鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第695号 6月号

雑吟     永徳天真選

一番槍 食堂(しょくど)なあ 直(いっ)き潰(つぶ)るい 女房(かか)ん料理(じゅい) [工藤天然]
二番槍 どこそこち 片付けた日にゃ 誰(だい)も来(こ)じ [折田さくら]
三番槍 よいなこっ 着たLサイズ 脱(ぬ)がならじ [吉岡道場]
四番槍 どこずいが 度忘れじゃいか 心配(せわ)な亭主(とと) [新地十意]
五番槍 敬老(けいろ)席(せ)き 若(わ)け奴(と)が狸(たぬっ) 寝入(ねい)ゆしっ [原田菊男]
六番槍 長(な)げ入院(にゅいん) 女房(かか)ん味噌汁(おっけ)が 恋(こい)しゅなっ [澤津乙名]
七番槍 脂鶏(あぶらどい) じゃが言(ちゅ)た医者も 肥満腹(だんべばら) [津留見一徹]

渋柿集

中村雲海 親よっか ケータイ電話 頼(たよ)いしっ
パソコンも メールも出来(でけ)ん 錆食(さっく)れ脳(の)
チャンネルを 替(か)ゆれば何処も AKB(エーケービ)
よいなこっ 嫁(い)っち決めたで 荷が下(お)りっ
幽霊は 八十(はっじゅ)いなろが 恐(おと)ろしゅし
有川南北 教頭ち 聞(き)たや諭吉(ゆき)つば 透(す)けっ見(み)っ
行楽(でば)ろにも 高(た)けガソリンが 足(あ)す引張(そび)っ
朝帰(あさもど)い 疲(だ)れやしつろち 吐(か)やす女房(かか)
魚(いお)ん方(ほ)が 頭(びんた)が良(ゆ)して 今日(きゅ)も釣(つ)れじ
背(せ)な禿(はげ)ん 鼠(ねず)み猫どま 馬鹿(ば)けされっ
弓場正己 金欠病(きんけっびょ) いかな名医も 効(しょ)をうたじ
会費をば 見て欠席(けっせっ)の クラス会
伸(の)びっとは 爪ばっかいで 髪(かん)な無(の)し
走攻守(そうこうしゅ) 全部(すっぱい)揃(そろ)た 恐(わざ)い女房(かか)
研修医 握ったメスを 取(と)い落(お)てっ
堂園三洋 可愛(むぞ)かこっ 将来(やが)っの夢は AKB(エーケービ)
写真撮影(と)や 一等場所ん 美人(シャン)の側(そば)
宿敵(しゅくてっ)ち 女房(か)け抗(む)こたどん また負(ま)けっ
心配(せわ)らしか S字い歩(あゆ)ん 飲んだくれ
女房(かか)ん胸 地球(ちきゅ)ん引力(いんりょ)き ずん垂(だ)れっ
永徳天真 先頭が ゆるいと過(す)ぎっ 数珠繋(じゅずつな)っ
悪口(あっご)をば 得知(えし)れん事(こっ)ち 婆(ばば)が叱(が)っ
デパ地下で かっとしゅ試食(ししょっ) 腹一杯(はらいっぺ)
蠅(へ)も滑(す)べろ つるんつるんの 見事(みご)て禿
きみまろショ 顎が外(はず)るい 目い笑(わ)るっ
樋口一風 イケメンの 婿せえ義母(かか)も 妙(す)だ気分
快気祝(かいきゆえ) 菓子よか焼酎(しょちゅ)を リクエスト
優(な)ち顔(つら)で 罰金(ぜん)なガッガッ 鼠(ねずん)捕(と)い
豆腐(おかべ)売(う)い 一度(いっど)買(こ)たなあ 今日(きゅ)も叫(おろ)っ
メタボ女房(かか) 狂(く)る筈(は)じゃなかて 秤(ちき)い小言(ぐぜ)

