鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第604号 11月号

雑吟     塚田黒柱選

一番槍 割勘(わいかん)で 愚痴(ぐぜ)も小言(こごっ)も 聞(き)かされっ [弓場正巳]
二番槍 ブーム言(ちゅ)が 甘藷(かいも)は甘藷(かいも) 貧乏(びんぶ)農業(ざっ) [今釜三岳]
三番槍 昼寝中(ひんねちゅ)ん 電話(でん)うぇトーンぬ 上(あ)げっ出(で)っ [諸木小春]
四番槍 寒(さ)み晩な 余計(じんじ)飲(の)んでち 飯(め)しゅば出(で)っ [北村虎王]
五番槍 鯛(て)あ知(し)たじ 宅(やど)ん焙(あぶ)い子(こ) 地金(じが)ねなっ [小森寿星]
六番槍 総入歯(がんぶ)ゆば 外(は)じっ味(あ)ずみた 土瓶蒸し [川村 明]
七番槍 帰(もど)っ言(ちゅ)で もへやち言(ゆ)たや また座(すわ)っ [上山天洲]

渋柿集

三條風雲児 焼酎(しょちゅ)ブーム 澱粉工場(こう)べ 薯(いも)が来(こ)じ
マラソンな 日本の娘(おご)い 歯あ立(た)たじ
フジヤマん 女(おなご)飛魚(とっび)い 故郷(くん)な沸(うぇ)っ
日の丸を 柔道(じゅうど)はアテね 揚(あ)げどえっ
稲ん花 くずれ台風(うかぜ)が 吹(ふ)っちぎっ
有川南北 娘(おご)神輿 太腿(もも)ん色気い 目が眩(くら)ん
島(しま)勤務(づとめ) 帰(あが)っ来(く)っ時(と)か 子が土産
よか物(もん)な 食(か)んて秋口(あっぐ)ち また肥(こ)えっ
休日(きゅうじ)ちな いっもごろ寝ん ビール腹
寝返れば 肉塊(にっ)が従(ち)てくい ビール腹
塚田黒柱 遣(つ)こわんで 良(よ)か気を遣(つ)こで なお禿(は)げっ
飲(の)ん暇は 無(な)か言(ちゅ)た奴(わろ)と 遭(お)た飲屋(のんや)
赤提灯(あかちょちん) 下戸いなただん 赤(あ)け提灯(ちょちん)
混浴(こんよっ)で 美人(シャン)と行(い)っ合(きょ)た ためしゃ無(の)し
妻(かか)は旅(たっ) 一人(ひとい)暮らしの 稽古(けこ)もしっ
堂園三洋 時差ぼけち 縁の無(ね)言葉 貧乏(びんぶ)世帯(じょて)
脳味噌ん 腐敗(ねまい)じゃろそな 物忘れ
ダイエット 栄養失調'えいよしっちょ)か 髪(け)が抜(ぬ)けっ
飲(の)ん平(べ)亭主(て)しゃ お菓子と団子(だご)は 見(み)いもせじ
見え見えん お世辞で迫(せま)い 保険勧誘(とい)
植村聴診器 少子化で 爺婆(じばば)と合同(ひと)ち 運動会(うんどかい)
今年また 桜が咲(さ)かじ 高(た)け塾(じゅっ)代(で)
初恋の 思(おも)や日記い まだ滾(たぎ)っ
街中(まっなか)を 歩(さる)けば日干し 熱中症(ねっちゅうしょ)
熱中症(ねっちゅしょ)が 治(と)れんうちまた 酷(きび)し寒(かん)
岩崎美知代 病気どま 関係(かんけ)あ無(な)かち 思(お)も元気
ないくさち 食(く)てみろごちゃい 物(もん)も無(の)し
亭主(て)しゃ味噌汁(おっけ) 娘(こ)はポタージュち 忙(せし)こ朝
三毛(みけ)も家族(けね) 炬燵(こた)ちゃ切(き)らんじ 出(で)い買物(けもん)
三菱の 車(くいま)ん後(あ)てな 付(つ)かん言(ちゅ)っ

山椒集 題「漬物(つけもん)」     有川南北選

漬物(つけもん)ぬ 手の甲(こ)で受(う)くい 十時ん茶 [池端田の神]
錆(さっ)包丁(ぼちょ)で 芋蔓(いもづ)い繋(つ)ねだ 漬(つ)け大根(でこん) [内野潤一]
漬物(つけもん)の 語(かた)い合(よ)たよな 湯治(とっ)土産 [東 竜王]
五客一席 妙円寺詣(めいじめ)い 握飯(にぎめ)す包(つつ)だ 高菜漬(たかなづけ) [有馬慶成]
五客二席 婆(ば)が子守(こもい) 泣けば漬物(つけも)ぬ 握(にぎ)らせっ [鈴木一泉]
五客三席 沢庵(たっがん)の 尻尾(しいぼ)で焼酎(しょつ)ん 妻(かか)ん留守(ずし) [樋口一風]
五客四席 ガブッ食(く)た キムチい口(くっ)が 火事(か)ず起(お)けっ [池上黒ぢょか]
五客五席 血圧(けつあっ)が 漬物(つけもん)抜(ぬ)っの 飯(め)しさせっ [津曲とっこ]
選者吟 旬の味(あっ) 間引(ふけ)い高菜ん 鼻はじっ

