鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・し・・・

慈雨:うれ・しめい 「干乾(ひから)びっ ひと慈雨(うれ)欲(ほ)しか 女房(かか)ん顔(つら) [入来院彦六]」
シーソー:ぎったんばっこ・ぎったんばったん
シイタケ・椎茸:なば・かぜなば 「長雨い 椎茸(なば)が生(お)ゆそな 兎小屋(うさっごや) [今隅くま五郎]」
し終える:しとい・しまゆい
塩辛い:しおからか・しおかれ
潮時:しおどっ 「潮時(しおどっ)ち免許を返上(もで)た喜寿ん爺(じい)[有馬慶成]」
潮時を:しおどく 「潮時(しおど)くば水臭(みっく)せ焼酎(しょちゅ)が教(いっ)かせっ[棈松睦酔]」
潮干狩り:けほい・しおひがい 「潮干狩(しおひが)い 亭主(とと)は貝(け)よっか 尻(しい)拝ん[今隅くま五郎]」
しおらしい:しとらし
萎れる:しおたるい・しおるい・しなぶるっ
しかし:じゃっどん 「退職(やむ)い肝(はら) じゃっどん手蔓(つて)が 邪魔(ま)じけなっ [大重爆笑]」
しかしながら:そいどん・ほいどん
仕方:しみっ
仕方がない:しおあね・しょあね
地下足袋:じったっ・じったび 「地下足袋(じったっ)で 外野(がいや)を守備(まも)い 草野球[津曲とっこ]」
叱った:がった 「子は平然(しれっ) 叱(が)った親父(おやっ)が 寝(ね)つかれじ [栫 路人]」
叱ってる:がっちょい・くるちょい 「殿様(とのさあ)を 家老(かろ)が叱(く)るちょい 舞台裏 [小森寿星]」
叱らない:がらん 「子の寝顔 もう叱(が)らんどち 後悔(くけ)をしっ [針持三毛猫]」
叱られても:がられてん 「叱(が)られてん 居(お)らんな寂(さび)し 煤(すし)け嬶(かか)」
叱られない:がられん 「ごっと起(お)き 飲(ぬ)でん叱(が)られん 今日(きゅ)は正月(しょがっ) [渡 純光]」
叱られる:がらるい・がらるっ・くるわれる 「八(や)っ当(あた)い 犬(いん)が叱(が)らるい 夫婦(みと)喧嘩(げんか) [中囿和風]」
叱り返す:がいもどす
叱り出す:がいでけっ 「午前様(ごぜんさあ) この頃(ご)ら飼犬(いん)も 叱(が)い出(で)けっ [宮田隆翔]」
叱り散らす:がいたくい・がいたくっ・がったくっ・くるたくっ 「泣虫(なけべ)すば 叱(が)いたくろそな 武者人形(むしゃにんぎょ) [三條風雲児]」
叱り飛ばす:がいとばす・がいとべっ
叱る:がい・がっ・がる・くる 「子(こ)を叱(が)いも 亭主(て)し咬(か)ん付(ち)っも 原因(もと)は金(ぜん) [垂野剣付鶏]」
叱れない:がやならん・がやならじ 「にくゎさっち 笑(わ)るた惚(とぼ)けを 叱(が)やならじ [稲田切株]」
叱れば:がれば 「叱(が)れば叱(が)い 真似で返報(へんぽ)ん 腕白坊(きかんたろ) [山元自在鉤]」
叱ろう:がろ 「呼(よ)っ付(つ)けっ 叱(が)ろち思(おも)たて 提(さ)げっ来(き)っ [松元清流]」
叱ろうが:がろが 「反抗期 叱(が)ろが宥(なだ)むが 背を向けっ [瀬戸口湯気]」
仕切り:しきい
仕切る:しきい・しきっ 「郷中(ごじゅ)ん寄合(よい)万年暦殿(まんにょんどん)が 座を仕切(しき)っ [西 萌]」
