逆引き辞典・・・や・・・

灸(やいと):えつ 「自惚(うぬぼ)れが 過ぎっリコール 大(ふ)とか灸(えつ) [田原大黒]」
八百屋:やせや
やかましい:せからし・せからしか 「夏休(なっやす)ん 子よっか女房(かか)が 騒(せか)らしゅし[山田竜生]」
焼き網:あぶいこ・あぶりこ 「生魚(ぶえん)臭(く)せ 焼網(あぶいこ)で婆(ば)あ 餅(も)つ食(か)せっ [岩崎美知代]」
焼き芋:あぶいがいも・やっがいも・やっがらいも
焼き魚:あぶいいお・やきいお
焼き切る:やっきい・やっきっ
焼き付ける:やっちくっ・やっつくい・やっつくっ
焼き払う:やったくっ・やっぱる
焼く:くぶっ・やっ 「河原(こら)で焼(や)っ 鮎が良(よ)か匂(かざ) 撒(め)っ昼飯(つはん) [下栗志乃]」
焼け太り:やけぶとい
焼ける:やくい・やくっ
役者:やっしゃ 「調子(ちょ)し乗(の)った 役者(やっしゃ)が舞台(ぶて)を さで落(お)てっ [澤津乙名]」
役所:やっしょ 「家(うっ)じゃ殿(との) 役所(やっしょ)じゃ平(ひら)で 畏(かしこ)まっ [有馬慶成]」
役立たず:くっされもん・すったれ・がんたれ 「がんたれが居(お)らんな切(せっ)ね晩(ばん)も有(あ)っ [上薗佳笑]」
役立つ:ためいなっ・ためなっ
役人:やっにん
役場:やっば 「生字引(いっじびっ) 役場(やっば)ん隅(すん)で 埃(ごん)くろっ [上鶴信義]」
役目:やっめ・やっまわい
約束:やっじょ 「指切(ゆびき)いで 長生(ながい)くしてち 可愛(む)ぜ約束(やっじょ) [永徳天真]」
厄払い:やっばれ
火傷(やけど):やけじょ 「好(す)かん奴(て)な 火傷(やけじょ)をすそな 燗(かん)ぬしっ [日高山伏]」
野菜:やせ 「朝市な 元気な野菜(やせ)と 婆(ば)が並(な)るっ [山下矢絣]」
野菜作り:やせつくい・やせづくい
野菜畑:そえんばた・やせばたけ・やせばっけ
易しい:たやし・もやし 「歯は浮(う)っが 褒(ほ)むれば容易(たや)し 夫婦(みと)ん仲 [宮田隆翔]」
易しく:たやす・もやす 「義理(ぎい)チョコで 容易(もや)す騙けた 今ん亭主(とと) [蔵ノ下夢石]」
優しい:やさし・こえらし・しおらし・しおらしか 「ないか昨夜(ゆべ) 悪(わ)りこつしたか 優(やさ)し亭主(とと) [小瀬一峻]」
優しく:やさす・こえらす 「減(へ)らせんて 優(こえ)らす亭主(と)てな 言(ゆ)はならじ [岩崎美知代]」
屋敷:やしっ 「不精(ふゆ)に吝嗇(けち) エコも加勢(かせ)した 護美屋敷(ごんやしっ) [多田一行]」
養う:やいの
安い:やし・やすか 「沢山(ずばっ)撒(め)た 安(や)し義理(ぎい)チョコで 鯛(て)を狙(ね)ろっ [上籠若菜]」
安く:やす 「日帰(ひげ)いツア 安(や)すで爺婆(じばば)ん 守(も)ゆばしっ [安藤孟宗竹]」
安物:やすもん 「安物(やすもん)が 似合(によ)でよかねち 妙(す)だ褒め様(よ) [郷田悠々]」
休ませる:やすますい・やすますっ・よくわすい
休み:やすん・よき 「電話口(でんわぐ)ち 派手(はで)な咳(せ)くすい ずる休(やす)ん [上籠若菜]」
休み通し:よくどえっ
休み休み:やすんやすん
休む:やすん・よく
痩せる:やすい・やすっ
痩せない:やせん 「貧乏(びんぶ)世帯(じょて) 財布(ふぞ)並(な)み痩(や)せん 肥満(だんべ)女房(かか) [蔵ノ下夢石]」
奴(やつ):わろ 「歯痒(はが)い奴(わろ) 女房(かか)が女房ち 煮(に)えきらじ [有川南北]」
