鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

逆引き辞典・・・け・・・

計画:くめん・ぐん 「日曜(にちよ)農業(ざっ) 計画(ぐん)通(ど)い女房(かか)が 使(つ)け回(ま)えっ [北村虎王]」
稽古:けこ 「風呂場かい 親子賑(にっぎゃ)こ 九九(くく)ん稽古(けこ) [諸木小春]」
警察:けいさっ
計算:さんにょ 「貰(も)ろた野菜(やせ) 買(こ)えばどしこち 計算(さんにょ)しっ [亀甲万年]」
計算する:さんにょすっ・つもい・つもっ 「子分限者(こぶげんしゃ) 給付金ぬば 計算(つも)っみっ [石田霜降]」
計算高い:こまし 「太鼓腹(てこばら)あ 見かけいよらじ 吝嗇(こま)し奴(わろ) [小森寿星]」
計算違いする:つもいはずす
軽蔑する:けなぶっ・みさぐい・みさぐっ 「放蕩(なぐれ)亭主(て)し 犬(いん)も軽蔑(けなぶ)っ 吠(ほ)えかかっ [松永 直]」
刑務所:ずや 「DNA(ディーエヌエ) 牢屋(ずや)から無実(むじ)つ 帰還(もど)らせっ
痙攣:ひっつい
痙攣する:ひっつっ
けしからん:じもね・ずもね 「返(もど)させじ 貸(か)せちまた来(く)い 無礼(じも)ね奴(わろ)[有村土栗]」
消し炭:きやすん・けやすん・けしずん
消す:きやす・けすい・けすっ・ひっきやす
消して:けせっ 「隣(つ)ぎゃ喧嘩(けんか) テレビも消(け)せっ 耳(み)む立(た)てっ [平中小紅]」
化粧:けしょ・しだし・つらみがっ 「サンプルで 全部(ずるっ)済ませた 婆(ばば)ん化粧(けしょ) [久永桂心]」
削る:へずい・へずっ・けずい・けずっ
削り取る:こさぐ・こさっ
桁違い:けたちげ
けちな人:けちごろ・つましごろ・かんじゃっごろ・かんちん 「吝嗇(かんちん)の 懐(つくら)で諭吉(ゆき)ちゃ 黴(こし)が生(ね)っ [平瀬芙蓉]」
血縁:みうっ
結婚:といえ 「結婚(といえ)当初(はな) 犬(いん)も惚気(のろけ)を 聞(き)かされっ [塚田黒柱]」
結婚式:ごぜんけ・ごぜむけ 「シーズンで 結婚式(ごぜんけ)続(つづ)っ 多(う)け親類(しんじ) [島田秀鼓]」
結婚当初:といえはな 「結婚当初(といえは)ね した約束(やっじょ)どま 最早(もへ)時効(じこう) [菅野茶畑]」
血色:いろひっ 「色艶(いろひっ)で 仮病(つくいびょ)を女房(か)け 見抜(みぬ)かれっ [吉岡道場]」
血色が良い:いろひっがえ・いろひっがよか
血色が悪い:いろひっがわり・いろひっがわいか
欠損:ほげ 「パチンコい 涼(すず)んけ行たっ 太(ふと)か損(ほげ) [吉元三智]」
血統:すじ・すっ・ちすっ 「血統(ちすっ)じゃろ 何処(どっ)か懐(なつ)かし 猿(よも)ん顔(つら) [大重爆笑]」
毛並み:けなん
毛抜き:けぬっ
毛深い:けぶけ
毛虫:ひげほじょ・ほじょ 「眉毛(めげ)は毛虫(ほじょ) そいかあ上(うえ)は 滑(すべ)い台 [平瀬芙蓉]」
下男:でかん 「下男業(でかんぎょ)も 半日(ひなか)か精一杯(せっぺ) 妻(かか)ん守(もい) [永田酒楽]」
仮病:つくいびょ 「色艶(いろひっ)で 仮病(つくいびょ)を女房(か)け 見抜(みぬ)かれっ [吉岡道場]」