しきりに:やあれ・やんきも 「見合(みえ)写真 親あ遮二無二(やんきも) 娘(こ)い催促(せず)っ [伊地知 孝]」
敷いて:しけっ 「紙襁褓(かみしめ)す 敷(し)けっ下知(げち)すい 厳(いみ)し姑(しゅと) [菖蒲谷天道]」
敷かれるな:しかるんな 「わがじゃ敷(し)っ敷(し)かるんなよち長男(すよ)は叱(が)っ[種子田 寛]」
敷く:しっ・けしっ・ひっ 「結婚(といえ)当初(はな) 夕方(よのいもて)かあ 床(とこ)を敷(し)っ [深道好之]」
しくじる:しくじっ
時雨(しぐれ):さだち
時化(しけ)る:しくい
繁る:しげっ・ほこっ 「里戻(さともど)い 繁(ほこ)った草い 涙(なんだ)しっ [雄牛]」
仕事:しごっ 「爺(じ)の仕事(しごっ) 横座(よこ)ぜ蝿叩(へたた)きよ 握(にぎ)らせっ [上籠若菜]」
仕事着:たなし 「慌(せし)こ暮れ 仕事着(たなし)のままで 夕飯(いめ)す食(く)っ[今隅くま五郎]」
仕込まれる:しこまるっ・しこまれっ 「退職(やめ)てかい 女房(うっかた)好(ごの)み 仕込(しこ)まれっ [吉岡道場]」
仕込む:しこん・しくん 「頭脳(びんた)でな 食(たも)やならんで 手(て)い仕込(しく)ん [岩崎美知代]」
自在鉤:じぜかぎ・じぜかっ
四十九日:しじゅくんち 「四十九日(しじゅくんち) 泣(ね)たい笑(わ)るたい 爺(じ)を語(かた)っ [谷口雲城]」
辞書:じびっ 「生字引(いっじびっ) 役場(やっば)ん隅(すん)で 埃(ごん)くろっ [上鶴信義]」
地震:なえ 「地震(なえ)が来(き)っ 瘡蓋(つ)を取ったよな 急傾斜 [日置傳明琴]」
静かに:そろいと 「休肝日 夜中(よね)けそろいと 盗焼酎(ぬすとぞつ) [大西学老]」
静まる:さずん 「ひとまくい 吠(ほ)ゆれば鎮(さず)ん 横(よん)ご杵(ぎね) [畑山真竹]」
:しずっ
沈む:しずん
地蔵様:ぢぞさん・ぢぞさあ 「自動車(くいま)事故 角(かど)ん地蔵様(じぞさあ) 傷(きし)だらけ [西迫順風]」
し損なう:しそこぬい・しそこぬっ・しそこの
仕損じる:しそこの・しはずっ
:べろ 「総入歯(がんぶい)が 舌(べろ)でももじい 焼(や)っ鯣(すいめ)」
時代:じで
次第:しで 「後妻(にどめか)け年金(ねんきん)次第(しで)じゃ嫁(い)こち言(ゆ)っ[安藤孟宗竹]」
従う:したご
支度:したっ 「タンスずい 背負(かる)て行こそな 旅支度(たびじたっ) [小糸]」
私宅:あいたげ・おいげ・やど 「私宅(あたいげ)ん 横座あ女房(かか)ん 指定席(していせっ) [猪俣南照]」
下草刈り:したばい・したばれ
親しい:したしか・ちかし
親しく:ちかす・ちこ
地団駄を踏む:じだらふん 「給付金 大金(うぜん)で呉れち 地団駄踏(じだらふ)ん [野元尺八]」
支柱:つっぱい「どら息子 親ん支柱(つっぱ)い 凭(なんか)かっ [孝]」
確(しっか)り:はしと 「はしとした 爺様(じさん)も詐欺い きし嵌(うた)っ [米元年輪]」
湿気る:しくい
しつこい:ひっくで
質素にする:つますすい
知ったかぶり:しったかぶい・しっちょいかぶい・しっちょいまね