厄介:やっけ 「月(つ)き四五度(しごど) 犬小屋(いんご)へ厄介(やっ)け ない大酔漢(うとら) [石塚律子]」
厄介者:やっけむん・やっけもん
やつれる:やつるい・やつるっ
雇い人:やちど・やといど 「退職(やめ)たなあ 女房(かか)ん雇人(やちど)で 日を暮(く)れっ [小森寿星]」
雇う:やと
脂(やに):やね
夜尿症:しっかぶい・しべんしかぶい
屋根裏:えんそら 「爺(じ)が叱(く)ろち 天井裏(えんそ)れ隠(か)きた 焦がれ鍋 [一珍]」
やはり:やっぱい・やはい
:やぼ 「ご苦労様(くろさあ) 藪(やぼ)い屈(しゃご)じょい 鼠捕(ねずんと)い [枦山一球]」
藪医者:やぼ・やぼいしゃ
藪蚊:やぼか
藪睨み:やぼにらん・やぼねぎい
藪払い:やぼはれ
破く:ひっちゃぶい・ひっちゃぶっ・やぶっ
破れる:ひっちゃぶるっ・やぶれっ 「詰め放題(ほで)い 欲(よっ)の袋が け破(やぶ)れっ [吉元三智]」
流鏑馬:やっさん 「流鏑馬(やっさん)の 蹄(ひづめ)が響(ひび)っ 高山(こやま)豊祭(ほぜ) [日高山伏]」
病(やまい):びょ・やんめ 「無料(ただ)言(ちゅ)えば 病婆(やんめばば)ずい 走(はし)い出(で)っ [福永四球]」
病む:あんべがわるない・あんべがわり
やまし:やまし
山伏:やんぶし・やんぼし
山道:やまみっ 「カーナビが 深(ふ)け山道(やまみっ)に 駄々(ね)じゅ食(く)ろっ [諸木小春]」
:やん 「倹(つま)し女房(かか) 風呂場も闇(やん)で け済ませっ[今隅くま五郎]」
闇夜:やんのよ
やみくもに:むくろいき 「むくろいき 抱(で)たやブラジャが 向(む)く変(か)えっ [入来院彦六]」
止む:やん 「煩(うぜら)しち 思(お)もた縁談(はなし)も ハタッ止(や)ん [平田智子]」
止めさせる:やめさすい・やめさすっ・やめさせっ 「亭主(とと)ん料理(じゅい) 世帯(しょて)操(く)い合(あ)わじ 止(や)めさせっ [有川八味]」
止めて:やめっ 「農業(さ)く止(や)めっ 米は買(こ)た方(ほ)が 安(や)しち知(し)っ [佐伯山神]」
止める:やむっ・うっちゃむっ
ヤモリ・守宮:やもい・きっちゃむし
揶揄する:からこ・ちょくい・ちょくっ 「揶揄(ちょく)いなあ 揶揄(ちょく)れハイハイ 俺(お)や鬘(かつら) [樋渡草団子]」
揶揄される:ちょくらるい・ちょくらるっ・ちょくられっ 「子ん自慢(おぎら) 種(たね)が違(ち)ごがち 揶揄(ちょく)られっ [工藤天然]」
:やい
遣り合う:やいお・やいよ
遣り繰り:やいくい
遣り損なう:やいそこの
遣り手:やいて 「良(ゆ)したもん 能(ぬ)の無(な)か亭主(て)しな 遣(や)い手(て)女房(かか) [田代彦熊]」
遣り残した:やいのけた 「遣(や)い残(の)けた 事(こ)つ日捲(ひめく)いが 急(せ)っ立(た)てっ [大重爆笑]」
遣り放題:しほで・やいほで
遣る:やっ 「来(こ)ん歳暮(せぼ)い 辞退し申(も)すち 手紙(てが)む遣(や)っ[永田酒楽]」
やり難い:しにき・しにっか・やいにき・やいにっか 「やい難(に)っか 婿と二人(ふたい)の 焼酎(しょちゅ)飲(の)ん座 [寿音]」
やり方:やいよ
やり取り:やいとい
やるせない:せつなか・せっね 「切(せっ)ね内心(ねしゅ) 義理(ぎい)じゃち言(ゆ)かた 贈いチョコ[片平桜子]」
やる度に:やいかし
やれやれ:やいや・やいややいや
やれるだけ:やいかぎい
柔らかい:やえ・やらし・やらしか・やわらし
柔らかく:やらす・やわらす 「硬(か)て脳も 焼酎(しょつ)を注(そそ)げば 柔(やら)すなっ [津留群志]」


前のページに戻る ページのトップへ戻る