鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第596号 3月号

雑吟     塚田黒柱選

一番槍 正論ぬ 言(ゆ)てん金(ぜん)にな 勝(か)てん娑婆 [泊 白水]
二番槍 借(か)った金(ぜ)ぬ 貰(も)ろたとん如(ご)っ 使(つ)こたくっ [渕之上笹舟]
三番槍 受験旅行(りょこ) 母(はほ)も連(つ)れぶし ホテル住(ず)め [大迫三ツ葉]
四番槍 職(しょっ)が無(ね)で 院(いん)に行(い)っ息子(こ)い 土地(じだ)を売(う)っ [福原福多]
五番槍 貰(も)ろた良(え)が お返(かえ)す買(こ)時(と)きゃ 高(た)けごちゃっ [津留見酎児]
六番槍 愚痴(ぐぜごっ)も 良(よ)か医者どんな 黙(だま)っ聞(き)っ [福冨野人]
七番槍 まだ良(よ)かて 掘って修繕(こそく)い 年度末(ねんどまっ) [上瀬明星]

渋柿集

三條風雲児 行儀(いずらめ)ん 悪(わる)か娘(こ)も居(お)い 雛祭(ひなまつ)い
まめな婆(ば)は もへ蕨(わらべ)をば 煮染(にし)めちょっ
馬鹿正直(しょち)か 直(いっ)きな嵌(うた)い 挨拶(えさっ)ぢょか
職(しょっ)が無(の)し 職安ずいも 憎(にく)まれっ
熊蜂(くまばっ)が 別れ遠足(えんそ)く 追散(うち)らけっ
有川南北 膨れ餅(もっ) 湯気(ほけ)を吹(ひ)たぎい 萎(しな)びれっ
タバコ買(こ)け 行(い)たがチンジャれ 負(す)っ帰(もど)っ
免許更新(がえ) 紅葉(もみっ)マークん 年齢(と)しけなっ
爺(じ)が運転(まくい) ずうず軽(けい)かあ 追越(うこ)されっ
うな貴様(わや)ち 追抜(うに)っ戻(も)でたや 警官(ポリ)が居(お)っ
塚田黒柱 再雇用 安(や)し給料で 使(つ)こたくっ
馬鹿カメラ まっぽし撮った 俺(おい)が禿
一年(いっねん)ち わっぜ長(な)げよな 短(みし)けよな
不況風 シャッター通(どお)ゆ 撫(な)で回(ま)えっ
禁煙ぬ 茶髪(ちゃぱっ)が誓(ち)こた 入試前
堂園三洋 金持(ぜんも)っが 一人(ひとい)で持(も)つい ネオン街
コマーシャル 番組(ばんぐん)よっか 出来(でけ)が良(ゆ)し
若(わ)け妻(かか)い 相当(じょじょ)ん遅(おく)るいウォーキング
隣(つっ)の奥様(こじゅ) 何歳(いくっ)じゃろかい 凄(わ)ぜ美人
世を変(か)ゆち 一番(いっばん)乗(の)いの 投票所
植村聴診器 婆様(ばっさあ)も 前歯が二本 赤子(あかご)並(な)ん
俺(おい)が税 戦争(いっ)せ使(つ)こなち 叱(が)ろごたっ
年金が 大学(だいがっ)ずいも 加勢(かせ)をしっ
妙(す)だ娑婆で 給料(きゅうりょ)はカット 税(ぜ)や増(ふ)えっ
独身者(ひといもん)ちゅ 嘘が効(き)けた 四月(しがっ)馬鹿
岩崎美知代 大人(お)せないきらん 子供(こど)が児(こ)を 産(う)ん殺(こ)れっ
子ん自慢(ぎら)も 三月(さんが)ちなれば 勝負(しょっ)が付(ち)っ
足(た)らん言(つ)ちゃ 年金暮(ぐ)らし 矢を向(む)けっ
焼酎(しょつ)女性(おなご) 覚悟(かっご)を決(き)めっ 荷を結(きび)っ
最後尾(ど)べ並(な)るっ 身震(みぶ)れをしちょい 借(か)い便所(まなか)

山椒集 題「渾名(しこな)」     有川南北選

大リーグ ゴジラが花ん 初舞台(はっぶたい) [中村雲海]
け死(し)んずい 渾名(しこな)で付(つ)っきょ 一(いっ)の友達(どし) [山田竜生]
ニュース婆(ば)で 通(とお)っ饒舌(ぎしゃ)婆(ば)で またとおっ [安藤孟宗竹]
五客一席 渾名(しこな)をば 聞(き)たや思(お)め出(で)た 旧友(どし)の顔(つら) [江平光坊]
五客二席 青や赤 モンゴル竜(りゅう)の 強(つよ)かこっ [樋渡草団子]
五客三席 渾名(しこな)をば 勝手(かっ)て付(つ)けちょっ 宮家顔(みやけづら) [津留群志]
五客四席 気きの利(き)かん 娘御(おごじょ)い姫(ひめ)ち よか渾名(しこな) [平中小紅]
五客五席 ヘソどんち 呼べば振(ふ)い向(む)っ 横(よん)ご亭主(とと) [満留ぐみ]
選者吟 歓迎会(みしいゆえ) 自己(わが)が渾名(しこな)も 披露(ひろ)をしっ

