鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・そ・・・

粗悪な:おろいか・おろえ
そいつ:そんわろ
添う:そ 「七五三 子い添(そ)だ連(つ)れが 賑(にっぎゃ)こし [島田秀鼓]」
添い寝:せね 「添寝(せね)ん女房(かか) 鼾(いびっ)で孫を 目覚(おず)ませっ [松永 直]」
添い遂げる:そいとげっ 「厳(いみ)し亭主(と)て ごろいと一生(いっで) 添(そ)いとげっ [山田竜生]」
添え書き:そえがっ
添え書きを:そえがく 「頑固(いっこっ)ち 添え書(が)くしちゃい 爺(じ)んカルテ [大重爆笑]」
添えて:そえっ 「ほんのいと 色気も添えっ 年(と)すば取っ [小城るい女]」
添える:そゆい・そゆっ 「臨月腹(とつっばら) 挨拶(えさ)ち下腹(したば)れ 手を添(そ)えっ [津留見酎児]」」
添えず:そえじ 「露天風呂 転婆(いなば)あ手じゃい 添(そ)えじ出(で)っ [金井一馬]」
添え物:うったつけ
そういえば:まってか
総入歯:がんぶい 「厳(いみ)し婆(ば)も総入歯(がんぶ)ゆ除(と)れば可愛(む)ぞ見(み)えっ [山路野菊]」
雑巾:ざふき・ざふっ 「倹(つま)しごろ雑巾(ざふ)きなろそな褌(へこ)をしっ [速男]」
雑炊:ずし 「鶏(と)ゆつびっ 雑炊(ずし)が待(ま)っちょい 寄正月(よいしょがっ) [横手五月]」
掃除:そっ 「気付(きぢ)たとが 相当(じょじょ)ん遅(お)せどん トイレ掃除(そっ) [石塚律子]」
葬式:おくい・おんぼ 「絶(た)えた縁(えん) 親ん葬式(おんぼ)で 道(み)ちょ開(あ)けっ [宮田隆翔]」
騒々しい:きっせからし
早々に:さしつけ 「運悪(ふわ)り束子(そら) さしつけ便所(まな)け 使(つ)こわれっ [中村雲海]」
そうだ:じゃっ・じゃらい
そうだが:じゃっどん・そいじゃが・そいじゃっどん 「退職(やむ)い肝(はら) じゃっどん手蔓(つて)が 邪魔(ま)じけなっ [大重爆笑]」
そうだそうだ:じゃがじゃが・じゃどこいじゃね・そいじゃそいじゃ
そうだろう:じゃろ 「じゃろじゃろち 父親(ちゃん)の名が出(で)い 悪戯坊(われこっぼ) [岩崎美知代]」
そうだろうか:じゃろかい
相談:そだん 「昨日(きぬ)来(く)れば有(あ)ったち逃げた借(か)い相談(そだん)
相当な:じょじょな・ぞぞな
相当に:じょじょん・いかげん・おてちき 「相当(じょじょ)ん先(さ)く 曲(きょ)か走(はし)っちょい 爺(じ)の演歌[吉岡道場]」
相当量:よかしこ
早朝:あさっぱら・あさはよ
騒動:そど 「新品に返(もど)せち女房(かか)ん 離婚(わかれ)騒動(そど)[稲田切株]」
そうめん・素麺:そめん 「褌(へこ)一枚(いっちゃ) 裸が啜(すす)い 冷(ひ)や素麺(そめん) [有馬凡骨]」
草履:じょい・ぞい
僧侶:ぼいどん・ぼいさあ・ぼし 「忙(せわ)し盆 僧侶(ぼし)も説教(せっきょ)を 間引(まび)くしっ [伊地知 孝]」
続々:ずうず・ぞうぞ
そこから:そっかい
そこに:そけ 「歯痒(はが)い亭主(とと) そけ有(あ)い物(もん)ぬ やれち言(ゆ)っ [満石うらら]」
そこらあたり:そこあたい 「老(お)いらっの 恋(こ)やそこあたい 落(お)てちょらじ [小城るい女]」
粗雑:ざっ
粗雑な:ずっさらし
注いだ:ちだ 「効(き)っち注(ち)だ どどくれ蝮(まむ)し 怖(びび)い猪口(ちょっ) [津留見一徹]」
注ぐ:ちっ・つっ 「庭上(にわあ)がい 手伝(こど)いの女房(かか)い 一杯(いっぺ)注(ち)っ [花園ちづ]」
育つ:すだっ・そだっ
育ち:そだっ 「良(よ)か育(そだ)っ 少(ちっ)とん騒動(そど)で 登校拒否(とうこきょひ) [田之上 毬]」
育て上げる:おやかす・おやす・そだつる
育て終わる:おやしとっ 「育(おや)し終(と)っ 鎹(かすが)や猫い 切(き)い替(か)えっ [片平桜子]」
そっくり:そっくい 「そっくいに撮(と)れた写真(しゃしん)が気(き)い入(い)らじ[栫 路人]」
そっくり返る:そねくいかやい 「鯛(て)が皿い そねくいかやい 米寿祝(べいじゅゆえ)[入来創雲]」
そっと:そろいと・そろっと 「女房(か)け抗(む)こた 犬(いん)にそろいと 餌(えど)をやっ[林 夢太郎]」