山椒集 題「小言(ぐぜ)」     有川南北選

多(う)け小言(ぐぜ)い 与党(よと)ん舵(かっ)取(と)い 堪(の)さん首相(しゅしょ) [大西学老]
レコードが 故障(こしょ)をしたよな 女房(かか)ん小言(ぐぜ) [諸木小春]
多(う)け小言(ぐぜ)も 耳(みん)にな栓で 姑(かか)を看(み)っ [西 幸子]
五客一席 上役(うわやっ)の 小言(ぐぜ)を聞(き)っとも 給料(はれ)ん内(うっ) [澤津乙名]
五客二席 親が言(ゆ)た 小言(ぐぜ)をば今じゃ 子供(こど)み言(ゆ)っ [江口紫朗]
五客三席 今日(きゅ)はゴルフ 女房(かか)ん小言(ぐぜ)どま 聞(き)っ流(な)げっ [西ノ園ひらり]
五客四席 小言(ぐぜ)ん多(う)け 婆(ばば)い子供(こどん)も 寄(よ)い付(つ)かじ [山路野菊]
五客五席 嫁ん料理(じゅ)い 甘(あ)めの辛(か)れのち 堪(の)さん小言(ぐぜ) [吉岡道場]
選者吟 小言(ぐぜ)も出(で)ろ 金(ぜん)の無(な)かとけ 多(う)け出費(だしめ)

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

親父(おやっ)似(に)の ミサイル好(ず)っな 横道(おど)な若者(にせ) [満吉満秀]
絆(きずな)言(ちゅ)が いっこ渉(さば)けん 瓦礫(がれっ)処理 [福冨野人]
少子化か 鰻(うなっ)の子供(こど)が がらっ減(へ)っ [中間紫麓]
四天王一席 政治家が 維新の会に 尻尾(しいぼ)振(ふ)い [原田菊男]
四天王二席 国会(こっか)ゆば 空転さすい 消費税 [井手上政暎]
四天王三席 ちぇすと行け 薩摩乙女(おごじょ)も 甲子園 [吉岡道場]
四天王四席 立(た)っ枯(が)れっ 一本松(いっぽんまっ)が 海(う)む睨(ねぎ)っ [有馬純秋]
選者吟 安(や)しビーチ 諭吉(ゆきっ)一枚(いっめ)で 往復(いっもどい)

