鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

「け」

:貝・買い・来い 「けけけけ」(貝を買いにおいで) 「貝(け)買(け)け来(け)ち 担売(いねうい)婆(ばば)ん 健(さか)し声 [菖蒲谷天道]」「雲行(くもい)っの 悪(わ)り父(とと)家族(けね)を 貝(け)いなけっ [上山天洲]」
:買い 「切符買(け)も わけがわからん 東京駅(とうきょえっ) [福山吉連]」「豆腐(おかべ)買(け)ん 女房(かか)は帰(もど)らじ 汁(しゅ)やたぎっ [大迫三ツ葉]」
:飼い 「狂牛病(きょうぎゅびょ) 牛飼(べぶけ)ん白髪(したが) 増(いみ)らせっ [佐土原 隆]」「甘(あ)め味(あっ)も 黙(だま)っ食(く)っちょい 飼易(けや)し亭主(とと) [前村泰山]」
:~に 「憧(あこが)れん 制服(せいふっ)取(と)いけ 親子しっ [今井夢紫]」「小(こ)め食堂(しょっど) ビールち言(ゆ)たや 買(こ)け走(はし)っ [澤津乙名]」
げ・げえ:家・宅 「食(く)て寝(ね)ちょい 犬(いん)が俺家(おいげ)じゃ丁寧(てね)されっ [石塚律子]」「上戸(じょご)宅(げえ)ん 裏(う)れ積(こづ)んじゃい 一升瓶(いっしゅびん) [小森寿星]」
けあがい・けあがっ:上気する・のぼせる
けあぐい・けあぐっ:蹴上げる
けい:蹴り 「九十歳(くんず)じゃが 死神(しんが)む足で 蹴(け)い飛(と)べっ [今隅くま五郎]」「蹴(け)い開(あ)けた 足袋が優(こえ)らしゅ 挨拶(えさっ)しっ [河野楽天]」
けい:帰り
げい:悪くなる・悪変する 「子をば産(う)ん 自慢の容姿(よし)も 化(げ)いでけっ [永徳天真]」
けいかやす:蹴り倒す
けいさっ:警察 「気が付(ち)たや 警察(けいさっ)じゃった 言(ちゅ)う飲(の)ん平(べ) [栫 路人]」「警察(けいさっ)の 犬(いん)も顔負け 女房(かか)ん勘 [植村昭子]」
けいたくい・けいたくっ:蹴りちらす・蹴りまくる 「酔漢(よくれぼ)が 扉(ドア)どま引(ひ)かじ 蹴(け)いたくっ [工藤天然]」「金(ぜん)じゃれば 拾(ふ)るが塵(ごん)どま 蹴(け)いたくっ [永徳天真]」
けいちらかす:蹴飛ばす
けいとくっ:蹴り倒す 「うな貴様(わい)が 言(ちゅ)たとか脛を 蹴(け)い倒(と)けっ [西迫順風]」
げいのこ:おたまじゃくし 「春(はい)の水(み)じ 御玉杓子(げいのこ)取(と)いの 孫ん騒動(そど) [下本地郷二]」「御玉杓子(げいのこ)あ 尻尾(しいぼ)踊(おど)いで 春(は)ゆ告(つ)げっ [津留見一徹]」
けいん:飼い犬 「亭主(とと)よっか 飼犬(けいん)に優(やさ)し 歯痒(はが)い女房(かか) [満吉満秀]」「何時(いっ)の間(こ)め 飼犬(けいん)な俺(おい)の 年(と)す越(こ)えっ [おんじょどい]」
けおさるい・けおさるっ:圧倒される・気圧される 「夫婦(みと)喧嘩(いさけ) 女房(かか)ん迫力(はくりょ)き 気圧(けお)されっ [おんじょどい]」
けおつい・けおつっ:落ちる
けがら:貝殻 「抱(だ)っ上(きゃ)げた 初孫(はっまご)可愛(む)ぞか 貝殻爪(けがらつめ) [鈴木芳子]」
