鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・ま・・・

:め 「偉(え)ろなろち 一枚(いっめ)じゃ足(た)らん 舌が要(い)っ [植村聴診器]」
:め
舞い上がる:めあがい・めあがっ
舞い込む:めくん
舞い戻る:めもどっ
舞う:も・もっ 「煙(け)び奴(わろ)が 居(お)らんにゃ集会(よい)も 笑(わ)れが舞(も)っ [小森寿星]」
毎朝:めあさ・めいあさ
毎月:めえつっ・めつっ
毎日:めえにっ・めにっ 「単身赴任(たんしん)ぬ 毎日(めにっ)電話で 縛(しば)い妻(かか) [堂園三洋]」
毎晩:めえばん・めばん 「退職(やめ)たどん 毎晩(めばん)社訓が 寝言(ねご)ち出(で)っ [米元年輪]」
埋葬する:おくっ
参る:まいい・まいっ・まかい・めい
前祝い:まえゆえ
前屈み:まえかがん
前掛け:まえあて・まえだれ・めだれ 「大晦日(としのばん) 汚れ前掛(めだれ)で 梵鐘(かね)を聞(き)っ [有川八味]」
前歯:むかば・むこば
前払い:まえばれ
前向き:まえむっ
賄い:まかね 「何(ない)もかも 鋏(はさん)で料理(じゅ)った 娘(こ)ん炊事(まかね) [藤後一碧]」
賄う:まかの 「リストラん 亭主(とと)を賄(まか)のち 厚化粧 [田中栄泉]」
曲がり:まがい 「曲(ま)がい釘(く)ぐ 沢山(ずばっ)作った 素人大工(かがいでっ) [工藤天然]」
曲がり角:まぎいかど
曲尺(まがりじゃく):まがいがね・ばんじょがね 「はんや節(ぶ)す 楷書(かいしょ)で踊(おど)い 曲尺(ばんじょがね) [樋口一風]」
曲がる:まがい・まがっ 「厳(いみ)し亭主(とと) 弱弱(よと)しゅなったや 女房(か)け曲(ま)がっ [山田竜生]」
:たきもん・たっむん・たっもん 「ないが沸(わ)こ 濡れ焚木(だっもん)で 風呂沸(わ)かし [桑元行水]」
巻く:まっ
巻き上げる:まっきゃぐい・まっきゃぐっ
巻き込む:まっくん・まっこん 「痩(や)すち言(ゆ)っ 亭主(とと)も巻(ま)っ込(く)だ 野菜(やせ)ん料理(じゅい) [野間口鈴女]」
巻き終る:まっきい
巻きつく:まっつっ・まっちっ・めちっ
撒く:まっ・めっ 「窓(と)を開(あ)けっ 松茸飯(まったけめし)の 匂(かざ)を撒(め)っ 植村聴診器]」
間口:まぐっ 「狭(せ)め間口(まぐっ) 半分(なから)でけ済(す)だ 注連縄(いぎれ)張(は)い [大重爆笑]」
捲くる:まくい・まくっ
負け惜しみ:まけおしん 「負(ま)け惜(お)しん 破れた恋(こ)ゆば 振った言(つ)っ [楠八重渓流]」
負けず嫌い:まけぎれ
負けそうな:まくそな 「泣(な)っ落とし 負(ま)くそな亭主(とと)い 用事(ゆ)じょ作(つく)っ [吉丸セツ子]」
負けて:まけっ 「議(ぎ)い負(ま)けっ 玄関(とぐ)つ蹴(け)っじた 下駄ん音 [ごっ婆]」
負けない:まけん 「九割あ 毛が無(ね)て負けん 散髪代(さんぱっで) [塚田黒柱]」
負ける:まくい・まくっ 「負(ま)くい前 なれば大声(うごえ)で 叫(おら)っ亭主(とと) [上薗佳笑]」
まさか:いかなこち・いかなこて
混ざる:まざい・まざっ・まみい
混じる:まじい・まじっ 「雄(おす)が大概(てげ) 混(ま)じっちょろそな 転婆娘(いなばおご) [多田一行]」
混ぜ合わせる:まぜくいかやす