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

入湯税(にゅうとぜ)ゆ 払(は)るっカルキん 温泉(ゆ)い浸(つか)っ [有馬慶成]
イラク騒動(そど) 種火あ無(な)かて まだ燃(も)えっ [楠八重渓流]
日の丸が アテネん空い 胸を張(は)っ [満留ぐみ]
四天王一席 語(かた)ろ会(か)ゆ 早速(さしつけ)知事あ してみせっ [小森寿星]
四天王二席 道産子が 盛夏(うな)つ沸(わ)かせっ 重(お)び深紅(しんく) [稲留明天]
四天王三席 根性(こんじょ)じゃろ 五尺(ごしゃっ)の小柄(こが)れ 金メダル [鈴木一泉]
四天王四席 長渕(ながぶっ)が 一晩(ひとよさ)桜島(しま)を 揺(ゆ)いたくっ [樋口一風]
選者吟 退職金(やめぎん)ぬ 二割(にわい)も返上(も)でた 偉(え)れ須賀氏

郷句相撲 題「切符」

横綱(東) 七万の 切符が桜島(しま)を 揺(ゆ)いたくっ [畑山真竹]
横綱(西) 四歳(よっつ)をば 三歳(みっつ)言(ちゅ)わせっ 無料(ただ)切符 [池上黒ぢょか]
大関(東) 仲人(なかだっ)が 切符も準備(しこ)た 初(うぶ)デート [諸木小春]
大関(西) 長渕(ながぶっ)の 切符は倍の 倍で買(こ)っ [埀野剣付鶏]
関脇(東) 箱ん底(そ)け 衣料切符を 婆(ば)が残(の)けっ [泊 白水]
関脇(西) 片道(かたみっ)の 切符を握(にぎ)っ 恋人(ぬ)しゅば追(う)っ [上籠若菜]
小結(東) 片道(かたみっ)の 切符で彼(ぬし)の 後(あと)を追(う)っ [諸木小春]
小結(西) 文化祭 手作(てづく)い切符 撒(め)て誘(さそ)っ [山下明良]
筆頭(東) 片道代(かたみっで) 婆(ばば)はそろいと 嫁(よ)め渡(わ)てっ [有馬純秋]
筆頭(西) 荷を解(ほ)でっ 駅(えっ)で狼狽(ばたぐ)ろ 無(な)か切符 [津留見一徹]
二枚目(東) 赤切符 召された亭主(とと)は 戻(もど)っ来(こ)じ [久永時盛]
二枚目(西) フルムーン 切符は嫁ん プレゼント [樋口一風]
三枚目(東) つばめ号(ご)い 入場券で 乗(の)っ御用 [郷田悠々]
三枚目(西) 夢ごこっ 切符検札(けんさ)ち 邪魔されっ [栫 路人]
四枚目(東) 両方(まんぼ)荷で 切符は口(くっ)で 差し出(だ)せっ [太良木 学]
四枚目(西) 切符買(け)ん 皺札(しわざ)ち慌(せし)こ 老夫婦(おんじょみと) [田中末木]
五枚目(東) 降(お)じい前 まこち慌(せし)こた 無(な)か切符 [堂園三洋]
五枚目(西) 観劇(かんげっ)の 切符い好(す)っち 書(け)て連(ての)っ [坂口橘風]
六枚目(東) 帽子(ぼ)し挟(は)すだ 切符をやあれ 捜す奴(わろ) [野間口鈴女]
六枚目(西) 無料(ただ)乗車券(きっぷ) まだ達者じゃち 乗(の)ろたせじ [宮下珍竹]
七枚目(東) 遊(あす)び来(け)ち 切符を送(おく)い 優(やさ)し嫁 [森山厚香]
七枚目(西) 衣料(いりょ)切符 どうか相談(そだん)ち 嫁女(よめじょ)やい [盛満椒平]
八枚目(東) 切符買(け)も わけがわからん 東京駅(とうきょえっ) [福山吉連]
八枚目(西) 半券な 旅(たっ)の記念ち 日記(にっ)き貼(は)っ [弓場正巳]
親方吟(東) 天国(てんごっ)の 切符代(きっぷで)寺い 寄付を積(つ)ん [岩崎美知代]
親方吟(西) 大晦日(としのばん) 紅白(こうは)く生(なま)で 観(み)い切符 [植村聴診器]

その他の秀句 (順不同)

猛犬の 札(ふだ)い寄付貰(も)れ 素通(すど)ゆしっ [弓場正巳]
金(ぜん)の繰(く)や 脳(の)んため良(え)たろ 惚(ぼ)けもせじ [津留見酎児]
金(きん)で無(ね)や メダルじゃ無(ね)よな 酷(ひ)で見方(みかた) [中村雲海]
若(わ)け時(とっ)の 夢とな違(ち)ごた 貧暮(ひんぐ)らし [金井一馬]
携帯(けいた)ゆば 持(も)たな肩身(かたん)が 狭(せ)もけなっ [福山吉連]
腹いせい 女房(かか)奴(わろ)隣(つっ)の 亭主(て)しゅ褒(ほ)めっ [上山天洲]
先生に 君(はん)な誰(だい)けち クラス会 [田代彦熊]
笑窪ずい 憎(に)く見(み)えでけた 倦怠期 [江平光坊]
力(ちから)をば 抜け言(ちゅ)が歯は抜(ぬ)き 入(い)い力(ちから) [埀野剣付鶏]
挨拶(えさ)ち言(ゆ)た 遠慮(しんしゃっ)で盃(ちょ)く 貰(も)れ外(は)じっ [畑山真竹]
女房(かか)は風呂 待(ま)っちょったがち 盗焼酎(ぬすとじょちゅ) [田中末木]
元気せか じゃれば看(み)っどち 子供(こ)が吐(か)えっ [那加野黎子]
丼(どんぶい)が 行(い)たい来(き)たいの 丸(ま)り交際(つっけ) [森山厚香]
丸(ま)り顔(つら)を 四人も産んだ 馬面(うんまづら) [中村雲海]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top