郷句相撲 星取表 題「今度(こんど)」

横綱(東) 今度どま 今度どま言(ちゅ)う 呆(ぼ)え政治 [伊地知 孝]
横綱(西) また今度 言(つ)たない顔(つら)も 出(だ)さん嫁 [上薗佳笑]
大関(東) 今度くさ 出(で)っ行(じ)こ思(と)もが 気細(きぼ)せ金(ぜん) [満留ぐみ]
大関(西) 今度どま 良(よ)か返事(へし)が欲(ほ)し 長男(すよ)ん見合(みえ) [江口紫朗]
関脇(東) 女系統(じょけいすっ) 今度(こん)だ今度(こん)だち 最早(もへ)三女 [諸木小春]
関脇(西) 男児(おとこ)をば 今度(こん)だ今度(こん)だち 姫(ひめ)五人 [樋口一風]
小結(東) 返事(へ)じゃ良(よ)かが 今度今度ん 修繕(かがい)大工(でっ) [新地十意]
小結(西) 郷中(ごじゅ)相撲(ずも)い 今度(こん)だ俺(おい)じゃち 痩(や)せが出(で)っ [上山天洲]
筆頭(東) 今度くさ 禁煙(やむ)っち言(ゆ)たが 三日坊主(みっかぼし) [山元自在鉤]
筆頭(西) 見合(みえ)話(ばな)し 今度(こん)だ落(お)とそち 娘(こ)はエステ [工藤天然]
二枚目(東) 今度限(ぎ)い 浮気はせんち 女房(か)け土下座 [入来創雲]
二枚目(西) 今度くさ 鯉幟(のぼい)思(と)もたて また雛御(ひなじょ) [市来流星]
三枚目(東) 今度どま 言(ちゅ)奴(と)で儲(も)けちょっ パチンコ屋 [有馬純秋]
三枚目(西) 今度限(ぎ)い 言(ちゅ)てけ酔(よく)ろた 負け箸戦(なんこ) [西迫順風]
四枚目(東) 今度くさ 課長(かちょ)じゃ言(ちゅ)われっ 又(また)も平(ひら)西ノ園ひらり
四枚目(西) 今度どま 合格(うか)れち家族中(けねじゅ) 梅ケ渕(うめがふっ) [原田菊男]
五枚目(東) 赤(あ)け糸い 今度(こん)だごろいと 掴(つか)ん付(ち)っ [西 幸子]
五枚目(西) ギャンブルい 今度(こん)だ今度(こん)だで 深(ふ)こ填(は)まっ [萬福平次]
六枚目(東) 今度限(ぎ)い 言(ちゅ)て借(か)いけ来(き)っ 返(もど)しゃせじ [満留ぐみ]
六枚目(西) 馬ん次(つ)ぎゃ 今度(こん)だ背負(かる)えち 眠(ね)び駄々(やから) [福冨野人]
七枚目(東) 今度どま 栄転(ゆえ)ち思(おも)たて 肩叩(かたたた)っ [澤津乙名]
七枚目(西) 十回目 今度限(ぎ)いじゃち 見合(みえ)をしっ [井手上政暎]
八枚目(東) 見合(みえ)ん席(せっ) 今度(こん)だ嫁(い)っ気い なった娘(おご) [佐伯山神]
八枚目(西) 郷中(ごじゅ)ん役(やっ) 今度迄(ずい)言(ちゅ)っ また背負(かる)っ [満吉満秀]
親方吟(東) 今度くさ 生(い)きれちエール ちびイルカ [吉岡道場]
親方吟(西) 今度(こん)だ1(い)ちゃ 無(な)かち持(も)っきた 通知表 [石塚律子]

薩摩郷句作品集(薩摩狂句集「ほとくい」より抜粋)

