鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第709号 8月号

雑吟     永徳天真選

一番槍 病気(やんめ)亭主(とと) 落武者ん如(ご)っ 乱髪(やんかぶ)っ [有馬純秋]
二番槍 自分史い 書(か)っ込(こ)まならん 脛ん傷(きし) [おんじょどい]
三番槍 畑(はい)仕事(しごっ) 爺婆(じばば)あ年中(ねんず) 尻(し)ゆ向(む)けっ [満吉満秀]
四番槍 喋(しゃべ)くいの 見舞(みめ)が帰(もど)れば ほっとしっ [前田あやめ]
五番槍 迎え火い 帰(もど)っ来たどち 亡夫(とと)ん声 [下栗志乃]
六番槍 何(な)い効(き)っか パワースポッて 行った婆(ばば) [白澤黒猫]
七番槍 孫と食う そよば楽しみ 作(つく)っ西瓜(すか) [萬福平次]

渋柿集

中村雲海 退院日 上戸(じょご)は必(かなら)し 焼酎(そつ)を訊きっ
横杵(よんご)じゃが 昭和一桁 骨があっ
健康(けんこ)言(つ)あ こいよち昼間(ひん)め 焼酎(しょちゅ)を飲(や)っ
義理(ぎい)も無(の)し 兄弟(きょで)も従兄弟も 来(こ)ん葬送(おくい)
よいなこっ 山太郎蟹(つがね)が獲(と)るい 川いなっ
有川南北 慰安婦で 維新ながらっ 株(か)ぶ下(さ)げっ
高(た)け燃油 株価が漁船(ふね)を 遊(あそ)ばせっ
花輪よか 贈呈(おく)った奴(わろ)ん 名の大(ふと)さ
息(い)くすれば 小蠅(こべ)が寄(よ)っ来(く)い 生辣韮(なまだっきゅ)
田植え加勢(かせ) 婿が早苗は 水(み)じ浮(う)かっ
弓場正己 こん猛暑 婆(ば)もスカートを ミニいしっ
持(も)たん株 下(さ)ぐが上(あ)がろが 縁(えん)な無(の)し
新人も 名刺が嬉(うれ)し 外回(そとまわ)い
優(やさ)し亭主(てし) 蛍光灯ち 会社(しゃ)じゃ渾名(あだな)
団扇(うっば)なら 電気ん代(こい)も 気いならじ
堂園三洋 アケミ言(ちゅ)は 誰(だい)か爺(おんじょ)ん 寝言(ねご)つ叱(が)っ
行(い)っ擦(す)った 美人(シャン)ぬ何度も 振(ふ)い返(かえ)っ
後継(あとつ)っの 一番(いっ)の候補も 都会(よ)せ逃(に)げっ
くずれ友達(どし) 趣味は小指(こゆっ)ち きし吐(か)えっ
ペチャなんだ 診(み)ろごちゃ無(な)かろ 聴診器
永徳天真 抱(だ)っ付(ち)たや ボインに埋(う)まい 小短躯(こじっくい)
何(な)よ言(ゆ)かち テレビい吠(ほ)ゆい 激(はげ)し気性(きしょ)
婆(ばあ)ちゃんに 優(やさ)し自慢の 転婆(いなば)娘(おご)
風鈴の 音(ね)い鼻が鳴(な)い 昼寝(ひんね)女房(かか)
訪(こと)ったや 酸(す)い臭(かざ)がすい 兎小屋(うさっごや)
樋口一風 格好(ひん)つけで 買(こ)たスマホかあ 擾(こな)されっ
遺産分け 兄弟(きょで)もそいぎい 縁ぬ切(き)っ
高(た)け鰻(うな)ぎ せめて匂(かざ)どん 嗅(け)っ帰(もど)っ
ヘッディングシュートが取(と)い柄え 石頭(いしびんた)
胃腸(いちょ)は丈夫(じょっ) 夏痩(なっや)せなんだ 知(し)たん妻(かか)