けからす・けからすい:枯らす
けかるい・けかるっ:枯れる・嗄れる 「無投票 声もけ嗄(か)れじ 楽(だっ)なこっ [堂園三洋]」
けかれごえ:かすれ声 「遠(と)え耳(みん)と 語(かた)っ帰(もど)いな け嗄(か)れ声 [工藤天然]」
けきゆい・けきゆっ:消える
けぐい・けぐれ:買い食い
けくずるい・けくずるっ:崩れる 「聖職(せいしょっ)が 音をば立(た)てっ け崩(くず)れっ [諸木小春]」
けくっ・けくん・けこん:買い込む 「あばてんね 買込(けく)だ煙草も もへ吸終(すと)っ [石塚律子]」「立腹(はら)けたや 見た物(もん)の度(かし) 買込(けこ)ん女房(かか) [加塩十白]」
けこ:稽古 「も直(じ)きパパ キューピーちゃんで 風呂ん稽古(けこ) [永徳天真]」「風呂場かい 親子賑(にっぎゃ)こ 九九(くく)ん稽古(けこ) [諸木小春]」
けこがいっ:上達する・上手くなる 「稽古(けこ)が入(い)っ 若鶯(でっち)も日増(ひま)し 上手(じょ)し歌(う)とっ [永徳天真]」
けころっ・けころん:転ぶ 「運動会(うんどかい) け転(ころ)ちゃ走(はし)い 児(こ)い拍手 [花園ちづ]」
げざらし:下品である 「げざらしか 野次を飛(と)ばすい 金バッジ [米元年輪]」「げざらしか 家(え)じゃち思(お)もたや 成(な)い上(や)がい [塚田黒柱]」
けしっ:敷く 「俺(おい)好(ごの)み なっ言(ちゅ)て嫁(き)たて 尻(し)いけ敷(し)っ [津留見酎児]」
けしなすっ・けしますっ:死なせる 「げなげなち 何時(いっ)のこめいか け死(し)なせっ [伊地知 孝]」
けじゃくし・けしゃくひ・けじゃっ:貝杓子 「島(しま)御馳走(ごっそ )貝杓子(けじゃく)し鍋を 取(と)い囲(かこ)っ [倉元天鶴]」「貝杓子(けしゃくひ)で 穿(くじ)っやろそな 勝手耳(かってみん) [有川八味]」
けしょ:化粧 「サンプルで 全部(ずるっ)済ませた 婆(ばば)ん化粧(けしょ) [久永桂心]」「厚化粧(あっげしょ)ん 何処(どこ)い塗(ぬ)っとか 日焼け止め [伊地知 孝]」
けしん:死ぬ 「け死(し)んだや 初(はっ)めっ乗(の)った キャデラック [小森寿星]」「保険屋が 仮(かい)にち俺(お)ゆばけ 死(し)ませっ [池上黒ぢょか]」
けしん:肉桂(ニッキ) 「けしん団子(だご) 都会(ま)ち居(お)い子どみ 婆(ば)は送(おく)っ [山路野菊]」
けしんかぎい:必死で・死にもの狂いで
けしんみゃっ:亡くなる・お亡くなりになる
けしんめ:裏返し 「裏返(けしん)めも 知(し)たじ一晩 飲(ぬ)で歩(さ)れっ [桑元行水]」「朝寝坊(あさねごろ) シャツを裏返(けしん)め 駅(え)き走(はし)っ [津曲とっこ]」
けしんめ:死ぬほど・命がけで 「ドラマーが け死(し)んめ叩(た)たっ 西洋(せいよ)太鼓(でこ) [上籠若菜]」「終電に 乗(の)ろちけ死(し)んめ 婆(ば)は走(はし)っ」
けすい:茶化す・侮る
けずい・けずっ:削る 「将来(さ)き良(よ)かろ 我が身を削(けず)っ 子い投資 [西ノ園ひらり]」「削(けず)い音(お)て 待合室(まちあいしっ)が もへ怖(びび)っ [吉岡道場]」