嫉妬:しょのん・じんき 「赤提灯(あかちょちん) 愚痴(ぐぜ)と嫉妬(しょのん)ぬ 毎晩(めばん)聞(き)っ [小瀬一峻]」
嫉妬深い人:しょのんごろ
失敗:しくじい 「一生の 失敗(しくじ)や貴男(おはん) じゃち吐(か)えっ [楠八重渓流]」
失礼しました:ごぶれさあぐゎした・ごぶれさあしもした
尻尾:しいぼ 「小(こ)め政党(せいと) 遠吠えしかて 尻尾(しいぼ)振(ふ)い [椛山十四郎]」
自転車:ふんころばかし
しとやかな:しおらしか
萎びる:しなびい・しなびっ
品物:しなむん・しなもん
死なす:けしますっ・けしませっ 「保険屋が 仮(かい)にち俺(お)ゆばけ 死(し)ませっ [池上黒ぢょか]」
死神:しんがん 「九十歳(くんず)じゃが 死神(しんが)む足で 蹴(け)い飛(と)べっ [今隅くま五郎]」
死にそうな:けしもそな・しのそな 「嫁(よめ)が先(さ)き 逝(い)たっ死(し)のそな 婆(ば)が残(のこ)っ」
死にそうな目に遭う:けしんめお
死に損なう:けしんそこの
死に水:しにみっ
死にはしない:けしません 「嗅(かず)でかあ け死(し)ませんめち 亭主(と)て食(くゎ)せっ [上池酔人]」
死に物狂いで:けしんめ
死ぬ:けしん・ごねい・ごねっ・しん 「け死ん事(こ)ちゃ 算用(さんにょ)い無(ね)とか ど吝嗇(けち)婆(ばば) [吉元三智]」
死ぬほど一生懸命:けしんかぎい
死ね:けしめ 「吸(す)な飲(の)んな 俺(お)いなけ死(し)めち 言(ゆ)とと同(が)い [塚田黒柱]」
死んだら:けしんだや 「け死(し)んだや 初(はっ)めっ乗(の)った キャデラック [小森寿星]」
支払う:しはる・はる
支払い:しはれ
暫く:いっとっ 「孫が来(き)っ 可愛(む)ぜた暫時(いっとっ) 後(あと)は叱(が)っ [俊郎]」
暫くは:いっとか
暫くして後:さんごじゅうご
縛る:からぐい・きびい・きびっ・しばい・しばっ
字引き:じびっ 「生字引(いっじびっ) 役場(やっば)ん隅(すん)で 埃(ごん)くろっ [上鶴信義]」
渋い:しび・しぶか
渋柿:しっがっ
渋る:しぶい
自分:わが 「泣虫(なけべし)ち 子をば叱(が)いうち 自分(わが)も泣(ね)っ [西ノ原一句]」
自分自身:わがまえ
自分たち:うんどたっ・わがたっ
自分の家:わがえ
し放題:しほで・すごちゃいごっ・やいほで
絞る:しぼい・しぼっ
姉妹:しめ・おなごきょで 「肥満(だんべ)女房(かか) 谷間んぶんな 叶姉妹(しめ)[平田智子]」
仕舞い風呂:しめぶろ 「終(しめ)風呂(ぶろ)あ首(くっ)ずい浸(ち)けりゃ腹(はら)が出(で)っ [東 竜王]」
仕舞う:なえっ 「衣替え タンスん肥(こえ)も 又納(な)えっ [飯福小手毬]」
しまった!:あいや・いしたはら・・こらしたん・しもた・ちょっしもた 「負け箸戦(なんこ) しもたち直(いっ)き 盃(ちょ)く握(にぎ)っ [林 夢太郎]」
染みる:しみい・しみっしん
染み込む:しんくん・しんこん
染み渡る:しんわたっ
注連縄(しめなわ):いぎれ・しめかざい 「狭(せ)め間口(まぐっ) 半分(なから)でけ済(す)だ 注連縄(いぎれ)張(は)い [大重爆笑]」
湿(しめ)る:しとい・しとっ 「道(み)ちけ寝(ね)っ 服(ふっ)も湿(しと)った 千鳥足 [ゆめ路]」
