鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・さ・・・

細工:せっ 「良(よ)か細工(せっ)が 人気で仕事(しご)つ 呼(よ)っ寄(よ)せっ [山田竜生]」
最後:うっどめ・げっ 「名門ぬ 最下位(げっ)で卒業(で)た奴(と)が 鼻(は)ねかけっ [蔵ノ下夢石]」
最後尾:げっ・どべ 「最後尾(どべ)ん客(きゃ)き遅れたツアん目が尖(とが)っ[上山天洲]」
最初:いっばんさっ・はっぽ 「一斗甕(いっとがめ) 最初(はっぽ)あ故意(わざ)き 猪口(ちょ)く伏(ふ)せっ [塚田黒柱]」
賽銭:さんせん
催促する:せずっ・せじっ 「早(は)よ産(う)めち孫(ま)げ催促(せず)かれた脂腹(あぶらばら)[上籠若菜]」
再度:もいっど・まいっど
財布:ぜんいれ・ふぞ 「夢(ゆめ)を買(こ)か おかずを買(こ)おか 迷(ま)よた財布(ふぞ) [弓場正己]」
在来の土地の人:じごろ 「正論も 地五郎(じごろ)な勝(か)てん 郷中(ごじゅ)ん集(よ)い [田代勝泉]」
逆上がり:しいあがい
逆さま:さかしんめ 「逆(さか)しんめ桜島(しま)を股座(またぐ)れ貝(け)を漁(あさ)っ[仮屋一発]」
逆さ箒:さかぼっ 「逆箒(さかぼ)くば 握(にぎ)った影が 障子(しょ)じ映(うつ)っ[植村聴診器]」
:さけ 「見事(みご)て禿 帽子(ぼし)で決まった 顔(つら)ん境(さけ)[山下矢絣]」
探す:みしくい・みしくっ・さげっ 「可哀相(むい)ねこっ 逝(い)た婆(ば)を始終(はいと) 爺(じ)あ探(さ)げっ [下栗志乃]」
探し:みしけ 「婿(むこ)探(みし)け 炊事(まかね)が好(す)っか 探(さぐ)い娘(おご) [津留見一徹]」
探し出す:みしけだす・みしけでっ 「笑(わ)れ声(ごえ)で 遊(あ)すじょい女房(かか)を 見(み)しけ出(で)っ [枦山一球]」
探しに:みしけけ 「郷句(く)のネタを 探(みし)けけ 晩な縄暖簾 [澤津乙名]」
:ちょく・ちょっ「飲ませ上手(じょし) 若(わ)け人(て)も兄(あにょ)ち 盃(ちょ)く渡(わ)てっ [田代勝泉]」
:いお・ゆお 「魚(いお)ん方(ほ)が 錆食(さっく)れ出刃(でば)い け驚(たま)がっ [有川八味]」
魚売り:いおうい
魚釣り:いおつい
下がる:さがい・さがっ 「プロ野球 メジャん二軍(にぐん)に ない下(さ)がっ [小瀬一峻]」
下がり:さがい 「妹(いもっ)達(た)ちゃ 下(さ)がいの服(ふっ)で 辛抱(きば)らせっ [二見愚楽満]」
下げる:さぐい・さぐっ・さげっ 「娘(おご)ん肌(は)で 上(あ)げた血圧(けつあ)つ 婆(ば)が下(さ)げっ [水谷 勝]」
:さっ 「道順(みっじゅん)な 団扇(うっば)ん先(さっ)で 教(ゆっか)せっ [小倉牛哲]」
先々:さっざっ 「先々(さっざ)きな 子が難儀すっ 名を付(つ)けっ [有馬純秋]」
先に:さき 「いざ言(ちゅ)とか 女房(おかた)ん肚(はら)が 先(さ)き座(すわ)っ [細山田妙子]」
先走り:さっばしい
先払い:さっばれ
先ほど:いんまさっ・せんに
先回り:さっまわい 「撒(め)た思(と)もた 酔漢(とら)が二次会(にじか)い 先回(さっまわ)い [永田酒楽]」
先を:さく 「相当(じょじょ)ん先(さ)く 曲(きょ)か走(はし)っちょい 爺(じ)の演歌 [吉岡道場]」
作業着:こだなし・たなし 「ボランティア 仕事着(こだな)しゃ汗で 地図を描(け)っ [津留群志]」
咲く:さっ・せっ 「茶喰(ちゃく)れ姥(ばば) 悪口(あっご)ん語(かた)い 華(はな)が咲(せ)っ [茶恋児]」
昨日:きぬ 「株価(かぶか)高(だか) 昨日(きぬ)泣(ね)た奴(わろ)が 反(そ)い返(かえ)っ [今釜三岳]」