古藤初恵 湯治(と)じ行(い)こち 嫁ん電話い 嬉(うれ)し泣(な)っ
姑御(しゅとじょ)ん目 家(え)ん隅々(すんずん)ぬ 撫(な)でまえっ
口(くっ)の重(お)び 亭主(とと)と日の長(な)げ 寒(かん)の入(い)い
小松鈍骨 馬面(うんまづら) 円(まる)か鏡(かがん)ぬ こぼれ出(で)っ
七五三 腹(は)れにゃも一人(ひとい) 宮参(みやまい)い
わぜ鼾(いびっ) 敷居の障子(しょし)も 震(ふ)るでけっ
境 戸緒流 見(み)ちょい方(ほ)が 心配(せわ)な左利(ぎっちょ)ん 包丁(ほちょ)捌(さば)っ
病人ぬ 叩(た)てちゃ叫(お)れじょい 祈祷(きっね)養生(よじょ)
ツアんバス 小便(しべん)袋が 停(と)めどえっ
境田西隆 稚児武者は 親ん背中で 鼾(いび)きょけっ
良(よ)か声ち 褒(ほ)むれば孫は また歌(うと)っ
昼(ひい)の間(ま)は 空気を運(はこ)っ 過疎んバス
崎山典子 婆(ば)が逝(い)たっ 実家(さと)は義姉(あねじょ)ん 天下(てん)けなっ
妙(す)だこっじゃ 他人(ひと)ん女房(おかた)を ほめどえっ
姑(か)け泣(ね)たち 言(ゆ)かたで我(わ)がは 嫁(よ)め当(あ)たっ
迫 藤子 肌持(はだも)っが 良(よ)かや浮気ん 虫が出(で)っ
女(おなご)世帯(じょて) 玄関番(ふんごんばん)に 男下駄
魚(いお)釣(つ)いが 酢味噌も乗(の)せっ 舟を出(で)っ
佐土原 隆 父(ちゃん)頑張(きば)れ 一度(いっど)どま勝て 夫婦(みと)喧嘩
泣(な)っけ来た 娘(こ)をば稲扱(いねこ)ぎ 使(つ)こたくっ
返済(もど)さんじ はっ逝(ち)た友達(ど)しも 義理(ぎい)の香典(ひで)
実方天声 水鏡(みっかがん) 棚田(たな)で千枚(せんめ)ん 月(つ)く宿(や)でっ
杓子(しゃくし)顎(あ)げ こてんこてんに 食(く)た連打
尺玉(しゃっだま)ん 花火(ひやな)が天ぬ 破裂(はじ)っ割(が)っ
鮫島 繁 横柄(おへ)い道(み)つ 聞(き)っでじゃね道(み)つ 教(いっか)せっ
長(な)げ病気(やんめ) 気放(きほ)じい外(そと)い 出(で)ろごちゃっ
新茶煎(い)い 木戸ん馬場ずい 匂(かざ)が舞(も)っ
三條風雲児 横綱ん 意地大胡坐(おおあぐ)れ 賜杯(しは)ゆ抱(で)っ
鵜呑(ぐの)みした 餅(も)ちゃ胃の中で ほうほしっ
味噌搗(みそつ)っが 郷中(ごじゅ)ん噂を 語(かた)いとっ
篠原キミエ 西瓜(すか)を切(き)い 母親(かか)ん手元い 子が集(たか)っ
座持(ざも)っ女房(かか) 尻(し)ゆ鉾立(ほこた)てっ 馬鹿踊(おど)い
美人(シャン)の女房(か)け 何(ない)の不足(ふそっ)か 浮気亭主(とと)
下栗妙子 新(に)か夫婦(みと)い 動悸(とため)た昔(むか)しゅ 思(お)め出(だ)せっ
湯上(ゆあ)がいの 衿足(えいあ)し残(のこ)い 硫黄(いお)ん匂(かざ)
外面が 良(よ)かしこ家(うっ)じゃ 女房(か)け当(あ)たっ
下小薗客馬車 病室(びょうしっ)も 力(あや)ん無(ね)屁から 夜が明(あ)けっ
議員どん 引退(ひ)たや猫背も ひん治(なお)っ
通夜ん座い 上戸(じょご)とてのだや 立(た)ちゃならじ
下本地郷二 鬼婆(おんばば)も 極楽(ごくら)き行(い)こち 数珠(じゅ)ず握(にぎ)っ
盛塩(もいしお)で 蝶々(ちゅちゅ)が助平を 待(ま)っちゃげっ
精霊(しょろ)ん蜻蛉(ぼ)い 乗(の)っ戻(もど)ったや 後妻(あと)が居(お)っ
菖蒲谷天道 布巾(ふっの)をば 被(かぶ)っ牡丹餅(ぼたも)ちゃ 隣(つ)ぎ走(はし)っ
霜氷(しもがね)い 柄杓(くしゃ)く取られた 水甕(はんずがめ)
離島(しま)い医者 犬(いん)ずい迎(む)けめ 浜(は)め下(くだ)っ

その他の秀句 (順不同)

土産屋と 手組(てぐ)んじょいよな バスツアー [楠八重渓流]
産声ん 元気が部屋を 突(つ)っ抜(ぬ)けっ [入来創雲]
爺(じ)も婆(ばば)も 監督(かんとっ)口調(くちょ)ん 甲子園 [中間紫麓]
親馬鹿を 卒業(そっぎょう)出来(でけ)ん ざまな財布(ふぞ) [西 幸子]
百薬(ひゃくやっ)の 長(ちょ)を飲(の)んじょって 煩(うぜら)しゅし [おんじょどい]
門限ぬ 娘(こ)いな厳(きび)しが 朝帰(あさもど)い [新地十意]
孫が来(き)っ 顔(つら)とめ財布(ふぞ)も 緩(ゆ)るけなっ [上山天洲]
助手席(じょしゅせっ)で ほらほらち言(ゆ)う 妻(か)け切(き)れっ [上薗佳笑]
女房(うっかた)で 白黒が付(ち)た 町議選 [津留見一徹]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top