湿り気:しとい 「爺(じ)の予報 褌(へこ)ん湿(しと)いで 雨ち言(ゆ)っ [多田一行]」
地面:じだ 「生魂(いっだま)し 入(い)っ時(と)か土地(じだ)も 人(ひ)て渡(わた)っ[臥牛]」
霜柱:しもばした
ジャガイモ・馬鈴薯:じゃがたら
しゃがむ:かごん・しゃがん・しゃごん 「蹲(しゃご)んせえ 爪切(つめき)い慌(せし)こ メタボ腹 [野間口鈴女]」
:しゃっ 「女房(か)け内緒 マダムん酌(しゃっ)の 休肝日 [前田セツ]」
:しゃっ
尺八:しゃくはっ 「尺八(しゃくは)つば 首(く)ぶ振(ふ)い回(ま)えっ 上手(じょっ)かぶっ [水谷 勝]」
杓子:しゃくひ 「貝杓子(けしゃくひ)で 穿(くじ)っやろそな 勝手耳(かってみん) [有川八味]」
謝罪:ことわい 「謝罪(ことわい)も 言訳(いわけ)も効(き)かん 腹(は)れなけっ [吉岡道場]」
借金:しゃっせん・ぜんかい 「借金(しゃっせん)で セレブ気分の ハネムーン [樋口一風]」
遮二無二:やんきも 「見合(みえ)写真 親あ遮二無二(やんきも) 娘(こ)い催促(せず)っ [伊地知 孝]」
しゃぶる:すわぶい・すわぶっ
喋る:しゃべくい
喋り:しゃべい・しゃべくい 「そいならち木戸(き)で出てからが長(な)げ喋(しゃべ)い[佐伯山神]」
喋り散らす:かたいちらかす
邪魔:まぜ
邪魔になる:じゃめない・まじまい・まぜない 「こあ堪(の)さん 褌(へこ)も邪魔(ま)じない 凄(わ)ぜ蒸暑(ほめ)っ [塚田黒柱]」
三味線:さんせん・しゃんせん 「米寿祝(とかっゆえ) 太鼓三味線(てこしゃんせん)で 歌も出(で)っ [西ノ園ひらり]」
杓文字:めしげ・もどし 「テニス好(ず)っ 台所(おすえ)で杓文字(めしげ) 振(ふ)い回(ま)えっ [仮屋一発]」
集会:よい・よいかた 「集会(よい)の座(ざ)を 大概(てげ)で終(す)ませち 焼酎(そつ)ん匂(かざ) [西郷つぼね]」
収穫:しおとし・といあげ・といやげ 「収穫(といあげ)い 邪魔(ま)じない加勢(かせ)を 木戸で待(ま)っ [米玉利乘康]」
収穫期:しおとしどき・でけあき・でけあっ 「収穫期(でけあ)きな 食(く)かたん加勢(かせ)が 凄(わ)ぜ増(ふえ)っ [西 萌]」
収穫量:といめ
住居:すめ
集金:つなっ 「寄付集(つな)ぐ 難(むっか)し顔(つら)で 吝嗇(けち)が待っ [上山天洲]」
秀才:でけもん
終日:いっちにっ・ひしてじゅ・ひのひして 「一日中(ひのひして) 笑(わ)るこっも無(な)か 老夫婦(おんじょみと) [おんじょどい]」
習熟:てなれ
修繕・修理:こそくい・ふせ 「修繕(こそくい)で 倹(つま)す暮(く)れちょい 貧乏(びんぶ)所帯(じょて) [堂脇 進]」
修繕する:こそくっ・ふせる・ふたっ 「釘(くっ)よっか 口(くっ)で繕(こそく)っ 呆(ぼ)え大工(だいく) [樋口一風]」
十年:じゅねん 「まだまだち 十年(じゅねん)日記を 爺(じ)は準備(しこ)っ [大和 渚]」
充分に:おてちき・おてつき 「メールでな おてつき語(かた)っ 無口者(うんだまい) [入来院彦六]」
