鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・は・・・

:へ 「明日(あした)灰(へ)い なろそな容姿(よし)で まだ浮気 [堂園三洋]」
灰皿:へざら 「桜島 錦江湾ぬ 灰皿(へざ)れしっ [富嶽]」
媒酌人:もれにん・なかだっ 「人並(ひとな)んち 媒酌人(なかだ)ちゃ言(ゆ)たが 大層(もそ)な上戸(じょご) [永田酒楽]」
這い上がる:へあがい・へあがっ
這い込む:へくっ・へくん 「三晩目(みばんめ)な 布団に這込(へく)だ 野良猫(まぐれねこ) [上田 格]」
這い出す:へだす
這い回る:へまわい・へまわっ
這い寄る:へよい・へよっ
這う:ほ
這って:ほて 「素手で来(き)っ 飲んも飲まんか 這(ほ)て帰(もど)っ [鶴田昌憙]」
入って来る:いっくい 「窮屈(せっ)ね風呂(ふ)れ 女房(かか)も入(い)っ来(く)い 結婚当初(といえはな) [山田竜生]」
入らない:あばかん・いらん・はいらん 「流行(はやい)じゃが ブーツに入(あば)かん 大根足(でこんあし) [大田盛そば]」
入る:いい・いっ・はいっ 「若(わ)け妻(かか)い 毎日(めにっ)覚悟(かっご)ん 床(とこ)い入(い)っ [狩俣康俊]」
入れば:いれば 「千鳥足(ちどいあ)しゃ 玄関(ふんご)み入(い)れば 忍(しの)っ足 [日隈英坊]」
売買:ういけ 「儲(も)けは無(ね)ち 仲買人(なかげ)は言(ゆ)どん 売買(ういけ)上手(じょし) [日隈英坊]」
:へ 「婆様(ばっさあ)が 昼飯(ちゅはん)な一人(ひとい) 蝿(へ)と食(たも)っ[濱川白馬]」
蝿叩き:へたたき・へたたっ 「爺(じ)の仕事(しごっ) 横座(よこ)ぜ蝿叩(へたた)きょ 握(にぎ)らせっ [上籠若菜]」
蝿取り紙:へとい・へといがん
生え始める:おえでけっ・おえでっ 「昼(ひい)過(す)ぎな 髭が生(お)え始(で)た ニューハーフ [石田霜降]」
生えない:おえん
生える:おゆい・おゆっ・おえっ 「嫁(き)た時(と)きな 無(な)かった 角(つの)が 大(ふ)つ生(お)えっ [植村聴診器]」
破壊される:うっくえっ・がんくえっ
生やす:おやす・おやかす
破壊する:うっくやす・がんくゆっ
剥がす:うっぱがす・うっぱぐい
剥ぐ:へっ 「恐(お)ぜ梅雨(ながし) 地球(ちきゅ)ん生皮膚(なまがわ) ぐりっ剥(へ)っ [岩崎美知代]」
:ちきい 「ダイエット 合掌(がっしょ)しながら 秤(ちき)い乗(の)っ [宮田隆翔]」
吐く:あぐい・あぐっ・もどす・へっ 「無料焼酎(ただじょちゅ)ち 腹一杯(おてつき)飲(ぬ)だや 全部(ずるっ)吐(へ)っ [瀬戸口湯気]」
履き替える:ふんかゆい・ふんかゆっ
履く・穿く:ふむ・ふん 「靴下を 嗅(か)ずでまた履(ふ)ん 無精者(ふゆしごろ) [小森寿星]」
歯茎:どて
博識者:まんにょん・まんねんごよん 「万年暦(まんにょん)が 丸(まっ)で見た様(よ)な 事(こ)つ吐(か)えっ [樋口一風]」
白昼:うびい・ひいのひなか
白内障:そこい
白髪:したが・したげ 「茶髪(ちゃぱ)つ叱(が)っわがあ白髪(したが)を黒(く)ろ染(そ)めっ[田中五郎太]」