下品:げさく・げさっ
下品な:げざらし・げざらしか・げさっか
下品に:げざらす
下品なハイカラ:よごれはいから
:けむい・けぶい 「色恋(いろこい)の 煙(けぶい)も立(た)たじ 四十(しじゅう)娘(おご) [樋口一風]」
煙い:けび・けびか・けみ 「煙(け)び奴(わろ)が 居(お)らんにゃ集会(よい)も 笑(わ)れが舞(も)っ [小森寿星]」
煙臭い:けむくせ・けむいくせ
煙る:すぼい・すぼっ
蹴り:けい 「久振(さしかぶ)い妻(かか)い動悸(とため)っ蹴(け)ゆ食(く)ろっ[捨禄]」
蹴飛ばす:けいとばかす・けいとべっ・けっとばかす 「九十歳(くんず)じゃが 死神(しんが)む足で 蹴(け)い飛(と)べっ [今隅くま五郎]」
蹴り開ける:けあくい・けあくっ・けいあくい・けいあくっ 「蹴(け)い開(あ)けた 足袋が優(こえ)らしゅ 挨拶(えさっ)しっ [河野楽天]」
蹴り上げる:けあぐい・けあぐっ
蹴り落とす:けいおとし
蹴り込む:けいくん・けいこん 「不意客(とざめきゃ)き 蹴(け)い込(く)だ塵(ごん)が 顔(つら)を出(で)っ [平瀬芙蓉]」
蹴り壊す:けいくやかす・けいくえっ 「呑(の)ん兵衛(べ)が娘(こ) 上戸(じょご)とん見合(みえ)は 蹴(け)い壊(く)えっ [多田一行]」
蹴り倒す:けいかやす・けいたおし
蹴りまくる:けいたくい・けいたくっ
蹴る:けい・けっ 「泣虫坊(なけんべし) 仰向(おな)け転(まく)って 天ぬ蹴(け)っ [呆太]」
けれども:じゃっどん・じゃっどんから・じゃば 「退職(やむ)い肝(はら) じゃっどん手蔓(つて)が 邪魔(ま)じけなっ [大重爆笑]」
喧嘩:いさけ・けんくゎ 「夫婦(みと)喧嘩(いさけ) 寝(ね)い頃(こ)れなれば 仲良(なか)ゆなっ [山下明良]」
喧嘩する:いさこ 「喧嘩(いさ)こかち 女房(かか)が杓文字(めしげ)を 振(ふ)い上(あ)げっ [大西学老]」」
玄関:あがいぐっ・ふんこみ・ふんごん 「逝(い)た亭主(とと)ん下駄(げた)は玄関(ふんご)み家(え)を守(まも)っ [江平光坊]」
玄関口:あらけんくち
健康:さかし 「食(く)も飲(の)んも女房(かか)が下知(げ)つしっ健(さか)し五体(ごて)[稲留明天]」
健康な:さかしか 「欲(よ)か言(ゆ)うめ 健(さか)しか身体(ごて)と 女房(かか)が居(お)っ [諸木小春]」
拳骨:げんこっ・とっこ 「拳骨(とっこ)をば 握(にぎ)っ震(ふ)るちょい 養子(よし)亭主(とのじょ) [枦山一球]」
見当:けんと
見当違い:けんとちげ
見物:みもん
見物客:みて・みいて 「相撲(すも)あ駄目(ぼっ) 派手な塩撒(しおま)き 観客(みて)が沸(うぇ)っ [楠八重渓流]」
玄米:くろごめ・くろまえ
懸命に:やんきも 「見合(みえ)写真 親あ遮二無二(やんきも) 娘(こ)い催促(せず)っ [伊地知 孝]」
倹約:かんじゃっ 「良(ゆ)したもん女房(かか)ん節約(かんじゃ)く亭主(とと)が飲(の)ん [瀬戸口和八久]」
倹約家:つましごろ 「倹(つま)しごろ雑巾(ざふ)きなろそな褌(へこ)をしっ [速男]」
権力者:きけじん・きれて

前のページに戻る QRコード