逆引き辞典・・・う・・・

植える:うゆい・うゆっ
植えて:うえっ 「トロ箱い 葱(ねっ)どん植(う)えっ 一人住(ひといず)め [有馬南北] 」
魚の目:いおんめ・うおんめ
穿(うが)つ:ほじくい・ほじくっ
浮かぶ:うかん
浮く:うっ「歯は浮(う)っが 褒(ほ)むれば容易(たや)し 夫婦(みと)ん仲 [宮田隆翔]」
請合う:うけの
請け負う:うけお・うけよ
受け合う:うけの 「心易(ここいや)す 受(う)け合(の)た保証(ほしょ)で 所帯(しょて)が飛(つ)っ [亀甲万年]」
受け合って:うけのて 「身(み)の丈(たけ)を 知(し)たじ受(う)け請(の)て 谷(ほ)き転(かや)っ [井原東亀]」
受ける:うくい・うくっ
受けて:うけっ
受け取る:うけとい・うけとっ
受け渡す:うけわたし
受け口:すけぐっ・うけぐっ
動く:いごく・いごっ・うごっ 「動(いご)っ胎児(こ)が 大儀(て)せ臨月腹(どんばら)い 活(か)つ入(い)れっ [諸木小春]」
動かす:いごかす・いごかすい・いごかすっ
動かない:いごかん
動き出した:いごっでた 「動(いご)っ始(で)た 汽車が涙(なんだ)ん 栓ぬ抜(に)っ [津留見一徹]」
動き出す:いごっだす・いごっでっ
動け:いごけ 「寒(さ)み言(ちゅ)亭主(と)て 動(いご)けち箒(ほ)くば あてご女房(かか) [猪八重一子]」
憂さ晴らし:ほけだし 「湯気(ほけ)出(だ)しち 退職(やめ)たや女房(かか)が 出(で)っ歩(さ)れっ [小森寿星]」
:べぶ 「女房(かか)ん方(ほ)が 良(よ)か値(ね)がすそな 牛(べぶ)ん市(いっ) [津留見酎児]」
牛飼い:うしけ
牛小屋:べぶごや
牛の飼育:べぶやしね
氏神:うっがん
氏神様:うじがんさあ・うっがんさあ 「新(に)か御幣(しべ)い 氏神様(うじがんさあ)も 晴(は)れをしっ [小森寿星]」
後ろ:うしと 「負け力士 後姿(うしとすがた)が 小(こ)む見(み)えっ [桜井末雄]」
後ろに:うして 「遅(お)せ運転(まく)い 抜(ぬ)こいも後(うし)て パトが付(ち)っ [吉岡道場]」
後ろ前:うしとまえ 「後前(うしとまえ) 亭主(とと)んパンツい 勘(かん)ぬしっ [永徳天真]」
薄い:うし・うしか・うすか 「薄(う)し眉毛(めげ)を 婆(ば)あマジックで 書(か)っ足(た)せっ [柳村遊月]」
薄く:うす 「女将(ママ)は濃(こ)ゆ 女房(かか)は薄(う)すすい 焼酎(しょちゅ)加減 [片平桜子] 」
薄気味悪い:きぞがわり・きぞんわり 「借(か)い相談(そだん) 気味(きぞ)が悪(わ)りごっ 世辞(め)す吐(か)えっ [松元清流]」
薄暗い:うすぐれ・うそぐれ 渦巻く:ぎぎゆめっ 「日本丸 期待と心配(せわ)が 渦(ぎぎ)ゆ巻(め)っ [津留見一徹]」
嘘を言う:うそをひっ
嘘つき:うそひいごろ・うそひいぼ
歌う:うと・うとっ 「稽古(けこ)が入(い)っ 若鶯(でっち)も日増(ひま)し 上手(じょ)し歌(う)とっ [永徳天真]」
歌える:うたゆい
歌った:うとた
歌に:うて 「胡麻擂(ごます)いが 課長(かちょ)ん呆(ぼ)え歌(う)て プロち言(ゆ)っ [堂園三洋]」
疑い:うたげ
疑う:うたご・うたぐい・うたぐっ 「一点の 曇(くもい)も無(な)かて 疑(うた)ご女房(かか) [澤津乙名]」
