっど) 浴衣ん彼女(ぬし)い 惚れ直(な)えっ [小森寿星]」「灯篭(つろ)ん火で 武者絵が映(は)ゆい 六月灯(ろっがっど) [栫 路人]」
ろっしゃっ・ろっしゃっおとこ:大男 ろっしゃっおなご:大女
ろっろ:轆轤(ろくろ)
ろん:議論

前のページに戻る QRコード