けすいばっ・けすいばっちょ:悪戯小僧・ひょうきんな人 「卒業式(そっぎょしっ) 悪戯坊主(けすいばっちょ)が 泣(な)っ出(で)けっ [二見愚楽満]」「名刺裏(う)れ 戒名(かいみょ)も準備(しこ)た 剽軽者(けすいばっ) [大重爆笑]」
けすいぼ:狡い人・生意気な者・腕白者・ひょうきんな人 「腕白坊(けすいぼ)も 今じゃ爺(じ)さまで 孫ん守(も)い [吉丸セツ子]」
けすっ:茶化す・いたづらをする 「弱虫(やっせんぼ) 親と一緒じゃ やれけすっ [四元景一]」「好(す)っな女子(こ)い 故意(わざ)っ悪戯(けす)っちょ 腕白坊(きかんたろ) [中間紫麓]」
けすっ:消す 「近(ち)こなった 酔漢(とら)ん大声(うごえ)い 灯(ひ)を消(け)せっ [吉岡道場]」「隣(つ)ぎゃ喧嘩(けんか) テレビも消(け)せっ 耳(み)む立(た)てっ [平中小紅]」
けずっ:削る 「子供(こどん)よか 亭主(てし)の小遣(こつけ)を 先(さ)き削(けず)っ [塚田黒柱]」「将来(さ)き良(よ)かろ 我が身を削(けず)っ 子い投資 [西ノ園ひらり]」
けずっ:梳る 「バーコーで 見事(みご)つ梳(けず)った 薄(う)し頭髪(びんた) [福山吉連]」
けすますい・けすますっ:済ませる 「喜寿ん祝(ゆえ) 孫はメールで け済(す)ませっ [篠原文兎]」「子ん家(え)でな 大食(うぐ)れも二杯(にへ)で け済(す)ませっ [上山天洲]」
けすん:済む 「独身者(ひといもん) ラーメン鍋で用事(ゆ)じゃ け済(す)ん [岩崎美知代]」「デパ地下ん 試食(ししょっ)でけ済(す)ん 婆(ば)の昼飯(ちゅはん) [澤津乙名]」
けそこの:買い損なう
けそん:斜め 「横(よん)ご爺(じ)ん 下駄は斜(けそ)んに すいきれっ [太良木 学]」
けたおるい・けたおるっ:倒れる 「呆(ぼ)え雪達磨(だるま) 犬(いん)の放尿(しべん)で け倒(たお)れっ [一髪]」
けたまがい・けたまがっ:驚く 「ま一人(ひとい)ち 叫(お)めた産婆い け驚(たまが)っ [有馬凡骨]」「新(にい)精霊(じょろ)も 腰パン孫い け驚(たまが)っ [弓場正巳]」
けだむん・けだもん:獣 「隣家(つっ)の娘(お)げ 獣(けだもん)青年(にせ)が 牙を剥(み)っ [山下明良]」
けだるい・けだるっ:疲れる
げたんは:鹿児島特産の小麦粉と黒砂糖で作った甘いお菓子 「げたんはを 肴(さか)ね飲(の)んじょい 二刀流 [津留見一徹]」
げたんは:箸戦(なんこ)用語で二本
げたんめ:箸戦(なんこ)用語で三本
けちらくい・けちらくっけちらかすい・けちらかす:蹴散らす 「はしとせち 狂句で惚けを 蹴散(けち)らけっ [田中栄泉]」「威勢(いっ)の良(よ)か 初荷が不況(ふきょ)を 蹴散(けち)らけっ [上山天洲]」
けっ:蹴る 「長(な)ご待った 嬉(うれ)し命(いのっ)が 腹を蹴(け)っ [上里惣門]」「冗談(はらぐれ)い 席(せ)く蹴(け)っ立った 怒(はらか)っ坊(ぼ) [有川南北]」
けっ:書く・描く 「就活(しゅうかつ)も 茶汲(ちゃく)んで良(え)でち 履歴(りれ)き書(け)っ [小倉牛哲]」「相手(えて)ん名あ 男名前で 手帳(てちょ)い書(け)っ[樋口一風]」