転寝(うたたね):いどこね 「介護疲(だ)れ 転寝(いどこね)女房(かか)い 陰でご礼(れ) [花園ちづ]」
転寝する:つるっすっ・つるつるっする 「つるっした 赤子泣かせん 選挙カー [津留見一徹]」
うだつが上がらない:うだちゃあがらん・うだっがあがらん・ほけがあがらん・ほけんあがらん
打ち明ける:うっちゃけっ・うっちゃくい 「胸(むね)ん内(う)つ酔漢(とら)あ電柱(でんちゅ)い打(う)っ明(ちゃ)けっ [福冨野人]」
打ち上げ:うっちゃげ
打ち出し:うっでっ 「見てくれち 臍(へそ)も打(う)っ出(で)っ 女子ゴルフ [盛岡淑平]」
打たない:うたん
打たれる:うたるい・うたるっ 「女房(かか)ん愚痴(ぐ)ちゃ 滝い打(う)たるっ 修行(しゅぎょ)い似(に)っ [河原武庫の花]」
打ち込む:うっくん・うっこん 「パチンコん 穴(あ)ね打(う)っ込(こ)んだ 家屋敷(いえやしっ) [松元清流]」
打ち損じる:うっはじっ・うっぱずし
打ち壊す:うっくやす
打ちつつ:うっかた 「よか説教(せっきょ) 相槌(えは)を打(う)っかた つん眠(ねぶ)っ [中間紫麓]」
打つ:うっ・うったくい・うったくっ・くらわすい・くらわすっ 「歯痒(が)いどん 借(か)った引け目ん 相槌(えは)を打(う)っ [凡骨]」
内気な人:いめじん 「内気者(いめじん)の 割(わ)いな美人(シャン)ぬば 女房(かか)いしっ [西ノ園ひらり]」
内股:うっがん
内股膏薬:またばいのこうやっ・またばいのこやっ 「股座(またばい)の 膏薬(こや)く両方(まんぼ)で 票(ひゅ)い積(つ)もっ [樋口一風]」
団扇:うっば 「寝せつくっ 親ん団扇(うっば)が 先(さ)き止まっ [小倉水甕]」
美しい:うつくしか・きれいか・みごっか・みごて 「女房(かか)よっか 綺麗(みご)て人(と)が多(う)け ニューハーフ [塚田黒柱]」
俯く:くるじっ・くろじく・くろずっ・くろんずっ 「俯(くろじ)って 涙(なんだ)を隠(か)きた 悪戯坊主(われこっぼ)
疎い:うて・うとか 「疎(う)て真似で 振込(ふいこ)ん詐欺を 手玉(てだ)め取(と)っ [倉元天鶴]」
:うなっ・おなぎ 「倹(つま)し女房(かか) 鰻(うなっ)のタレで 一食(ひとかたっ) [西ノ園ひらり]」
唸る:うどめっ・うない 「四十肩(しじゅかた)が 浴衣を着(き)かて 呻吟(うど)めちょっ [安田踊い子]」
鵜呑み:ぐのん 「親よっか ネットん言事(ゆこ)つ 鵜呑(ぐの)みしっ [池上歌子]」
:うんま・んま 「娘(おご)ん匂(か)ぜ 馬(うんま)ん骨が 付(ち)っまとっ [津留見一徹]」
馬面:うんまづら 「顔(つら)ん丸(ま)い 赤子(あかご)を産(う)めち 馬面(うんまづら) [有川八味]」
美味い:うめ・うんめ・うんまか・んまか
上手い:じょし
上手く:じょじ 「夫婦喧嘩(みとげんか) 長生(ながい)くすれば 上手(じょ)じけなっ [牛留美峰]」
上手くなる:けこがいっ 「稽古(けこ)が入(い)っ 若鶯(でっち)も日増(ひま)し 上手(じょ)し歌(う)とっ [永徳天真]」
埋まる:いかっ・うずまい・うんもるっ 「肥満(だんべ)嬶(かか) パンツん紐(ひも)が 腹(は)れ埋(い)かっ [田車]」
