鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・ね・・・

姉さん:あねさん・あねじょ 「夫婦(みと)喧嘩 年上(あねじょ)女房(かか)いな 歯が立(た)たじ [小平田一清]」
値切る:こぎい・こぎっ 「髪毛(け)が無(な)かで 少(ちっ)た安(や)すせち 値切(こぎ)っ奴(わろ) [稲田切株]」
寝言:ねごっ 「歯軋(はぎし)いも 寝言(ねごっ)も無(ね)女房(か)け 目が冴(さ)えっ [津留見一徹]」
ネズミ・鼠:ねずん 「干上(ひや)がっち 鼠(ねずん)も逃げた 倹(つま)し所帯(しょて) [津留見一徹]」
鼠捕り:ねずんとい 「ご苦労様(くろさあ) 藪(やぼ)い屈(しゃご)じょい 鼠捕(ねずんと)い [枦山一球] 」
妬む:しょのむ・しょのん 「隣(つ)ぐ訪(こと)い美人(シャン)のヘルパを爺(じ)が妬(しょの)ん[植村聴診器]」
強請(ねだ)る:せがむ・せがん・もがい・もがっ 「 亭主(とと)奴(わろ)が 毎日(めにっ)強要(せが)んで 別(べ)ちけ寝(ね)っ[金井一馬]」
熱帯夜:ほめっばん 「ベッドから 何度落(お)てたか 蒸暑(ほめ)っ晩 [河野楽天]」
粘りがでる:やねをひっ 「節句(せっ)の団子(だご) 昨夜(ゆべ)ん蒸暑(ほめ)っで 糸(やね)を引(ひ)っ [入来義徳]」
寝息:ねいっ 「爺(じ)あ子守(こも)い 懐(つく)れ聞(き)こゆい 可愛(も)ぜ寝息(ねいっ) [大重爆笑]」
寝苦しい:ねぐるし・ねぐるしか 「寝苦(ねぐる)しか 晩に限って 纏付(めち)っ亭主(とと) [河原武庫の花]」
寝込む:ねくん・ねくっ・ねこん 「寛(ゆた)っして 孫娘(まごこ)が帰京(もど)っ 婆(ば)あ寝込(ねく)っ [馬込白鯨]」
寝正月:ねしょうがっ 「寝正月(ねしょうがっ) 体重計(ちっき)ん目盛(めも)や 跳ね上(あ)がっ [益満大拘]」
寝せつける:ねせつけっ 「孫ん守(も)い 乳房(ちち)を弄(も)じかせ 寝(ね)せ付(つ)けっ [鮫島牧峰]」
寝せる:ねせっ 「疲(だ)れたろち 田(た)んぼん案山子(おど)す 小屋(こ)へ寝(ね)せっ [森山厚香]」
寝相:ねぞ 「凄(わ)ぜ寝相(ねぞ)い 監視カメラも 吹(ふ)っ出(だ)せっ [蔵ノ下夢石]」
寝付き:ねつっ 「鼾(いびっ)掻(か)き 限(かぎ)っ寝付(ねつっ)の 早(はや)かこっ [慶田乱雲]」
寝つけない:ねつかれじ・ねつけん・ねつかれん 「子は平然(しれっ) 叱(が)った親父(おやっ)が 寝(ね)つかれじ [栫 路人]」
寝てる:ねちょい 「食(く)て寝(ね)ちょい 犬(いん)が俺家(おいげ)じゃ 丁寧(てね)されっ [石塚律子]」
寝ぼける:ねとぼけっ 「寝(ね)とぼけっ 婆(ばば)ん総入歯(がんぶ)ゆ 爺(じ)が嵌(は)めっ [入来院彦六]」
寝巻き:ねまっ 「小火(ぼや)騒(さわ)っ 寝巻(ねまっ)の野次(やじ)が 下知(げ)つ吐(か)えっ [有馬凡骨]」
寝られない:ねがならん・ねやならじ 「今日(きゅ)はキッス 次(つ)ぐ考(かん)ぐれば 寝(ね)やならじ [石塚律子]」
寝る:ねい・ねっ・けねっ・ひんねっ 「爺婆(じばば)しっ 木刀(ぼっと)を寝床(ねど)け 入(い)れっ寝(ね)っ [有馬純秋]」
眠い:ねび 「共稼(ともかせ)っ 眠(ね)び子を起(お)けっ 遅(お)せ夕飯(ゆめし) [山田竜生]」
狙う:ねろ・ねろっ 「蝉(せ)む狙(ね)ろっ 麦藁(むっがら)帽子(ぼし)が 息(い)く殺(こ)れっ [永谷 勝]」
眠る:ねぶっ・つんねぶっ 「散髪(びんたつん) 気分が良(ゆ)なっ つん眠(ねぶ)っ [新地十意]」
年始回り:しょがっで
燃料:たっちけ・たっつけ 「鼻紙(はながん)ぬ 吝(けち)あ焚付(たっつ)け 持(も)っ帰(もど)っ [池上黒ぢょか]」
燃料にする小枝:べら 「貰(も)れ風呂い 粗朶(べら)を片脇(かたわ)き 抱(で)っ訪(こと)っ [山下矢絣]」

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top