けっ:掻く 「少(すっ)ねどん 掻(け)た汗でも貰(も)ろ 初月給 [東 五本松]」「謝罪(ことわい)な 汗ば掻(け)っでた 縺れ舌 [ゆめ路]」
げっ:指図・下知 「顎(あご)で下知(げ)つ 鼻で返事(へ)ずすい 老夫婦(おんじょみと) [小瀬一峻]」「お客様(きゃっさ)ん 前で恥(げん)なか 妻(かか)ん下知(げっ) [瀬戸口抱洋]」
げっ:最下位・最後尾 「名門ぬ 最下位(げっ)で卒業(で)た奴(と)が 鼻(は)ねかけっ [蔵ノ下夢石]」「最後尾(げ)つ走い 子供(こど)み血統(す)ず言(ゆ)っ 夫婦(みと)諍(いさ)け [入来創雲]」
げっ:変化する・変種する 「俺(お)い似(に)らじ どこで化(げ)ったか 子は持(も)てじ [塚田黒柱]」「新種言(ちゅ)て 化(げ)った金魚を 売(う)い付(ち)けっ [福冨野人]」
げっかい・げっかっ・げっくゎっ:崩れる 「ダンプカい げっかっしもた 小(ちん)け橋 [米元年輪]」「挫折(げっくゎ)った 暮(く)らし達磨ん 画を飾(かざ)っ [津留見一徹]」
けっさるい・けっさるっ:腐る 「亭主(とと)は留守(ずし) 目が腐(けっさ)るい 程(ほ)で昼寝(ひんね) [三條風雲児]」
けっされ:腐れ・腐敗物 「冷蔵庫(れいぞう)け 腐(けっさ)れ野菜(やせ)も 大事(で)じ収納(なえ)っ [永徳天真]」
げつすい:指図する・命令する 「下知(げ)つすれば 部下じゃ無(な)かどち 厳(いみ)し妻(かか) [満吉満秀田中栄泉]」「電話途中(つと) 下知(げ)つすい女房(かか)を 足で蹴(け)っ [北村虎王]」
けったくい・けったくっ:蹴りまくる
げっつ:最後尾・どん尻
けっと:血統 「血統(けっと)付(つ)き がんたれ犬(いん)が 孕(はら)ませっ [金井一馬]」
ケット:毛布 「中元(ちゅうげん)に 歳暮(せぼ)ん残物(のこ)いか 来(き)た毛布(ケット) [野間口鈴女]」「毛布(ケット)をば 上着(うわ)ぎ仕立てた 戦中派 [今隅くま五郎]」
けっのす:肛門・尻の穴 けっのすんちんけわろ:尻の穴の小さい奴・弱虫
けつぶるい・けつぶるっ:倒産する 「交際(つっけ)言(ちゅ)っ 派手な飲(の)ん食(く)で 倒産(けつ)ぶれっ [入来創雲]」
けつまじっ・けつまずっ:躓く 「け躓(つま)じっ 赤恥(あかは)ずばけた 納屋(なや)ん馬場(ばば) [栫 路人]」「弱々(よと)し五体(ごて) 小(こ)め穴(ほげたん)に け躓(つま)じっ [小森寿星]」
けて:買い手 「頼(たの)んでち 子馬ん買手(けて)ん 手を握(にぎ)っ」「朝市(あさいっ)の 売(う)い手を買手(けて)が 冗談(ちょく)い合(お)っ [樋口一風]」
けど:街道 「面(つら)ん皮(かわ) 厚(あ)ち奴(と)が走(はし)い 出世街道(しゅっせけど) [津曲とっこ]」「菜の花ん マラソン街道(けど)い 匂(かざ)が舞(も)っ [井手上政暎]」
げな:~そうだ(伝聞の意を表す) 「期限付(つ)っ じゃったたいげな 角隠し [片平桜子]」「げなげなち 何時(いっ)のこめいか け死(し)なせっ [伊地知 孝]」
けなえ:中風・老衰
けながるい・けながるっ:流れる 「手間仕事(しご)ちゃ 安値(や)すか中国(ちゅうご)き け流(なが)れっ [菖蒲谷天道]」