昨晩・昨夜:きぬんばん・ゆべ・よんべ 「昨夜(ゆべ)吠(ほ)えた 虎が夜明(よあ)けにゃ ニャンち言(ゆ)っ [種子田 寛]」
作物:さくむん・さっ
:さぐら・はな 「散(ち)い桜(はな)を ビールん泡が 優(やさ)す抱(で)っ [多田一行]」
桜島大根:さくらじまでこん
桜島みかん:こみかん・しまみかん
探り:さぐい 「ざまな兄弟(きょで) 親ん介護で 肚探(はらさぐ)い [今釜三岳]」
探り合う:さぐいお・さぐいよっ 「娶(も)れ相談(そだん) 両家(まんぼ)で血筋(ちす)ず 探(さぐ)い合(よ)っ[金井一馬]」
探り出す:さぐいでっ 「乳癌ぬ 亭主(とのじょ)ん指(ゆっ)が 探(さぐ)い出(で)っ [馬場日登巳]」
探る:さぐい・さぐっ 「婿(むこ)探(みし)け 炊事(まかね)が好(す)っか 探(さぐ)い娘(おご) [津留見一徹]」
酒の肴:しおけ 「夫婦(みと)喧嘩(げんか) 晩の肴(しおけ)で 敵(かた)く討(う)っ「日高山伏」」
叫ぶ:おらっ・おらぶ・おろっ 「手探(てさぐ)いで 妻(かか)ち思(おも)たや 子が叫(おら)っ [楠八重渓流]」
叫び出す:おらっだす・おらっでっ 「休肝日 叫(おら)っ出(だ)そそな 長(なが)か晩[永田酒楽]」
避ける:さくい・さくっ・よくい・よくっ 「外股(そとがん)の 女房(かか)が歩(さ)るけば 避(よ)くい犬(いん) [上籠若菜]」
裂ける:さくい・ひっさくい
座敷:ざしっ・ざなか 「ブラジャーの パットあ座敷(ざな)け 別(べ)ち干(ほ)せっ[前田一天]」
指図:げち・げっ 「お客様(きゃっさ)ん 前で恥(げん)なか 妻(かか)ん下知(げっ) [瀬戸口抱洋]」
指図する:げちすい・げつすい 「紙(かん)襁褓(しめ)す 敷(す)けっ下知(げち)すい 厳(いみ)し姑(しゅと) [菖蒲谷天道]」
差し上げる:あぐい・あぐっ・さっしゃぐい・さっしゃぐっ
差し支え:つかえ・つけ・さわい 「産(さん)の見舞(みめ) パパ似(に)ち言(ゆ)えば 支障(さわ)や無(の)し[江口紫朗]」
差し支える:さわい・さわっ・つかゆい・つかゆっ
差し支えない:つかやなか・つかやね・つけあね・さわやね 「休暇(きゅうか)願(ね)げ いっちょん差支(つか)や 無(ね)ち吐(か)えっ [小森寿星]」
差し引く:さしひっ・さっぴっ
刺身:さしん・しゃしん 「キッナゴを 刺身(さしん)に頼(たの)ん 女房(かか)ん度胸(どきょ) [亀甲万年]」
摩る:さすい・さすっ
左遷する:とばす 「考(かん)げなし 社長(しゃちょ)いロン言(ちゅ)っ 左遷(とば)されっ [おんじょどい]」
札(さつ):さっ
さっさと:ごんご・ずうず・たっちんこめ 「お年玉(としだま)貰(も)ろたやずうずきし帰(もど)っ[江平光坊]」
早速:さしつけ 「さしつけち 言(ゆ)たがごろいと 待(ま)っつけじ[田原大黒]」
雑談:うぜけんばなし
さっと・直ぐに:へっち 「俺(お)い貸(か)さじ 女房(かか)が行(い)たなあ 直(へっ)ち貸(け)っ [山田竜生]」
ざっと:ざっ
雑に:あらつら 「有(あ)い物(もん)で あらつら料理(じゅ)った 女房(かか)ん留守(ずし) [永徳天真]」
さっぱり:さっぱい 「振られ青年(にせ) さっぱいしたち 負け惜(おし)ん [上山天洲]」
さつま揚げ:つけあげ・つっきゃげ・ちけあげ
さつま芋:からいも・かいも 「唐芋語(かいもご)を 都電で聞(き)たや 仲間(なか)めなっ [新地十意]」
砂糖:さと 「砂糖(さと)焼酎(じょちゅ)で 婆(ば)と金婚ぬ ちんと祝(ゆ)え [鈴木一泉]」
サトウキビ・砂糖黍:さときっ
座頭:ざっつ・ざっつどん
里親:やしねおや