混ぜる:まずい・まずっ・まぜくい・まぜくっ 「耳朶(みんちゃ)ばを 素引(そび)ちゃ混(ま)ぜくい 耳(みん)の医者 [一髪]」
呪(まじな)い:まじね・まひね 「出来(でけ)た帯状疱疹(たん) 呪(まひ)ねが効(き)っち 爺(じ)の出番 [西ノ園ひらり]」
真面目:ましめ・まいめ
間尺に合わない:まさきおわん・まさけおわん・ましゃきなうたん 「口(く)ちゃ軽(か)りが 間尺(ましゃき)な合(う)たん 重(お)っか尻(しい) [有馬二刀流]」
真正面:まっぽし 「改革(かいかっ)の 痛(いた)ま真正面(まっぽ)し 父(ちゃん)の馘首(くっ) [大和 渚]」
不味い:うんもなか・んもね
貧しい:まずしか
ませている:おせらし・おせらしか
跨る:またがい・またがっ
股座(またぐら):またばい 「股座(またばい)の 膏薬(こや)く両方(まんぼ)で 票(ひゅ)い積(つ)もっ [樋口一風]」
間違い:まっげ 「好(す)っじゃっち 番号(ばんご)間違(まっ)げで 女房(か)けメール [亀田万年]」
間違う:まっご 「臨月(うんづっ)の 娘(こ)と間違(まっ)ごそな メタボ女房(かか) [吉岡道場]」
間違いなく:まっげなし 「間違(まっ)げなし 亭主(とと)ん財布(ふぞ)いな 諭吉(ゆき)ちゃ留守(ずし)[河原武庫の花]」
間違われる:まっごわるい・まっごわるっ
待つ:まっ 「朝帰(あさもど)ゆ 針(はい)の筵(むしと)を 準備(しこ)っ待(ま)っ [深道好之]」
待ちきれず:まっつけじ 「待(ま)っつけじ 爺(とと)はあん世で 再婚(にどめ)かも [中間紫麓]」
待ちきれない:まっきらん・まっちけん・まっつけん
待ち続ける:まっつくい・まっつくっ
待ち遠しい:まっどおし 「子分限者(こぶげんしゃ) 梅雨(つゆ)ん晴れ間が 待(ま)っ遠(どお)し [満留ぐみ]」
待ち長い:まっなげ・まっながか 「撫(な)で回(ま)えっ 春(はい)が待(ま)っ長(な)げ ランドセル [津留見一徹]」
待ち望む:まっちゃげっ・まっつけっ 「優勝を 道頓堀(どうとんぼい)が 待(ま)っちゃげっ [津曲とっこ]」
待ってる:まっちょい・まっちょっ 「神主殿(ほいどん)ぬ 農作業(さっ)が待(ま)っちょい 神無月(かんなづっ) [大重爆笑]」
待つのに:まっかて 「混浴(こんよっ)で 娘(おご)を待(ま)っかて 湯疲(ゆだ)れしっ [おんじょどい]」
真っ赤:まっこ
真っ暗闇:まっくらすみ・まっくらすん・まっくらやん・やんぐらすん 「寝苦(ねぐる)しち 暗闇(やんぐらすん)で ラッパ飲(の)ん [北森第九]」
真っ黒い:まっくり・まっくれ
真っ逆さま:さかついべ
真っ先:まっさっ・はっさき 「大洪水(うみっ)じゃが 真先(はっさ)き畳(たた)みょ 上(あ)げち騒動(そど) [小夜子]」
真っ白い:ましと・ましとか・まっしれ 「一塗(ひとぬ)いで 真白(ましと)か肌ち コマーシャル [鈴木一泉]」
睫(まつげ):まつばげ・まっばげ・めげ
末子(まっし):しったれ 「も要らんち思(おも)た末子(しった)れ看(み)っ貰(も)ろっ
末代:まっで
祭り:まつい 「祭(まつ)い好(ず)っ 朝も早(は)よから おてつかじ [むらさき]」
祭る:まつっ
奉る(酒を飲むこと):まつっ 「奉(まつ)っどち 五時んメールあ 横(よん)ご抜(ぬ)っ [小森寿星]」
:ずい 「仲人(なかだっ)も そこ迄(ず)や知(し)らん 凄(わ)ぜ鼾(いびっ)[新地十意]」
