逆引き辞典・・・ち・・・

小さい:こまか・こまんか・こめ・ちんけ・ちんこめ 「友達(どし)んごっ 遊(あす)ぼやち来(く)い 小(ちん)け客(きゃっ) [西ノ園ひらり]」
小さいもの:こまんちろ・ちんこびっ 「小(こ)まんちろ 宇宙(うちゅ)を翔(と)べ翔(と)べ KSAT(ケイサット) [濱川白馬]」
小さく:ちんこ・こむ 「負け力士 後姿(うしとすがた)が 小(こ)む見(み)えっ [桜井末雄]」
小さくなる:ちぢんこまい・ちぢんこまっ
知恵者:たましごろ
近い:ちかか・ちけ 「東風(こっかぜ)い 雨が近(ち)けどち 爺(じ)の見立て [雄牛]」
近く:ちかっ 「欲(ほ)しか慈雨(うれ) 夕立(さだ)ちゃ近(ちか)っで うっ止(ど)まっ [山田竜生]」
近くに:ちかき・ちこ 「犬小屋(いんごや)ん 近(ちか)き下着あ 干(ほ)すい女房(かか) [米元年輪]」
誓う:ちこ 「靖国を 誓(ち)こたがすまん 喜寿いなっ [津曲とっこ]」
違う:ちご・じゃね・じゃんか 「子ん自慢(おぎら) 種(たね)が違(ち)ごがち 揶揄(ちょく)られっ [工藤天然]」
違い:ちげ 「見込(みこ)ん違(ち)げ 悠々自適(ゆうゆじてっ)が 職(しょっ)探(みし)け [安田踊い子]」
近道:ちかみっ
ちぐはぐ:よんごひんご
血筋:すじ・すっ・ちすっ 「血筋(すっ)じゃ無(ね)て 世ん荒波(あらなん)が 毛を毟(むし)っ[池上歌子]」
馳走:しゅい・しゅゆ・そゆ・そよ 「傘を借(か)っ 戻(もど)しけ行(い)たや 馳走(しょゆ)いなっ [林 夢太郎]」
:おやっ・おやっどん・てちょ・とと 「子は平然(しれっ) 叱(が)った親父(おやっ)が 寝(ね)つかれじ [栫 路人]」
縮む:ちぢん・ちゅじん・つづまい 「老体(おんじょごて) 身長(たけ)あ縮(ちぢ)んが 腹あ出(で)っ [小森寿星]」
縮める:ちぢむい・つづむい
粽(ちまき):あくまっ・まっ 「飽食(ほうしょっ)が 婆(ばば)ん粽(あっま)く 鼻で蹴(け)っ [津留見一徹]」
茶一杯:ちゃいっぺ
茶請け:ちゃじょけ 「茶請(ちゃじょう)けを 掌(てのひ)れ貰(も)ろた 良(よ)か田舎 [森山厚香]」
茶摘み:ちゃつん
茶の間:おまえ・ちゃのざ
茶柱:ちゃばした 「茶柱(ちゃばした)い 重(お)び腰(こ)しゅ上げた 借金(おっか)取(と)い [林 夢太郎]」
茶畑:ちゃえん・ちゃえんばっけ
茶瓶:ちゃじょか・きびす・きびしょ・ちょか 「大儀(てせ)思(と)もた とこい三時ん 急須(ちょか)が来(き)っ [西ノ園ひらり]」
仲介する:といもっ
仲介人:こせんとい 「仲介者(こせんとい) 山ん売買(ういけ)い 鯖(さば)を読(よ)ん [入来創雲]」
仲介料:こせん
昼食:ちゅはん・つはん・ひいめし 「春休(はいやす)ん 祖母(ばば)が園長(えんちょ)で 昼飯(ちゅはん)付(つ)っ [今井夢紫]」
中途:つと 「途中(つと)ずいな 俺(お)いそっくいな 立志伝 [鶴田昌憙]」
中風:なえ・けなえ 「中風(な)えたなあ 直(いっ)きホームち 薄(う)し絆(きずな) [岩崎ヒロシ]」
チョウ・蝶:ちゅちゅ・ちょちょ・つつ 「夜の蝶々(ちゅちゅ) 裏街(うらま)ち誘(さそ)た 生(い)きい道 [東 こっ風]」
調子:おだめ 「妙(す)だ調子(おだめ) キーがどのこの 言(ゆ)う音痴 [押領司翠里]」
長女:すよむいめ・すよむしめ
長男:あととい・すよ・すよむすこ 「わがじゃ敷(し)っ敷(し)かるんなよち長男(すよ)は叱(が)っ[種子田 寛]」
頂上:よっぺん 「頂上(ちょっぺん)に 短躯(じっく)ゆ乗(の)せた 組体操(くんたいそ) [米元年輪]」
朝食と昼食の間の軽い食事:こびい 「間食(こびい)言(ちゅ)て 大(ふ)て握(にぎ)い飯(め)し 亭主(て)しゃ躍(おど)っ [畑山真竹]」
提灯:ちょちん 「節分に 鬼(おん)ぬ集めた 赤提灯(あかちょちん) [有川八味]」
町内:ごじゅ 「担棒(さし)商売(あっね) 郷中(ごじゅ)ん噂(うわさ)も 撒(め)て歩(さ)れっ [津曲とっこ]」
蝶結び:おなごむすっ
直接に:じき
ちょっと・少し:ちょこっ・ちょびっ・ちょっち・ちっと・ちす 「少(ち)す焼酎(しょちゅ)を 点滴(てんて)き入れち 爺(じ)は冗談(わやっ) [北村虎王]」
ちょっとの間:いっとっのこめ・いっとっのこっ
ちょっぴり:ちびっと・ちょびっと
ちょろちょろ:ちょろんちょろん
散る:ちい・ちっ・ちるっ 「散(ち)い桜(はな)を ビールん泡(ぶっ)が 優(やさ)す抱(で)っ [多田一行]」
散らす:ちらかす
散らかして:ちらかせっ 「散(ち)らかせっ 買(こ)もせん背中(せな)け 作(つく)い御礼(ごれ) [久永桂心]」
散らかす:ちらかすい・ちらくっ
散らかる:ちらかっ
散れる:ちるい・ちるっ
塵(ちり):ちい・ごん 「宅(やど)あ今日(きゅ)も メロンじゃったち 塵出(ちいだ)し場 [樋口一風] 」
塵紙:ちいがんちいし
沈黙する:うんだまる


前のページに戻る ページのトップへ戻る