外股:そとがん 「外股(そとがん)の 女房(かか)が歩(さ)るけば 避(よ)くい犬(いん) [上籠若菜]」
供える:そなゆい・そなゆっ
その:そん 「君(わ)や命(いのっ) 言(ちゅ)たそん口(くっ)で 出(で)っくらめ [塚田黒柱]」
その間:さっさ 「婆(ば)が二人(ふたい) バス来(く)い間(さっさ) 孫ん自慢(ぎら) [今隅くま五郎]」
その内:そんうち・そんうっ 「少子化で 人(ひと)もそんうち 絶滅種(ぜつめっしゅ) [田原大黒]」
その方:そのっさあ
その度:そんたび 「信号(しんご)待(ま)っ そん度(た)び擦(なす)い 朝寝化粧(げしょ) [有馬二刀流]」
その人:そんし・そんやっ
その辺:そこたい
そのまま:そんない
そのような:そがん
蕎麦掻き:そまげ・かっぞま 「掻(か)っ蕎麦(ぞま)が 晩酌(だいやめ)後(あと)ん 爺(じ)の夕飯(いめし) [入来創雲]」
蕎麦粉:そまんこ
祖父:じ・じい・じさま・じさん・じじ 「三歳児(みっつご)い 煽(おだ)てられちょい 可愛(むぜ)爺様(じさま) [西ノ園ひらり]」
祖母:ば・ばば・ばっさあ・ばっばん 「抱(だ)っ癖を たった一日(ひして)で 祖母(ば)がつけっ [川村 明]」
祖母育ち:うんばおやし・ばばおやし 「婆(ばば)育(おや)し 大人(お)せな挨拶(えさっ)が まこて上手(じょし) [西 幸子]」
染まる:そまい・そまっ
染める:そむい・そむっ・そめっ 「共(とも)白髪(しらが) 誓(ち)こた女房(かか)どま 赤(あ)こ染(そ)めっ [池田ナミ] 」
染物:そめむん・そめもん
空耳:そらみん
反る:そい・そっ・そねい・そねかえっ・そねくい・そねくいかえい
反り返る:そいくいかえっ・そねくる・そね・そねばっ 「女房(おかた)ずい 亭主(てし)の肩書(かたが)き 反(そ)い返(かえ)っ [上籠若菜]」
それ:そい 「妻(かか)ん料理(じゅい) 三分後(さんぷんあ)てな そいち出(で)っ [吉村伝波]」
それが:そいが 「曲尺(ばんじょがね) そいが魅力(みりょっ)ち 来た仕事(しごっ) [有川八味]」
それから:そいかい・そいから・ほいかあ・ほいから 「眉毛(めげ)は毛虫(ほじょ) そいかあ上(うえ)は 滑(すべ)い台 [平瀬芙蓉]」
それがどうした:そいがないな 「五十(ごんじゅ)女房(かか) そいがないなち 反抗(むこ)っきっ [上籠若菜]」
それこそ:そいくさ・そいくせか
それじゃ:そいじゃ 「そいじゃ無(ね)ち 手伝(こど)いの孫が 下知(げ)つ吐(か)えっ [樋口一風]」
それすら:そいせか
それだけ:そしこ 「金送れ たったそしこん 子んメール [樋口一風]」
それっきり:そいかぎい・そいぎい 「薄(う)し焼酎(しょつ)を 出(で)たやそいぎい 来(こ)ん飲兵衛(のんべ) [枦山一球]」
それで:そいで・ほいで
それでは:そいなら・ほんなら 「そいならち 木戸(き)で出(で)てからが 長(な)げ喋(しゃべ)い [佐伯山神]」
それでも:そいでん
それなら:そいなあ・そいなら・そんなあ・そんなら・ほいなあ 「そいならち 木戸(き)で出(で)てからが 長(な)げ喋(しゃべ)い [佐伯山神]」
それは:そんた 「愛と金(ぜん) 両方(まんぼ)呉(く)れ言(ちゅ)が そんた欲(よっ) [塚田黒柱]」
そればかり:そいばっかい
それまで:そいずい
それより:そいよか・そいよっか
揃う:そろ 「皺(しわ)を見(み)け 糸縒祝(いとよいゆえ)い 揃(そ)ろた孫 [河原武庫の花]」
揃える:そろゆい・そろゆっ
そろそろ:ぼっぼっ 「新芽(しんめ)時季(どっ) ぼっぼっ出(で)そな 女房(かか)んヒス [今隅くま五郎]」
そろりと:こっそいと・そろいと 「女房(か)け抗(む)こた 犬(いん)にそろいと 餌(えど)をやっ[林 夢太郎]」
そわそわ:ちわいちわい 「初産(ういざん)ぬ ちわいちわいで 婿が待(ま)っ [津留群志]」
損得:しんそん 「遺産分け 損得(しんそん)な無(ね)ち 印鑑(はん)ぬ捺(ち)っ
そんな:そげな
そんなに:そげん 「満月(まんげっ)と そげん差の無(な)か 見事(みご)て禿[鈴木一泉]」
そんなには:そげんな
存分に:おてちき・おてつき 「借(か)いけ行(い)っ 小言(ぐぜ)も 存分(おてち)き 聞(き)かされっ」

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top