まとも:まっぽし 「軽(か)り冗談(わや)く 真正面(まっぽ)し受けた 一徹(いっこっ)爺(じ) [前野一合敏]」
間取り:まどい
まどろむ:つるっすっ 「洗(あ)れやんめ つるっした間(ま)い 亭主(とと)がしっ [栫 路人]」
俎板:きいばん・まねた 「女房(かか)ん機嫌(ごっ) 俎板(まねた)ん音で 聞(き)っ分(わ)けっ [湧声]」
間に合う:かきお・かけお・まさけお 「大概(てげ)な品(と)あ 百円(ひゃくえん)店(みせ)で まさけ合(お)っ [菖蒲谷天道]」
間に合わない:かきおわん・かけおわん・まさきおわん・まさけおわん 「遅(お)す植えた 大根(でこん)な正月(しょが)ち 間(か)け合(お)わじ [細山田妙子]」
真似事:まねごっ
眩(まばゆ)い:めはい・めはり 「仏壇(ぶっだん)の 遺影が眩(めは)り 朝帰(あさもど)い [桜井吹雪]」
眩しい:まぶし・まぶしか 「片肌ん 晒(さらし)が眩(まぶ)し 娘(おごじょ)太鼓(でこ) [諸木小春]」
間引く:くけっ・ふけい・まびっ
真昼:うびい・まひい
真昼間:ひのひなか
真夜中:よいのよなか・よのさなか
飯事:ままんげ・ままんご・ままごっ 「飯事(ままんげ)ん 医者ミヨちゃんぬ 裸(はだ)けしっ [埀野剣付鶏]」
守る:まもい・まもっ 「逝(い)た亭主(とと)ん 下駄は玄関(ふんご)み 家(え)を守(まも)っ [江平光坊]」
眉毛:めげ 「風呂上(あ)がい 公卿(くげ)さあ言(ちゅ)よな 女房(かか)が眉毛(めげ) [瀬戸口抱洋]」
迷う:まぐるい・まぐるっ・まよ・まよっ 「超ミニと 向(む)っ合(きょ)た椅子ん 目が迷っ [前野一合敏]」
迷い犬:まぐれいん
迷い込む:まぐれこん
丸い:まい・まいか・まり 「得(とっ)な顔(つら) 立腹(はら)けてみてん 丸(ま)いか面(つら) [永井牛山]」
丸く:まる 「女房(か)け華(はな)を 持たせっ我家(わがや) 円満(ま)る暮(く)れっ [栫 路人]」
丸で:まっで 「年賀状(ねんがじょ)あ 丸(まっ)で子供(こどん)の 見本市(みほんいっ) [西ノ原一句]」
丸飲み:ぐのん・ぐのみ 「儲(も)け話(ばな)す 欲(よっ)の深(ふ)け亭主(て)しゃ 鵜呑(ぐの)みしっ [西 萌]」
丸める:まるむい・まるむっ
丸儲け:まっどい・まるもけ
丸焼け:まいやけ
稀に:まねけん・まれけん 「稀(まね)けんの夫婦(みと)ん会話が後(の)ちゃ争(いさ)け [上籠若菜]」
回す:まゆっ・まえっ 「貸(か)し借(か)いの 罪(つん)が良(よ)か友達(ど)す 敵(て)き回(ま)えっ [凡骨]」
回らない:まわらん 「首(く)びょ振(ふ)いが 小節(こぶ)しゃ回(まわ)らん 爺(じ)の演歌 [木佐貫白猫]」
回り:ぐるい・まわい
回りくどい:まわいくで
回り物:まわいもん 「回(まわ)い物(もん) 言(ちゅ)がまだ我家(や)でな 訪(こと)っ来(こ)じ [石田霜降]」
回る:まわっ 「陽(ひ)が回(まわ)っ 昼寝(ひんね)は木陰(かげ)を 追(う)っ移(なお)っ」
万一:まんいっ・まんがいっ
饅頭:まんじゅ
満足できない:おてつっがわり 「伝言じゃ 満足(おてちっ)の悪(わ)り 娶(も)れ相談(そだん) [倉元天鶴]」
満足しない:おてちかん・おてつかん
満足する:あんどすっ

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top