鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

「ゆ」

:良く 「良(ゆ)う見(み)たや どっか亭主(と)て似(に)た 猿(よも)ん顔(つら) [田中末木]」「良(ゆ)したもん 女房(かか)ん節約(かんじゃ)く 亭主(とと)が飲(の)ん [瀬戸口和八久]」
:言う 「好男子(よかにせ)ち 女房(おかた)一人(ひとい)が 言(ゆ)てくれっ [石塚律子]」「相手(えて)次第(しで)ち 言(ゆ)ちょい年齢(とし)かち 娘(こ)を叱(く)るっ [楠八重渓流]」
:結う 「婆(ばば)芸者 辺輪(へわ)い似たよな 髷を結(ゆ)っ [肱岡月汀]」「小竹壁(いらさかべ) つん折(ご)っ婆(ばば)あ 髪(かん)ぬ結(ゆ)っ [野間口鈴女]」
ゆあがい:湯上り 「湯上(ゆあ)がいの 豚が来たよな 女房(か)け唖然(あけっ) [山元自在鉤]」「湯上(ゆあが)いの 女房(かか)ん視線ぬ 亭主(て)しゃ外(は)じっ [上薗佳笑]」
ゆあつい:言い当てる 「とても年令(と)す 言当(ゆあ)てあならん 若作(わかづく)い [岩崎美知代]」
ゆいおこす・ゆすいおこす:揺り起こす 「何(ない)の夢 叫(おら)っ亭主(とのじょ)を 揺(ゆ)い起(お)けっ [諸木美舟]」「妙(す)だ寝言(ねご)ち 亭主(て)す揺(ゆす)い起(お)けた 悋気(じんき)女房(かか) [佐土原 隆]」
ゆいか:緩い 「効(き)っ方(かた)が ちった緩(ゆい)かろ 甘(あ)め薬(くすい) [棚網 鮎]」
ゆいくやす:揺り壊す・揺り崩す 「震度7 考(かん)ぐい気力(ぎろ)も 揺(ゆ)い壊(く)えっ [三條風雲児]」「無(な)か筈(はっ)の 大地震(うなえ)玄界(げんか)ゆ 揺(ゆ)い崩(く)えっ [上薗佳笑]」
ゆいたくい・ゆいたくっ:激しく揺する 「原発(げんぱっ)が 日本列島(れっと)を 揺(ゆ)いたくっ [下栗志乃]」「揺(ゆ)いたくっ 孫を泣かせた 手荒(てあ)れ子守(もい) [樋口一風]」
ゆえ:お祝い 「歯痒(はが)いこっ 俺(おい)が誕生日(たんじょ)びゃ 祝(ゆえ)も無(の)し [工藤天然]」「今日(きゅ)が鶏(とい)の 命日(めいに)ちなった 合格祝(ごかっゆえ) [堂園三洋]」
ゆおき・ゆおっ:遺言 「呆(ぼや)し爺(とと) 言(ゆ)う度(かし)違(ち)ごた 遺言(ゆお)くしっ [谷村まさゑ]」「胃カメラい 遺言(ゆお)く書(か)こそな 臆病者(ひっかぶい) [諸木小春]」
ゆかえし・ゆかやす:言い返す 「語(かた)い掛(か)け すっと言返ゆかえし 夫婦(みと)喧嘩 [尾崎若狭]」
ゆきい・ゆきっ:言い切る・断言する
ゆきらん:言えない 「人前じゃ 言(ゆ)きらん議(ぎ)をば 妻(か)け吼(ほ)えっ [樋口一風]」「痔が悪(わ)りち 言難(ゆき)らじ悩(なや)ん お年頃 [有川南北]」
ゆく:休む・休憩する 「元気ちゅが 八十(はっじゅ)過ぎれば 休憩(ゆく)どえっ 」