周辺:ぐるい 「夫婦(みと)喧嘩周囲(ぐる)や楽(たの)しゅみ耳(み)む立(た)てっ [仮屋一発]」
自由奔放に生きる人:ほっぽむん・ほっぽもん 「道楽者(ほっぽもん) 所帯(しょて)を持(も)ったや 伝書鳩 [山口ヤンマ]」
終夜:よして・よどし・よのひして・よのよして 「終夜(よして)書(け)っ 覚えた挨拶(えさ)ちゃ 喉(の)で詰(つ)まっ [仮屋一発]」
集落:ぶらっ
酒宴:しょつのんかた・まついかた
祝宴:ゆえ 「出立祝(でたっゆえ) 難儀(みご)え仕事(しごっ)も 励(はま)れ言(ちゅ)っ [那加野黎子]」
熟す:うるい・うるっ
宿命:かるたご 「背負かるた業(ご)ち 今夜も亭主(とと)は 洗(あ)れやっめ [塚田黒柱]」
酒豪:さけのんごろ・しょつのんごろ・いっとがめ 「一斗甕(いっとがめ) 最初(はっぽ)あ故意(わざ)き 猪口(ちょ)く伏(ふ)せっ [塚田黒柱]」
手術:きいよじょ 「手術入院(きいよじょ)ん 女房(かか)いベッドを 準備(しこ)て待(ま)っ [太田土管]」
殊勝な:きどっな・きどんな
殊勝に:きどき
主人:うちんし・だんなさあ・とと 「前掛(まえあ)てん 主人(とと)が見送(みおく)い パート女房(かか) [平瀬芙蓉]」
出発:うったっ・でたっ 「角隠(つのかく)し 感謝と涙(なんだ) 娘(こ)の出発(でたっ) [有馬湧声]」
出発に:うったち 「韮(にら)ん葉ち 孫ん出発(うった)ち 握(にぎ)らせっ [花園ちづ]」
出発する:うったっ
出費:いいめ・だしめ 「多(う)け出費(だし)め 寝言(ねご)ちも金(ぜん)ち 可哀相(ぐら)し親父(ちゃん) [福原福多]」
襦袢:じばん 「肥満(だんべ)嬶(かか) 襦袢(じばん)ぬ脱(に)だや 腹三つ [冗男]」
首尾:しゅっ・び 「首相(しゅそ)ん首(くっ) 何度(はいと)交換(か)えてん 首尾(び)あとれじ [西 幸子]」
主婦の席:うっざ・ちゃのんざ
潤沢:じんたっ 「潤沢(じんたっ)な 暮らしが原因(もと)で 早(は)よ逝(い)たっ [堂脇輝男]」
準備する:しこ・しこっ 「まだまだち十年(じゅねん)日記を爺(じ)は準備(しこ)っ[大和 渚]
消化する:こなす
正月:しょがっ 「孫ん方(ほ)が 金(ぜん)ぬ持(も)っちょい 正月(しょがっ)明け [有川南北]」
小休憩・小休止:こたばこ 「小休止(こたばこ)い 帽子(ぼし)の団扇(うっば)で 息(い)く入(い)れっ [塚田黒柱]」
漏斗:じょご
上戸:じょご 「まだ早(は)えち 万歳(ばんざ)ゆさせん 上戸(じょご)ん課長(かちょ)[西ノ園ひらり]」
障子:しょし 「逆箒(さかぼ)くば 握(にぎ)った影が 障子(しょ)じ映(うつ)っ[植村聴診器]」
正直:しょちっ
正直に:しょじき・しょちき 「彼岸花 誰(だい)よか正直(しょち)き 秋(あ)く告(つ)げっ [有川南北]」
正直者:しょちっもん 「渋滞の真(ま)っ先(さ)く走(はし)い正直者(しょちっもん)[小森寿星]」
少々:ちっとそっと・ちっと 「良(よ)か育(そだ)っ 少(ちっ)とん騒動(そど)で 登校拒否(とうこきょひ) [田之上 毬]」
上手:じょし・ぞし・てうえ 「無(な)か品(しな)は全部(ずるっ)じゃったち商売(あっね)上手(じょし)[佐伯山神]」