里帰り:さともどい 「ちょっとした泥棒(ぬすっ)て遭(お)たよな里帰(さともど)い[津留見酎児]」
里子:やしねご
さながら:じき 「恰(じ)き津波(つな)み 遭(お)たよな寝相(ねぞ)ん 熱帯夜 [津留見一徹]」
捌く:さばっ
捌き:さばっ 「見(み)ちょい方(ほ)が 心配(せわ)な左利(ぎっちょ)ん 包丁(ほちょ)捌(さば)っ [有村土栗]」
:さしくれ・さっ・さっくれ 「不況風(ふきょうか)ぜ 大工(でっ)の道具(しょどっ)も 錆(さっ)が付(ち)っ [平瀬芙蓉]」
錆びる:さっがくい・さしくろ・さっくろ
錆びついた:さしくれ 「俄(にわか)床屋(どこ) 錆(さっ)くれ鋏(はさ)み 子が悲鳴(おめ)っ [有川南北]」
寂しい:さびし・さびしか・とぜんね・とじんなか 「寂(とぜん)ねち 追出(うで)た女房(おか)てな 言(ゆ)わならじ [日高山伏]」
差別なく:しんそんぬ・しんそんの 「遺産分け 損得(しんそん)な無(ね)ち 印鑑(はん)ぬ捺(ち)っ
さほど:ことろしゅ・ことろす 「長生(ながい)くば 家族(けね)あことろしゅ 喜(よろ)こばじ [小森寿星]」
さぼる:さぼい・さぼっ
寒い:さみ・さむか・さんか 「寒(さ)み言(ちゅ)亭主(と)て動(いご)けち箒(ほ)くばあてご女房(かか)[猪八重一子]」
寒いのに:さんけ 「こん寒(さん)け 見(み)い方(ほ)も堪(のさ)ん ミニん娘(おご) [江口紫朗]」
寒く:さむ
寒気:さんけ
覚める:さむっ・けさむい・さめっ 「ヨン様と ハワイ着(ち)た時(と)きゃ 目が覚めっ [香子]」
覚めて:さめっ 「叶(かの)た願(ね)げ 夢から覚(さ)めっ 横(よ)けな婆(ばば) [かぼす]」
冷める:さむい・さむっ・けさむい・さめっ 「考(かん)げん無(ね) 一言(ひとこ)ち恋も ひっ冷(さ)めっ [狩俣康俊]」
:さい・よも・よもさい 「素性(すじょ)が良(え)ち 威張(いば)いが昔(むか)しゃ ずるっ猿(よも) [塚田黒柱]」
猿股:さいまた 「迷(まぐ)れ霜(じも) 褌(へこ)も猿股(さいま)て 替(か)えさせっ[鈴木一泉]」
:しょけ 「機嫌(ごっ)取(と)いの 笊(しょけ)かあ逃(に)ぐい マニフェスト [西 幸子]」
戯言(ざれごと):とばごっ 「戯言(とばごっ)も 石頭(いしびんた)いな 跳ね返(かえ)っ [江口紫朗]」
騒ぎ:そど 「新品に返(もど)せち女房(かか)ん 離婚(わかれ)騒動(そど)[稲田切株]」
騒ぐ:そどをすい・そどをすっ 「暇(ひま)な衆(し)が愛(あい)の恋(こい)のち騒動(そど)をしっ[平中小紅]」
触る:かかる・かかっ 「店ん服(ふ)く 少(ちっ)と触(かか)れば 買(こ)わされっ [国生千鳥]」
触らせない:かからせん 「触(かか)らせん 筈(はっ)じゃ彼女ん 乳房(ちち)は偽物(まげ) [郷田悠々]」
触らせる:かからすい・かからすっ 「触(かか)らせん 筈(はっ)じゃ彼女ん 乳房(ちち)は偽物(まげ) [郷田悠々]」
触れば:かかれば 「店ん服(ふ)く 少(ちっ)と触(かか)れば 買(こ)わされっ [国生千鳥]」
産気:うんいき・うんいっ
参詣:ものめい 「年(と)しゅ食(く)たや 仕事(しご)ちゃ参詣(ものめ)い 切(き)い替(か)えっ [畑山真竹]」
三歳児:みっっご 「三歳児(みっつご)い 煽(おだ)てられちょい 可愛(むぜ)爺様(じさま) [西ノ園ひらり]」
山頂:やまんちょっぺん・やまんてっぺん
散髪:びんたつん・さんぱっ 「散髪(びんたつん) 気分が良(ゆ)なっ つん眠(ねぶ)っ [新地十意]」
散髪する:びんたをつん

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top