薄暮:あかくろ・あかくろもと 「夕方(あこくろ)い 良(よ)か匂(にえ)を撒(め)た 女房(かか)ん料理(じゅい) [上瀬明星]」
はぐらかす:ちょくらかす
禿げ頭:はげびんた・ひっぱげ 「髭面(ひげづら)ん 亭主(て)しゃないごてか 禿頭(はげびんた) [枦山一球]」
:はさん 「何(ない)もかも 鋏(はさん)で料理(じゅ)った 娘(こ)ん炊事(まかね) [藤後一碧]」
端折る:からぐい・からぐっ・つぶい・つぶっ 「尻(し)ゆ端折(つぶ)っ 貝(け)掘(ほ)い励(はま)った 健(さか)し婆(ばば) [久永桂心]」
:はした
恥ずかしい:げんなか・げんね 「お客様(きゃさ)ん前(まえ)で恥(げん)なか妻(かか)ん下知 [瀬戸口抱洋]」
恥ずかしがり屋:いめじん・げんねかぶい 「内気者(いめじん)が 上座(かんざ)ん席(せっ)で うろたえっ [細山田妙子]」
恥ずかしがる:げんねかぶっ
恥ずかしくない:げんのね
外す:うっぱずす
外れる:うっぱじっ・うっぱずるっ・おっとるっ 「婆(ば)ん読経 途中(つと)で総入歯(がんぶ)や うっ外(ぱ)じっ [有馬純秋]」
:はい 「打捨(うっす)いな 惜(お)しち背広で 畑仕事(はいしごっ) [栫 路人]」
発情:さかい・さかっ
ぱっとしない:とぼれん 「歳暮(せぼ)吟味(ぎんみ) とぼれん課長(かちょ)は 切い捨てっ [岩崎美知代]」
話し合い:かたいかた・かたいよ
話す:かたっ 「一年坊(いっねんぼ) もへ好(す)っな児(こ)ん 名を語(かた)っ [山田竜生]」
花見:はなん 「花見(はなん)焼酎(じょちゅ) 盃(ちょ)きな一片(ひとひら) 浮かばせっ [永井牛山]」
歯にしみる:すびっ
鼻輪:はなぐい 「婆(ば)ん手綱(たづ)ね 鼻輪(はなぐ)や無(ね)どん 聞(き)っ牡牛(こって) [栫 路人]」
:おっかん・かかどん・はほ 「反抗期 母(はほ)を家来の ごっ吐(か)えっ [樋口一風]」
繁茂する:ほこい・ほこっ 「里戻(さともど)い 繁(ほこ)った草い 涙(なんだ)しっ [雄牛]」
早く:ごんごっ・ごんごと
腹這う:すぼ・すぼっ 「雌伏(しふっ)じゃち 吐(か)やすがずっと 腹這(す)ぼた儘(ない) [濱川白馬]」
晴れ着:べんじょ・べんべん・よかいしょ 「煤(すす)け女房(ば)を 正月(しょがっ)着物(べんじょ)で 見間違(みまっ)ごっ [満夫]」
破裂する:うっぱしっ・ひっぱしっ 「詰め放題(ふで)が 欲(よっ)で袋が 破裂(ひっぱし)っ [大蛙]」
腫れ物:できもん・でけもん・ねっと 「痛(い)て腫物(ねっと) ペンギンの様(よ)な 態(ふ)で歩(さ)るっ [有馬湧声]」
晩酌:だいやめ・だれやめ 「晩酌(だいやめ)は 嗜(たしな)ん程(しこ)ち 医者(い)しぇな言(ゆ)っ [柳村遊月]」
半日:ひなか・ひはん 「立腹(はら)けてん 半日(ひなか)も持(も)てん 喋繰(しゃべく)い婆(ば) [岩崎美知代]」
半身:かたびら
晩飯:いめし・ゆめし・よめし 「共稼(ともかせ)っ 眠(ね)び子を起(お)けっ 遅(お)せ夕飯(ゆめし) [山田竜生]」

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top