上手に:じょじ 「夫婦喧嘩(みとげんか) 長生(ながい)くすれば 上手(じょ)じけなっ [牛留美峰]」
饒舌家:ぎたれ・ぎしゃはっ 「饒舌家(ぎしゃはっ)の 血筋(すっ)じゃ今日(きゅ)も大(ふ)と 法螺(ぎら)を吹(ひ)っ [仮屋崎 毅]」
消息:そ 「レポータん 後(うし)とでピース 消息(そ)の無(な)か子 [おんじょどい]」
冗談:わやく・わやっ・はらぐれ 「五人目(ごにんめ)は 冗談(わや)く言(ゆ)ながら 産(う)ん落(お)てっ [上薗佳笑]」
焼酎:しょちゅ・しょつ・そちゅ・そつ 「旅支度(たびじた)き亭主(とと)あ焼酎(しょちゅ)かあ先(さ)き準備(しこ)っ[倉元天鶴]」
焼酎好き・酒好き:しょちゅのんごろ・しょつくれ
上棟祝い:けんぜゆえ・むあげゆえ 「大人(おせ)も子供(こ)も 硬貨(どろ)拾(ひ)れ騒動(そど)ん 上棟祝(けんぜゆえ) [池畑鉄亀]」
少人数:こにし
性根:いっだまし・しょね 「生魂(いっだま)し 入(い)っ時(と)か土地(じだ)も 人(ひ)て渡っ [臥牛]」
少年:こにせ・ちんこ・へこにせ
勝負:しょっ・しょぶ 「頑固(いっこっ)と 良(よ)か勝負(しょ)ぶしちょい 勝手耳(かってみん) [西 幸子]」
丈夫:じょっ・じょぶ 「ほとくろは 蒸暑(ほめ)っが肥料(こやし) 丈夫(じょ)び繁茂(ほこ)っ [呆太]」
小便:しべん・しょべん 「あと五分(ごふん)小便(しべん)も我慢(きば)い今朝(けさ)ん寒(かん)[東 竜王]」
小便垂れ:しべんたれ・しべんしっかぶい・しっかぶい
小便を漏らす:しっかぶっ・ひっかぶっ 「幼児(ちび)ん奴(わろ)又しっかぶっ 平然(しれ)ったん [堂園楽志]」
醤油:しょい・そい 「味噌と醤油(しょ)や 何処(ど)けあっとかち 女房(か)けメール[大重爆笑]」
将来:さっ・さっざっ・やがっ 「子(こ)ん将来(さっ)が 大体(てげてげ)見(み)えっ 犬(いん)自慢(じまん)[平田智子]」
少量:ちっと
精霊:しょろ 「精霊様(しょろさあ)と 半分こしっ 美味(う)めビール[満留ぐみ]」
食器洗い:あれやっめ・あれやんめ 「時々(まねけん)な 女房(かか)いも頼(たの)ん 洗(あ)れやっめ [大重爆笑]」
食切れ:えぎれ
食事1回分:ひとかた・き・ひとかたっ 「倹(つま)し女房(かか) 鰻のタレで 一食(ひとかたっ) [西ノ園ひらり]」
食事2回分:ふたかたき・ふたかたっ
食事3回分:みかたき・みかたっ 「血圧(けつあっ)が 高(た)けち三食(みかたっ) 野菜(やせ)ん料理(じゅい) [深道好之]」
食事代:くちん
食事時:めしどっ
食料:くしろ
女児:おなごんこ
処世:よわたい
所帯:しょて 「デート代(だ)い 困(こま)っごろいと 所帯(しょて)を持っ[有川八味]」
所帯道具:しょてどっ
所帯柱:しょてばした
白髪:したが・したげ 「茶髪(ちゃぱ)つ叱(が)っわがあ白髪(したが)を黒(く)ろ染(そ)めっ[田中五郎太]」
白髪頭:したがびんた
素面(しらふ):すめん
シラミ・虱:したみ・しため・したん 「虱(したみ)共(ど)が サーカス為(す)そな 乱髪(やんかぶい) [永田酒楽]」
知らず:したじ 「選挙びら 落選(ちゃ)れたも知(し)たじ 笑(わ)るた儘(ない) [山田竜生]」