埋める:うずむっ・いくっ・うんめる
生まれる:うんまるい・うんまるっ・けるる・けれる 「予定よい 早(は)よ出産(け)れた児(こ)が 優良児 [大迫純泉]」
生む・産む:うん
:うん 「久(さ)しか振(ぶ)い 目の保養(ほよ)じゃった 海行楽(うんでばい) [津留郡志]」
:うんめ・んめ
梅干:うんめぶし・うんめぼし
裏返し:うらがえしんめ・けしんめ・さかしんめ 「朝寝坊(あさねごろ) シャツを裏返(けしん)め 駅(え)き走(はし)っ [津曲とっこ]」
占い:おせん・うらかた
占い師:おせんとい・うらかたし 「占師(おせんとい) あとは金(ぜん)次第(しで) じゃち吐(か)えっ [書川水平]」
裏庭:せどや 「上戸(じょご)宅(げえ)ん 家裏(せどや)い小積(こづ)だ 一升瓶(いっしゅびん) [小森寿星]」
恨む・恨み:うらん 「リストラん 恨(うら)んが密告(まね)た 裏帳簿(うらちょうぼ) [岩崎美知代]」
羨む:そのむ・しょのん 「隣(つ)ぐ訪(こと)い 美人(シャン)のヘルパを 爺(じ)が妬(しょの)ん [植村聴診器]」
売り買い:ういけ 「値切(ねぎ)い過ぎ 売買(ういけ)ん最中(さな)け 掴(つか)ん合(よ)っ [津留見一徹]」
売り切れる:ういきるっ・ういきれっ 「売(う)っな言(ちゅ)う 本な直(いっ)き 売(う)い切(き)れっ」
売り払う:うっぱる・うっぱるっ・ういはるっ・ういはろ 「子宝が 家屋敷(えやし)く全部(ずるっ) 売(う)い払(は)るっ [小森寿星]」
売る:うい・うっ 「田舎店(いなかみせ) 郷中(ごじゅ)ん噂(うわさ)も 混(ま)ぜて売(う)っ [新開 譲]」
売れない:うれん 「売れん店(み)せ 招っ猫どま 塵(ごん)くろっ [上山天洲]」
売れ残り:うれのこい・うれのこっ
売れる:うるい・うるっ・うれっ 「娘(おご)と野菜(やせ) 見かけが良(よ)かた 先(さ)き売(う)れっ [仮屋一発]」
煩い:うぜらし・きっせからし・せからし・せわし・やぞろし 「夏休(なっやす)ん 子供(こ)よか煩(うぜ)らし 母親(はほ)んヒス [有村土栗]」
煩く:やぞろしゅ・せからす 「助手席(じょしゅせっ)で 煩(やぞ)ろしゅ叫(お)らっ 女房(かかあ)ナビ [おんじょどい]」
潤む:ほとびっ 「ほとびって 皺が伸びたか 風呂上(あ)がい [佐伯山神]」
嬉しい:うれし・うれしか 「来(き)て嬉(うれ)し 帰(もど)ったやなお 嬉(うれ)し孫(まご) [那加野黎子]」
嬉しく:うれしゅ・うれす 「足湯でん 美人(シャン)と混浴(こんよ)か 嬉(うれ)しゅなっ [堂園三洋]」
:いこ 「担売(いねう)い婆(ば) 鱗(いこ)で秤(ちき)ゆば ちょろまけっ
上の空:うわんそら
:ふ
運がいい:ふがえ・ふのえ・ふがよか・ふのよか 「俺(おい)がよな 良か虫が付(ち)て 運(ふ)の良(え)女房(かか) [永田酒楽]」
運が悪い:ふがわり・ふのわり・ふがわいか
運転する:まくい・まくっ 「遅(お)せ運転(まく)い 紅葉(もみ)ず若葉(わかば)が 叱(く)るたくっ [花園ちづ]」
うんと:ずし 「実家(さと)土産 重(お)び荷じゃっ言(つ)が 沢山(ずし)貰(も)ろっ [前野一合敏]」


前のページに戻る ページのトップへ戻る