鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・り・・・

力む:きばい
理屈:ぎ・りくっ 「人前(ひとまえ)じゃ言(ゆ)きらん議(ぎ)をば妻(か)け吼(ほ)えっ [樋口一風]」
利口・利巧:じく 「利口(じく)な奴(わろ) 大虎(うとら)を綺麗(みご)つ 褒(ほ)め殺(こ)れっ[茶恋児]」
利口者:たましきっ・てんがらもん
離婚:みとわかれ・わかれ 「新品に返(もど)せち女房(かか)ん 離婚(わかれ)騒動(そど)[稲田切株]」
利子:じし 「爺(じ)が残(の)けた箪笥預金な匂(かざ)が利子(じし)[宮下珍竹]」
立派:じっぱ
立腹した:はらけた 「大概(てげ)で良(え)ち 言(ゆ)たや立腹(はらけ)た 曲尺(ばんじょがね) [西迫順風]」
立腹したり:はらけたい 「婆(ば)ん介護 泣(ね)たい笑(わ)るたい 怒(はら)けたい [金井一馬]」
立腹して:はらけっ 「長(な)げ電話 鍋あ怒(はら)けっ 沸出(ふっだ)せっ [新開弓弦]」
立腹しても:はらけてん 「立腹(はら)けてん 半日(ひなか)も持(も)てん 喋繰(しゃべく)い婆(ば) [岩崎美知代]」
立腹する:はらかっ・はらくっ
理髪:りはっ 「眠(ね)せもせじ 直(たっち)き済(す)んだ 安(や)し理髪(りはっ) [工藤天然]」
理髪店・理容店:かんつんや・びんたつんや
理由:じゆ
琉球:じゅきゅ・りきゅ(じゅきゅがとえ:甘味が足りないこと) 「婆(ばば)ん団子(だご) 琉球(じゅきゅ)が遠(と)えどん 言(ちゅ)て配(くば)っ [酒匂えみ]」
両足:まんぼあし
両手:まんぼ・まんぼんて
両方:まんぼ 「両方(まんぼ)共(と)め 手なづけた言(ちゅ)っ 五十年 [佐伯山神]」
漁師:いおとい・ふなと 「浜育(はまそだ)っ 大声(うごえ)は地声 漁師(ふなと)女房(かか) [萬福平次]」
領収書:うけとい
料理:じゅい・ずい 「台所(おすえ)かあ 料理(じゅい)の地酒が 唄(う)と始(で)けっ [河野楽天]」
料理人:ずいにん
料理屋:じゅいや・ずいや
旅行:たっ・りょこ 「退職(やめ)てかあ 海外旅行(りょこ)ち 言(ゆ)たた夢 [中村雲海]」
悋気(りんき):じんき 「持(も)てもせん 背広を嗅(かず)ん 悋気(じんき)女房(かか)[津留見一徹]」
臨月:うんづっ 「臨月(うんづっ)の 娘(こ)と間違(まっ)ごそな メタボ女房(かか) [吉岡道場]」
臨月の腹:とつっばら・どんばら 「少子(しょうし)娑婆(しゃば) 十月(とつっ)腹(ばら)どま 風を切(き)っ [樋之口墨矢]」
臨時:じんじ

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top