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

軍隊じゃ 無(な)か軍隊が イラク行(い)っ [弓場正巳]
マニフェスト みんな思(お)もちょい 空手形 [有川八味]
ハルウララ 一勝(いっしょ)を夢い 今日(きゅ)も出走(はし)っ [岩崎美知代]
四天王一席 護憲言(つ)が コールド負けん 社民党 [小瀬一峻]
四天王二席 USA(ユーエスエ) 日本州(にっぽんしゅう)ち 言(ゆ)よな国(くん) [楠八重渓流]
四天王三席 イチローが 一振(ひとふ)やドルを 掻(か)っ集(よ)せっ [末村琢詩]
四天王四席 半島は 我(わ)が物(もん)言(ちゅ)よな 大隅市 [樋口一風]
選者吟 四番ぬば 金(ぜん)で並べた ジャイアンツ

郷句相撲 題「介護(かいご)」

横綱(東) 介護すい 者(もん)も解(わか)らじ ただ生(い)きっ [細山田妙子]
横綱(西) 多(う)か姉妹(きょで)も 代(か)わろともせん 辛(つ)れ介護 [田中栄泉]
大関(東) 要介護 ならんごっつちゃ じょじょなこっ [篠原文兎]
大関(西) 拭(ぬ)ぐついで 介護も時(とき)な 冗談(わや)くしっ [津留見酎児]
関脇(東) 枕金(まくらぜん) 渡せば介護 丁寧(てね)いなっ [野間口鈴女]
関脇(西) 今(いま)替えた 襁褓(しめ)す爺(じ)さんな ひっ外(ぱ)じっ [福冨野人]
小結(東) 長寿国(ちょうじゅこっ) 孫ん嫁御(よめじょ)が 婆(ばば)を看(み)っ [坂元鶴山]
小結(西) 文句(ぎ)を混ぜた 周囲(わっ)の小姑(こじゅう)て 辛(つ)れ介護 [福冨野人]
筆頭(東) 爺(じ)がメンツ 介護ヘルパい 恍(とぼ)け面(づら) [東 竜王]
筆頭(西) 月(つき)一度(いっど) 介護ち義理(ぎい)で 顔(つら)を出(で)っ [弓場正巳]
二枚目(東) 看(み)てん方(ほ)が 死(し)ん方(ほ)を選(え)ろだ 介護疲(だ)れ [郷田悠々]
二枚目(西) 苛(いじ)むれば 介護あせんち 強(つよ)か嫁 [深道好之]
三枚目(東) 寝(ね)たきいの 女房(かか)ん介護で 表彰(しょ)を貰(も)ろっ [畑山真竹]
三枚目(西) 我(わ)が親あ 看(み)らじ介護ん 仕事(しご)ち就(ち)っ [那加野黎子]
四枚目(東) 世界一(せかいいっ) 長寿は良(よ)かが 誰(だ)が介護 [田代勝泉]
四枚目(西) 年金で 介護保険ぬ 素抜(すに)かれっ [棈松睦酔]
五枚目(東) 切(せっ)ねこっ 六十(ろくじゅ)ん息子(こ)をば 婆(ば)が介護 [諸木小春]
五枚目(西) 腹いっぺ 食(く)てん食(く)わんち 今日(きゅ)も介護 [田原大黒]
六枚目(東) 健(さか)し婆(ばば) 介護保険ぬ 出(だ)っ惜(お)すん [安藤孟宗竹]
六枚目(西) いびい婆(ば)べ 介護を返(も)でた やさし嫁 [上山天洲]
七枚目(東) 長病(ながやん)に とうと介護も ダウンしっ [堂園三洋]
七枚目(西) 一寸(ちす)の暇(ひ)め 介護ん嫁も 鼻が鳴(な)っ [金井一馬]
八枚目(東) 高価(たっ)かどん 値切(ねぎ)いもならん 介護料 [藤後一碧]
八枚目(西) 介護なあ まかせやんせち 優(やさ)し嫁 [平中小紅]
親方吟(東) 介護をば したとが喪主ち 兄弟(きょ)で揉(も)めっ [植村聴診器]
親方吟(西) 介護じゃい させじち棺(がん)に 取(と)いすがっ [岩崎美知代]

その他の秀句 (順不同)

良(よ)か人あ 早死(はやじ)ん言(ちゅ)たや 爺(じ)が睨(ねぎ)っ [金井一馬]
ベランダで 吸えば隣(とない)が 戸を閉(し)めっ [弓場正巳]
大概(てげ)な品(と)あ 百円店で まさけ合(お)っ [菖蒲谷天道]
横(よん)ご爺(じ)も 鼻輪(はなぐ)や女房(かか)い 握(にぎ)られっ [有川八味]
クラス会 渾名(しこな)で点呼 しっくれっ [諸木小春]
オレオレん 電話(でん)うぇ渾名(しこな)を 言(ゆ)えち言(ゆ)っ [野間口鈴女]
厳(いみ)し婆(ば)も 総入歯(がんぶ)ゆ除(と)れば 可愛(む)ぞ見(み)えっ [山路野菊]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top