鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第615号 10月号

雑吟     塚田黒柱選

一番槍 神様(かんさあ)も 自爆(じばっ)テロをば 叱(が)いきらじ [今釜三岳]
二番槍 亭主(て)しゃ弁当(べんと) 女房(かか)ん昼飯(ひいめ)しゃ レストラン [大迫三ツ葉]
三番槍 義理(ぎい)の見合(みえ) 相手(えて)も義理(ぎい)じゃち きっ吐(か)えっ [田代勝泉]
四番槍 借(か)い貰(も)れち 分(わ)かちょい娘(こ)い また貸(か)せっ [松元清流]
五番槍 好(す)っ嫌(き)れを 言(ゆ)しこ皿数(さらか)じゃ 並(な)るじょらじ [石塚律子]
六番槍 損ぬして 得(と)くば取(と)れ言(ちゅ)が 損な損 [平中小紅]
七番槍 女日芝(ほとくい)が 万歳(ばんざ)ゆしちょい 無精(ふゆ)が農業(さっ) [森山厚香]

渋柿集

三條風雲児 こん頃(ごろ)ん 案山子(おど)しゃ綴(つづ)れを 着(き)ちゃおらじ
蕎麦掻(かっぞま)を 御馳走(ごっそ)ち食(か)せた 時代(じで)もあっ
兄弟(きょで)諍(いさ)け 成仏(じょうぶ)ちゃ出来(でけ)ん 二子山(ふたごやま)
五十五年(ごじゅごねん) まだペン胼胝は 指(い)び残(のこ)っ
血の滲(にじ)んよな 苦労(くろ)誰(だい)も 分(わ)かやせじ
有川南北 事件(こと)ん度(か)し 専門家ちゅが しゃしゃい出(で)っ
食(く)ちゃごろっ 何(ない)が痩(や)せもそ 女房(おかた)さあ
呉(く)る言(ちゅ)てん 貰(も)ろても無(ね)よな 車(くい)め乗(の)っ
考(かん)げてん たかが知(し)れちょい 呆(ぼ)え頭(びんた)
婆(ば)が踊(おど)っ 若(わ)け衆(し)が観みちょい 敬老(けいろ)ん日
塚田黒柱 整理どん ことろしゅすっで 見(み)しからじ
待(ま)っつけた 楽(たの)しまあっち 間(こ)めけ済(す)ん
下戸相手(えて)じゃ 調子(おだめ)が合(お)わじ 酔(よく)ろわじ
マネキンの 服(ふ)く試着(しちゃ)くすい 良(よ)か度胸
飢(ひだ)り衆(し)の 事(こ)ちゃ頭(びん)て無(の)し 吐(は)っめ食(く)っ
堂園三洋 ストレスが 家(うっ)でも蓄積(たま)い 女房(かか)天下
こらいかん 朝っぱらかい 転倒(はんと)けっ
俺(お)ゆば向(む)っ あんシャラポアが 投げキッス
良(よ)か名をち 親い頼んだ 臨月腹(とつっばら)
痩(や)せごろは 電柱(でんちゅ)ん陰で ちょっ加減
植村聴診器 昨日(きぬ)は昨日(きぬ) 今日(きゅ)は今日(きゅ)でまこて 金(ぜん)も要(い)っ
育休を 父親(ちゃん)がとってん 児(こ)が嫌(き)ろっ
白無垢で 嫁(い)たてぐらしか 姑(しゅと)い染(そ)ん
秋風(あっか)ぜな かったそぐわん 苦瓜(ごい)の料理(じゅい)
台風(うかぜ)予報(よほ) 寝酒をば少(ち)す 持(も)っ避難
岩崎美知代 まだ何度 謝れば済(す)ん 戦後処理
有(あ)ればくさ 揉(も)むい美田が 兄弟(きょで)を裂(せ)っ
団体で 旨(うん)まか田んべ 雀(と)や漁(あせ)っ
秋桜(コスモス)を 口実(だ)し飲(の)ん方(かた)ん 触(ふ)れが来(き)っ
切(き)い開(ひ)れっ 見て見(み)ろごちゃい 病(やんめ)ん巣

山椒集 題「隣(とない)」     有川南北選

隣(とな)や誰(だい) じゃいかも知(し)たじ 十年(じゅねん)住(す)ん [栫 路人]
隣(つ)ぎゃ鰻(うなっ) 我家(やど)あ目刺しの 換気扇 [楠八重渓流]
何様(ないさあ)か 隣(とない)の嫁女(よめじょ) 挨拶(えさ)ちゃせじ [森山厚香]
五客一席 何(なん)言(ちゅ)えば 隣(とない)の主人(て)すば きし褒(ほ)めっ [江平光坊]
五客二席 隣(つ)ぎゃ喧嘩 テレビも消(け)せっ 耳(み)む立(た)てっ [平中小紅]
五客三席 私宅(やど)なんだ 隣(つっ)の車庫よけ まだぼろ家(え) [上籠若菜]
五客四席 垣根(かっね)越(ご)し 野菜(やせ)が往来(いっき)を すい隣(とない) [種子田 寛]
五客五席 朝帰(あさもど)ゆ 隣(とない)の奥方(こじゅ)が言散(ゆち)らけっ [新地十意]
選者吟 酔醒(えざ)めたや 見知(みし)たん奴(わろ)が 隣(とな)い寝(ね)っ