ゆくかえす・ゆくかゆっ:言い返す 「下知(げ)つすれば 産(う)んだが悪(わ)りち 言返(ゆくかえ)っ [下本地狂二]」「吝嗇(けち)言(ちゅ)えば 汝(わい)と同等(ぐゎい)よち 言(ゆ)く返(かえ)っ [前村泰山]」
ゆくさ:ようこそ 「セールスい ゆくさ来(き)たなち 暇(ひま)な婆(ばば) [西 幸子]」
ゆけむい:湯煙 「湯煙(ゆけむい)が 晴(は)れっ驚(たま)げた 周(まわ)や婆(ばば) [津留見一徹]」「湯煙(ゆけむい)で 爺(じ)か婆(ば)か知(し)れん 露天風呂」
ゆこっ:言うこと 「何(なん)言(ちゅ)てん 金(ぜん)が一番(いっばん) 言(ゆ)こつ聞(き)っ [吉岡道場]」「目覚時計(めざまし)の 言(ゆ)こつ聞(き)かんじ また遅刻(ちこっ) [樋之口墨矢]」
ゆごっ:文句・中傷 「二次会じゃ 職場(しょっば)ん文句(ゆご)つ 肴(さか)ねしっ [永徳天真]」
ゆさいもと:夕方 「夕方(ゆさいも)て 呑気い茶どん 飲(ぬ)っ喋(しゃべ)っ [諸木小春]」「夕方(ゆさいも)て 友人(どし)とスーパで 長(な)ご語(かた)っ [西ノ園ひらり]」
ゆざかのし・ゆざっがなか:言い様がない 「産(さん)の見舞(みめ) 五人目じゃれば 言(ゆ)ざか無(の)し [北村虎王]」
ゆさぐっ:揺する
ゆさぶい・ゆさぶっ:揺さぶる・揺らす 「山んバス 尻(し)ゆば揺(ゆ)さぶっ 横(よ)け滑(ずめ)っ [藤田てこ]」
ゆし:用事 「用事(ゆし)の無(ね)た 婦人科毎日(めにっ) 病院(びょいん)通(が)え[石塚律子]」「炬燵(こたっ)から 出(で)た方(ほ)が用事(ゆ)ずば 頼(たの)まれっ [三條風雲児]」
ゆしたむん・ゆしたもん:良くしたもの 「良(ゆ)したもん 女房(かか)ん節約(かんじゃ)く 亭主(とと)が飲(の)ん [瀬戸口和八久]」「良(ゆ)したもん 能(ぬ)の無(な)か亭主(て)しな 遣(や)い手(て)女房(かか) [田代彦熊]」
ゆじん:用心 「詐欺電話(でん)うぇ 用心(ゆじん)が薄(う)しで 嵌(うた)い奥様(こじゅ) [細山田妙子]」「用心(ゆじん)どま した様子(ふ)でも無(の)し 子分限者(こぶげんしゃ) [入来院彦六]」
ゆじんぶかか・ゆじんぶけ:用心深い
ゆすい・ゆすっ:揺する 「妙(す)だ寝言(ねご)ち 亭主(て)す揺(ゆす)い起(お)けた 悋気(じんき)女房(かか) [佐土原 隆]」「脳味噌(のみそ)ずい 揺(ゆ)すいたくって 歯を削(けず)っ [樋口一風]」
ゆずい・ゆずっ:譲る 「席(せ)きょ譲(ゆず)い 茶髪(ちゃぱっ)の青年(にせ)を 見直(みなお)せっ [大迫三ツ葉]」「チャンネルを 女房(か)け譲(ゆず)ったて 船を漕(け)っ [入来創雲]」
ゆずいお:譲り合う 「後継(あとつ)ぐば 歯痒(はが)いか兄弟(きょで)で 譲(ゆず)い合(お)っ [諸木小春]」