けなっ:なってしまう 「育(おや)しとっ 見栄んピアノは 邪魔(じゃ)めけなっ [新地十意]」「孫が来(き)っ 顔(つら)とめ財布(ふぞ)も 緩(ゆ)るけなっ [上山天洲]」
けなぶい・けなぶっ・けんなぶっ:軽蔑する・侮る 「色話(いろばな)しゃ 聞(き)こごたっとい 侮(けん)なぶっ [六田紫好]」「放蕩(なぐれ)亭主(て)し 犬(いん)も軽蔑(けなぶ)っ 吠(ほ)えかかっ [松永 直]」
けなゆい・けなゆっ:萎える 「鬼火焚(おねっこ)ん 勢力(せり)きけ萎(な)えた 霜柱(しもばした) [小森寿星]」「け萎(な)えてん 父親(とと)あ横座い 座(すわ)っちょっ [田代彦熊]」
けならかす・けならす:飼いならす
けなん:毛並み
けぬし:飼主 「飼主(けぬし)よか 歩(さ)るっとが遅(お)せ メタボ犬(いん) [北森第九]」「飼主(けぬ)し似(に)っ 猫ずい横道(おど)い 仕込(しこ)まれっ [有馬凡骨]」
けぬっ:毛抜き
けね:家族 「家族(けね)じゃれば 犬(いん)にも欲しか 給付金 [石塚律子]」「長生(ながい)くば 家族(けね)あことろしゅ 喜(よろ)こばじ [小森寿星]」
けねうっ:家族・一家
けねこ:飼い猫 「女房(かか)ん愚痴(ぐぜ) 飼猫(けねこ)がニャンち 相槌(えは)を打(う)っ [有馬純秋]」「飼猫(けねこ)ずや 雑魚い見向(みむ)かん 浜育(はまそだ)っ [瀬戸口抱洋]」
けねごっす・けねごっそ:家族中 「家族(けね)全部(ごっす) 豚ん子も出た 運動会(うんどかい) [畑山真竹]」
けねじゅ:家族中 「笑(わ)れ上戸(じょご)ん 嫁で家族中(けねじゅ)が 丸(ま)る暮(く)れっ [泉 山茶花]」「宅配の 声い家族中(けねじゅ)が 返事(へ)ずばしっ [野間口鈴女]」
けねい・けねっ:寝る 「手探(てさぐ)いで そろいとけ寝(ね)い 午前様(ごぜんさあ) [伊地知 孝]」「亭主(とと)奴(わろ)が 毎日(めにっ)強要(せが)んで 別(べ)ちけ寝(ね)っ [金井一馬]」
けのい・けのっ:乗る 「煽(おだ)つれば 俺(おい)が大将(おしょ)じゃち 調子(ちょし)け乗(の)っ [中村雲海]」
けび・けびか:煙い 「煙(け)び奴(わろ)が 居(お)らんにゃ集会(よい)も 笑(わ)れが舞(も)っ [小森寿星]」「飽(あ)っもせじ 毎日(めにっ)小言(こごっ)の 煙(け)び課長 [永徳天真]」
けひゆい:冷える 「痩(やせ)ぎっの 骨もけ冷(ひ)えた わざえ寒(かん) [下本地郷二]」
けぶい・けむい:煙 「色恋(いろこい)の 煙(けぶい)も立(た)たじ 四十(しじゅう)娘(おご) [樋口一風]」
けぶけ:毛深い
けほい:潮干狩り 「貝掘(けほ)やあと 焼酎(しょちゅ)かい先(さっ)ち 浜行楽(はまでばい) [川村三生]」
けまぐるい・けまぐるっ:迷う・道に迷う 「二次会にゃ け迷(まぐ)れた態(ふ)で 二人(ふたい)なっ [迫 藤子]」「味噌樽(みそだい)が ホテルん中で け迷(まぐ)れっ [樋口一風]」
けまぐるっ:頭がぼうっとなる・失神する 「野良猫(まぐれねこ) くさやを嗅(かず)ん 気絶(けまぐ)れっ [入来院彦六]」「灰(へ)の中あ 熱(い)てち鯣(すいめ)あ けまぐれっ [池上黒ぢょか]」