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

三十年(さんじゅねん) 後(あ)て牙を剥(み)っ アスベスト [坂元鶴山]
たった五票(ごひゅ) 総理ん首(くっ)も 皮(かわ)一枚(いっめ) [岩崎美知代]
肝付(きもつっ)の 空(そ)れ衛星(えいせ)ゆば 打(う)っ上(ちゃ)げっ [久保山三蔵塚]
四天王一席 少子化で 老(ふ)け放題(ほで)老(ふ)くい 長寿国(ちょうじゅこっ) [稲留明天]
四天王二席 談合(だんご)をば 仕事(しご)ちしちょった 天下(あまくだ)い [江口紫朗]
四天王三席 取(と)い易(や)しで 増税(ぞうぜ)やいっも 月給(げっきゅ)取(ど)い [郷田悠々]
四天王四席 楽天ち 名前が恥(げん)ね 大(ふ)て借金(おっか) [上薗佳笑]
選者吟 合併で 忘(わす)れちゃ困(こま)い 隅(すん)くじら

郷句相撲 題「躍起(やんき)」

横綱(東) 靖国(やすくん)ぬ 隣(つっ)の国(くん)どが 躍起(やん)きなっ
横綱(西) 子を戻せ 母親(はほ)が躍起(やんき)い 叫(おら)っ事故
大関(東) 拉致家族(かぞっ) 躍起(やんき)も首相(しゅしょ)は 呆(ぼ)え反応(はんの)
大関(西) 鼻ん差い 騎手は躍起(やんき)い 鞭(む)つ入(い)れっ
関脇(東) 郵政法(ゆうせいほ) 首相(しゅそ)は面子で 躍起(やん)きなっ
関脇(西) あと一歩 躍起(やんき)い叫(おら)っ 選挙カー
小結(東) 生(う)まるれば 躍起(やんき)立(た)とすい 強(つ)え子牛(こべぶ)
小結(西) 良(よ)か縁談(はなし) 娘(おご)よか親が 躍起(やんき)なっ
筆頭(東) 子は自動車(くい)め 親共(ど)ま躍起(やんき) 玉弾(はじ)っ
筆頭(西) フラダンス ちょくれば躍起(やんき) 振(ふ)いたくっ
二枚目(東) バイキング 元をば取(と)ろち 躍起(やんき)食(く)っ
二枚目(西) 郷中(ごじゅ)ん集会(よい) 躍起(やんき)吠(ほ)えちょい 反対派
三枚目(東) 寝(ね)ちょい女房(か)け 躍起(やんき)言訳(いわけ)ん 午前様(ごぜんさあ)
三枚目(西) 輪(わ)入(い)れ競争(きょそ) 躍起(やんき)いなれば 尚(なお)入(い)らじ
四枚目(東) 躍起(やん)きなっ 女房(かか)い抗(む)こたが ひん負(ま)けっ
四枚目(西) 課長(かちょ)を前(ま)へ 酔(よく)れは躍起(やん)き 掘(ほ)いでけっ
五枚目(東) 負け箸戦(なんこ) 躍起(やんき)ん対抗(む)こちゃ 飲(の)まされっ
五枚目(西) 靖国い 首相(しゅしょ)は躍起(やんき)も 詣(い)こち言(ゆ)っ
六枚目(東) 夫婦(みと)争(いさ)け 両方(まんぼ)で躍起(やん)き 昔(むか)しゅ言(ゆ)っ
六枚目(西) 夏休(なっやす)ん 親が宿題(しゅくだ)い 躍起(やん)きなっ
七枚目(東) 出来(でけ)ん子を 躍起(やんき)も叱(く)るた 教育(きょいっ)ママ
七枚目(西) 出来(でけ)た婚 言訳(ゆわ)け躍起(やんき)な 若(わ)け二人(ふたい)
八枚目(東) そら走れ 馬場中(ばばじゅ)が躍起(やんき) 対抗(たいこ)リレ
八枚目(西) 縁台(ばんこ)将棋(しょっ) 周囲(ぐるい)が躍起(やんき) 口(く)つ出(だ)せっ
親方吟(東) 躍起(やっ)きなっ 嫁(い)こ言(ちゅ)出(で)た時(と)か 縁談(はな)しゃ無(の)し [岩崎美知代]
親方吟(西) テスト前 目覚(めざま)しゃやんき コーヒ飲(の)ん [植村聴診器]

その他の秀句 (順不同)

金(ぜん)どんち 無(ね)てん良(よ)かよな 涼(すず)し言様(ゆよ) [今釜三岳]
孫が来(き)っ 終(し)めな逆立(さかだ)つ した財布 [上籠若菜]
飲(の)ん方(かた)あ 昼(ひい)も良(え)晩な なお美味(うも)し [池上黒ぢょか]
セクハラち 言(ゆ)たや驚(たまが)っ 手を放(は)ねっ [山田竜生]
好(す)っじゃっち 言(ゆ)わん間(こ)め逝(い)た 女房(かか)い後悔(くけ) [宮下珍竹]
兎(うさっ)小屋(ご)へ 別荘(べっそ)を買(こ)えち 馬鹿電話 [諸木小春]
見たぶんで 蚊も見限った 痩せ老爺(おんじょ) [福冨野人]
漫画しか 読(よ)まんて趣味は 読書言(ちゅ)っ [諸木小春]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top