ゆすいたくい・ゆすいたくっ:揺すりまくる 「脳味噌(のみそ)ずい 揺(ゆ)すいたくって 歯を削(けず)っ [樋口一風]」
ゆすぐい・ゆすぐっ:揺する 「綱渡(つなわた)ゆ 袖で揺(ゆ)すぐい 自民党 [伊地知 孝]」「健(さか)し青年(にせ) 御輿(みこ)す揺(ゆす)ぐい 夏祭(なっまつ)い [上瀬明星]」
ゆすらるい・ゆすらるっ:揺すられる 「きみまろい 三段腹を 揺(ゆす)られっ [佐伯山神]」
ゆずられん:譲れない 「おぼっかね 後継(あとつ)ぎいっこ 譲(ゆず)られじ [堂園三洋]」
ゆそこね:言い損い ゆそこの:言い損なう 「焼酎(しょちゅ)が出(で)っ 言(ゆ)け行(い)た苦情(くじょ)は 言損(ゆそこ)ねっ [内野茶柱]」「言損(ゆそこ)ねも 耄碌(ども)じゃろかいち 軽(か)る笑(わ)るっ [吉丸セツ子]」
ゆだい・ゆだっ:茹だる・茹で上がる・煮える
ゆだい・ゆだれ:涎(よだれ) 「居眠(いねぶ)いの 涎(ゆだ)い宿題(しゅくだ)や どろけちょっ [福園東風]」「終電車 美人(シャン)も涎(ゆだれ)を 垂(た)れっ眠(ね)っ [宮田隆翔]」
ゆだす:言い出す 「気が移(うつ)っ デートをセクハラち 言出(ゆで)っ [植村聴診器]」「他人事(ひとごっ)ち 思(おも)た離婚ぬ 言出(ゆで)た女房(かか) [江口紫朗]」
ゆたっ:ゆったり・のんびり 「寛(ゆた)っして 孫娘(まごこ)が帰京(もど)っ 婆(ば)あ寝込(ねく)っ [馬込白鯨]」「短(みし)け余生(さ)く 悠然(ゆたっ)思(と)もたが 大(ふ)て間違(まっ)げ [福原福多]」
ゆたて・ゆたてん:イタチ・鼬 「鼬貂(ゆたてん)の 仕業か朱鷺(とき)を 噛(か)ん殺(こ)れっ [永井牛山]」
ゆだれ:湯疲れ・湯あたり 「湯疲(ゆだ)れてん 美人(シャン)なやっ来(こ)ん 露天風呂 [堂園三洋]」「混浴(こんよっ)で 娘(おご)を待(ま)っかて 湯疲(ゆだ)れしっ [おんじょどい]」
ゆちらかす・ゆちらくい:言いふらす・言い散らす 「口止(くっど)めを 焼酎(しょちゅ)がすっぱい 言散(ゆち)らけっ [田中栄泉]」「朝帰(あさもど)ゆ 隣(とない)の奥方(こじゅ)が言散(ゆち)らけっ [新地十意]」
ゆっ:指 「三つ指(ゆっ)の 女房(か)け狼狽(ばたぐ)ろた 朝帰(あさもど)い [おんじょどい]」「手と足の 指(ゆっ)でも足(た)らん 可愛(む)ぜ計算(さんにょ) [金井一馬]」
ゆっ:雪 「桜島 雪(ゆっ)のドレスで 今日(きゅ)は気取(きど)っ [下栗志乃]」 「雪(ゆっ)だるま たった一日(ひしち)で ダイエット [永田酒楽]」
ゆっ:用事 「夕方(よのいも)て 用事(ゆっ)も無(な)かとに 長尻客(ながじきゃっ) [山路野菊]」
ゆっかすい・すかすっ:教える 「道(み)つ聞(き)たや 傘であっちち 教(ゆっか)せっ [福原福多]」「纏付(めち)っ蚊が 破れ網戸(あんど)を 教(ゆっか)せっ [津留見一徹]」