けみ:煙い
けみっ:帰り道
けみょ:戒名
けむい:煙 「火事(くゎし)ち騒動(そど) 煙(けむい)の原因(もと)あ 殺虫剤(さっちゅざい) [米元年輪]」「火の無(ね)所(と)け 煙(けむ)ゆ立てちょい 噂(うわさ)好(ず)っ [宮田隆翔]」
けむぞ・けもぞ:毛むくじゃら 「多毛(けもぞ)脛(ず)ね ミニスカートい 目が走(はし)っ [山下矢絣]」
けむん・けもん:買物 「何(な)ゆ買(こ)たか 覗(み)っみい他人(ひと)ん 買物籠(けもんかご) [永徳天真]」「女房(かか)ん尻(し)ゆ 他人顔(たにんづら)しっ 行(い)っ買物(けもん) [栫 路人]」
けやし:飼い易い 「飼易(けや)し亭主(とと) 期限切れでん 美味(うん)も食(く)っ [堂園三洋]」「焼酎(しょつ)肴(しおけ) 干魚(がらんつ)で済(す)ん 飼易(けや)し亭主(とと) [日隈英坊]」
けるっ・けるる・けれる:孵化する・生まれる 「予定よい 早(は)よ出産(け)れた児(こ)が 優良児 [大迫純泉]」
けわするっ:忘れる 「立(た)っ上(ちゃ)がっ 言(ゆ)おちした時(と)きゃ け忘(わす)れっ [宮下珍竹]」「外れ予報(よほ) 帰(もど)や傘どま け忘(わす)れっ [花園ちづ]」
けわる:笑う 「貧乏(びんぶ)でん 暢気(のんき)な女房(かか)は け笑(わ)るちょっ [堂園三洋]」
けん:糸 「蜘蛛(こっ)の糸(けん) 背の高(た)け青年(にせ)が 露払い
けん:気位 「美人(シャン)の上(うえ) 胸も見事(みご)てて 難(なん)な気位(けん) [楠八重渓流]」
けんかどい:軍鶏(しゃも) 「闘鶏(けんかどい) 一(ひ)と声上(あ)げっ 飛(と)っかかっ [上田 格]」
げんげ:蓮華草 「蓮華田(げんげだ)は 母(はほ)が居(お)ろそな 匂(かざ)がしっ [棚網 鮎]」
げんこっ:拳骨
けんだけ:気位が高い・傲慢である 「気位(けん)高(だ)け娘(こ) 高望(たかのぞ)むして 嫁(い)きゃならじ [谷村まさゑ]」「可愛(む)じ顔(つら)が 権高(けんだ)こなった 厚化粧(あっげしょう) [諸木小春]」
けんじ:上棟祝 「節約(かんじゃっ)の 女房(かか)んお陰で 今日(きゅ)は棟上祝(けんじ) [佐土原 隆]」
けんぜゆえ:上棟式・建前・新築祝い 「喫煙者(たばこの)ま 庭ん筵座(むしとざ) 新築祝(けんぜゆえ) [神薗善多]」「大人(おせ)も子供(こ)も 硬貨(どろ)拾(ひ)れ騒動(そど)ん 上棟祝(けんぜゆえ) [池畑鉄亀]」
けんつけどい:軍鶏・薩摩鶏
がんなか・げんね:恥ずかしい 「恥(げん)ねこっ 代車ん方(ほう)が 良(よ)か車(くいま) [小瀬一峻]」「お客様(きゃさ)ん前(まえ)で恥(げん)なか妻(かか)ん下知 [瀬戸口抱洋]」
けんびっ:神経質 「穴(ほ)ぐいめい けんびっ女房(かか)あ 鍋磨(みが)っ [平中小紅]」
げんもん:本物 「焼酎(しょちゅ)ブーム 本物(げんもん)じゃっち 吹(ふ)っかけっ [田原大黒]」

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top