知らせる:しらすい
知らない:したん・しらん 「指輪(いっがね)ん サイズも知(し)たん 可哀相(ぐら)し女房(かか) [松元清流]」
知らぬ振り:したんふ「知(し)たん態(ふ)で 親と行(い)っ過(す)い 十八(じゅはっ)青年(にせ) [岩崎美知代]」
知らん顔:したんつら・しれったん 「翌(あ)く日(ひ)いな 寝間(ねま)ん約束(やっじょ)は 知(し)たん顔(つら) [小森寿星]」
知り合い:しいえ
知り合う:しいお・しいよ
知りません:しいはん
知る:しい・しっ 「農業(さ)く止(や)めっ 米は買(こ)た方(ほ)が 安(や)しち知(し)っ [佐伯山神]」
知れず:しれじ 「ミニ流行(ばや)い どこずい見(み)すっ とか知(し)れじ」
知れる:しるい・しれっ 「下(しも)ネタで 勝負(しょ)ぶすい芸の 将来(さ)か知(し)れっ [永徳天真]」
知れない:しれじ・しれん 「ミニ流行(ばや)い どこずい見(み)すっ とか知(し)れじ」
:けっ・しい 「ファッションショ顔胸尻(かおむねしい)ち目(め)が走(はし)っ[樋之口墨矢]」
退く:すだい・すだっ 「メタボ女房(か)け 猿(よも)も後退(すだ)った 露天風呂[安藤あざみ]」
:したじ・しゅい 「鍋ん料理(じゅい) 親が食(く)時(とき)な 野菜(やせ)と汁(しゅい) [田代勝泉]」
白い:しれ・しろか 「白か肌(は)で 月も嬉(うれ)しか 露天風呂 [牟田島世音]」
白く:しろ
素人:かがい
素人大工:かがいでっ
師走:しわし 「月(つ)く仰向(おね)っ 音信(そ)の無(ね)息子を 想(お)も師走(しわし) [山田竜生]」
親戚・親類:しんじ 「多(う)け親類(しんじ) 目刺(がらんつ)んごっ 鯉幟(こ)ゆ繋(つ)ね[岩崎美知代]」
親族会議:しんじよい
親切である:ここしか・こやらしか
親切にする:てねんすい・てねんすっ
心臓:きも
身体:ごて 「欲(よ)か言(ゆ)うめ 健(さか)しか身体(ごて)と 女房(かか)が居(お)っ [諸木小春]」
診断:みたて
新築祝い:えたてゆえ・けんぜゆえ 「喫煙者(たばこの)ま 庭ん筵座(むしとざ) 新築祝(けんぜゆえ) [神薗善多]」
新築の家:しんたっえ 「狭(せ)べ土地(じだ)い ぎっちぎっちん 新築家(しんたっえ) [永徳天真]」
進呈する:さっしゃぐい・さっしゃぐっ
心配:きがかい・せわ 「安(や)し卵(たまご)引合(ひっ)きょどかいちいらん心配(せわ)[岩崎司留]」
心配する:せわやっ・せわをやっ・せわをえっ 「医者ん咳(せ)き 診(み)て貰(も)ろかたも 心配(せわ)を焼(え)っ [満留ぐみ]」
心配な:せわな 「見(み)ちょい方(ほ)が 心配(せわ)な左利(ぎっちょ)ん 包丁(ほちょ)捌(さば)っ [有村土栗]」
辛抱:しんぼ
辛抱する:きばっ 「妹(いもっ)達(た)ちゃ 下(さ)がいの服(ふっ)で 辛抱(きば)らせっ [二見愚楽満]」
新米:しんめ 「五時(ご)じなれば新米(しんめ)あつうつひん帰(もど)っ[上籠若菜]」
親友:いっのどし

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top