ゆっくい:ゆっくり 「借(か)いでたや ゆっくいもせじ ひん帰(もど)っ [田辺遊狂]」
ゆっさんご・ゆっさんごろ・ゆっさんごん:ぶらんこ 「過疎いなっ ゆっさんごんも 錆(さっ)くろっ [入来創雲]」
ゆっすい:行き交う 「尻(け)ちゃ据(す)えっ 下知(げっ)が行交(ゆっす)い 不精(ふゆ)な家族(けね) [永田酒楽]」
ゆっつるす:手放す 「孫は風呂(ふ)れ ゆっつるさんち 水鉄砲(みってっぽ) [大久保胡坐]」
ゆっとどっ:行き届く
ゆっぶえ:指笛 「指笛(ゆっぶえ)を 聞(き)っ踊(おど)い出(で)た 島育(しまそだ)っ [江口紫朗]」
ゆつらし:豊かな・裕福な・余裕のある 「所帯繰(しょてぐ)いが 良(よ)かか裕福(ゆつら)し 顔(つら)をしっ [新田フサ]」「厳(いみ)し婆(ば)も 裕福(ゆつら)し顔(つら)ん 年金日 [猪八重清香]」
ゆつらっ:ゆったりと 「過疎ん空(そ)れ ゆつらっ泳(およ)っ 大(ふ)て鯉幟(のぼい) [上瀬明星]」
ゆてかする:教える 「親(お)へ向(む)こっ 習(な)るた躾を 教(ゆ)てかせっ [稲田切株]」「呆(ぼ)え工事 手抜(てぬ)きょ地震が 教(ゆてか)せっ [桑元行水]」
ゆとい:ゆとり・余裕 「痺れ足(あ)し 故人の偲(しの)っ 余裕(ゆと)や無(の)し [東 竜王]」
ゆどっ:湯豆腐 「口(く)ち入(い)れっ たぎった湯豆腐(ゆど)き 狼狽(ばたぐ)ろっ [三條風雲児]」「今日(きゅ)も湯豆腐(ゆどっ) 他(ほ)け料理(じゅ)や無(ね)かち 亭主(とと)ん愚痴(ぐぜ) [石塚律子]」
ゆどれ:湯疲れ・湯当たり 「湯疲(ゆど)れ女房(か)け パンツかあ先(さ)き 着(き)れち叱(が)っ [上別府印句]」「三度四度 浸(つ)かっ湯疲(ゆど)れた 一日(ひして)湯治(とっ) [吉岡道場]」
ゆない・ゆなっ:治る・良くなる 「治(ゆな)い日が 来(く)いか免許を 切(き)い替(か)えっ [岩崎美知代]」「治(ゆな)っ時(と)きゃ 周囲(ぐるい)が痒(か)ゆか 吹出物(ふっでもん) [野間口鈴女]」
ゆにき・ゆにっか:言い難い 「あのあのち 貴方ち言難(ゆに)き 結婚(といえ)当初(はな) [上園佳笑]」「言難(ゆに)き事(こ)ちゃ 聞(き)こごちゃ無(な)かち 冷(つん)て奴(わろ) [小瀬一峻]」
ゆのがれ:言い逃れ
ゆべ:昨夜 「昨夜(ゆべ)吠えた 虎が夜明けにゃ ニャンち言(ゆ)っ [種子田 寛]」「ないか昨夜(ゆべ) 悪(わ)りこつしたか 優し亭主(とと) [小瀬一峻]」
ゆべし:柚子の皮の中に米粉、辛子、胡麻などを入れて蒸した菓子 「味(あっ)も良(え)が 匂(かざ)がまた良(よ)か 柚子(ゆべし)団子(だご) [森山厚香]」
ゆほで:言いたい放題 「言放題(ゆほで)言(ゆ)っ 翌日(あくひ)は女房(おか)て 土下座しっ [澤津乙名]」「旨(うん)め事(こ)つ 言放題(ゆほで)言(ゆ)たどん 落選(ひっちゃ)えっ [津留見一徹]」
ゆめし:夕飯・晩御飯 「共稼(ともかせ)っ 眠(ね)び子を起(お)けっ 遅(お)せ夕飯(ゆめし) [山田竜生]」「昼寝(ひんね)女房(かか) まだ目が覚(さ)めん 夕飯(ゆめし)時(どっ) [江平光坊]」
ゆやした:おっしゃいました 「娶(も)ろ時(と)きな 何(なん)ち言(ゆ)やした 浮気(うわっ)亭主(とと) [上薗佳笑]」
ゆよ:言い様 「物(もの)は言様(ゆよ)乳癌探(みし)け 言(ちゅ)ちゃ弄(もず)っ [津留見一徹]」「金(ぜん)どんち無(ね)てん良(よ)かよな涼(すず)し言様(ゆよ) [今釜三岳]」
ゆよ:言い合う
ゆらるい・ゆらるっ:揺られる 「霜目白(しもばなし) 小枝(こえ)で揺(ゆ)られっ 蜜(みっ)ば吸(す)っ [狩俣康俊]」
ゆり:緩い 「唐芋餅(ねったぼ)が 緩(ゆ)り総入歯(がんぶ)ゆば 引張(そび)っ出(で)っ [石田霜降]」「結(むす)っ目が 緩(ゆ)りかったたろ 離婚(わかれ)騒動(そど) [茶里]」
ゆるい・ゆるっ:揺れる 「年金が ぐらぐら揺(ゆ)れっ 迷(ま)よ老後 [津留見一徹]」
ゆるい・ゆるいばた:囲炉裏 「飯(め)しゅ食(く)とっ 囲炉裏(ゆるい)で昔(むか)しゅ 爺(じ)は語(かた)っ [入来義徳]」「厳(きび)し寒(かん) 爺(じ)から孫ずい 囲炉裏(ゆる)い寄(よ)っ [永井牛山]」
ゆるいと:ゆっくりと 「正月(しょがっ)どま ゆるいとせえち 言(ゆ)た居(お)らじ [西 幸子]」
ゆるか:緩い 「大(ふ)とか咳(せ)き 緩(ゆる)か総入歯(がんぶ)や ひっ飛出(つで)っ [樋之口墨矢]」
ゆるむい・ゆるむっ:緩める
ゆるん:緩む 「倹(つま)し繰(く)い してん孫いな 緩(ゆる)ん財布(ふぞ) [福原福多]」「孫(ま)げなれば 片頬(かたふ)が緩(ゆる)ん 頑固(いっこっ)爺(じ)」
ゆれさすい・ゆれさすっ:揺らす 「少子化が 名門校(めいもんこ)をば 揺(ゆ)れさせっ [樋口一風]」
ゆわけ:言い訳 「じゃろじゃろち 言訳(ゆわけ)を女房(かか)は 聞(き)っ流(な)げっ [新地十意]」「また夜中(よな)け 帰(もど)や言訳(ゆわけ)ん 上手(じょ)しゅ連立((ての)っ [原田菊男]」
ゆわすい・ゆわすっ:言わせる 「痩せ五体(ごて)を ヒーヒ言(ゆ)わすい 五合灸(ごんごえっ) [新地十意]」
ゆわん:言わない 「飲(の)んなとも 飲めとも言(ゆ)わん 倦怠期 [津留見酎児]」「好(す)っじゃっち 言(ゆ)わん間(こ)め逝(い)た 女房(かか)い後悔(くけ) [宮下珍竹]」
ゆん:弓 「女(おなご)とな 思(おも)えん強(つよ)か 弓(ゆん)ぬ引(ひ)っ [三條風雲児]」「菅おろし 昨日(きぬ)ん同志(どし)ずい 弓(ゆん)ぬ引(ひ)っ [有川南北]」

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top