山椒集 題「皿(さら)」     有川南北選

子ん目をば 皿(さ)れひんなけた 上手(う)め手品 [澤津乙名]
大(ふ)て皿い 盛(も)いしこ盛った バイキング [有馬湧声]
皿踊(さらおど)い 音ん調子(おだめ)で 盛(も)い上(あ)がっ [樋之口墨矢]
五客一席 受け皿ん 乏(とぼ)し就活(しゅうか)ち 精出(はめつけ)っ [おんじょどい]
五客二席 祝膳(ゆえぜん)の 皿で跳(は)ねちょい 桜鯛(さくらだい) [諸木小春]
五客三席 偽物(まげ)ん皿 家宝(かほ)ち鑑定(かんて)い 出(だ)せっ恥(はっ) [山元自在鉤]
五客四席 肉(に)か小皿(こざ)れ 分(わ)けんな騒動(そど)い ない大家族(うげね) [津留見一徹]
五客五席 目の前を 回(まわ)い続(つづ)くい トロん皿 [市来流星]
選者吟 河童(がらっぱ)ん 皿も干乾(ひか)れた 空梅雨(からながし)

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

厳(いみ)し山(や)め 最高齢が 金字塔 [上薗佳笑]
慰安婦を 語(かた)れば物議 噴(ふ)っ上(きゃ)げっ [西 幸子]
株下落(げら)き アベノミクスが 綻(ほこ)れでっ [おんじょどい]
四天王一席 巡視船 堪忍袋 煮え滾(たぎ)っ [有馬純秋]
四天王二席 選挙前(ま)へ なっ消費税(しょうひぜ)や 息(い)く殺(こ)れっ [上山天洲]
四天王三席 凄(わ)ぜ傘寿 五体(ご)て鞭(む)つ入(い)れっ エベレスト [石塚律子]
四天王四席 四十九年(しじゅくねん) おやっとさあん 庄之助 [米元年輪]
選者吟 肝付(きもつっ)の 空い待(ま)っ長(な)げ イプシロン

郷句相撲 題「好(す)っ」

横綱(東) 洗(あ)るたごっ 皿ずい舐めた カレー好(ず)っ [入来創雲]
横綱(西) 女房(かか)は旅行(たっ) 好(す)っなごっ飲(ぬ)だ 休肝日 [今井夢紫]
大関(東) 好(す)っじゃった 焼酎(しょつ)を爺様(じさま)ん 墓(は)け供(あ)げっ [日隈英坊]
大関(西) 容姿(よし)じゃ無(ね)ち 言(ゆ)どんやっぱい 美人(シャン)が好(す)っ [上薗佳笑]
関脇(東) 拗(す)ねっみっ 好(し)た人ん気を 惹(ひ)こち娘(おご) [西ノ園ひらり]
関脇(西) 爺(じ)さんよか 何(ない)よか私(あた)や 金(ぜん)が好(す)っ [弓場正巳]
小結(東) 退職(やめ)っかあ 好(す)っなゲートで 元気付(ぢ)っ [北村虎王]
小結(西) こん暑(ぬっ)せ 好(す)っじゃればくさ 甲子園 [桑元行水]
筆頭(東) 好きよ言(ちゅ)た ママん一言(ひとこ)ち 逆上(のぼ)せた爺(じ) [山元自在鉤]
筆頭(西) 好(す)っなくせ わざっ気の無(な)か 態(ふ)を見(み)せっ [下栗志乃]
二枚目(東) 貴方(おはん)よか 金(ぜん)が好(す)っじゃち 吐(か)やす女房(かか) [澤津乙名]
二枚目(西) 好(す)っな女医 目当(めあ)て仮病で 通(か)よ病院(びょいん) [米元年輪]
三枚目(東) 好(す)っな娘(こ)は 故意(わざ)き苛(いじ)むい 腕白小僧(きかんたろ) [新地十意]
三枚目(西) 美女(よかおご)い 好(す)っち言わせた 大(ふ)てダイヤ [棚網 鮎]
四枚目(東) 友達(どし)よっか スマホが好(す)っち 厄介(やっけ)な子 [西 幸子]
四枚目(西) 言事(ゆこ)つ聞(き)っ 犬(いん)が女房(かか)よか 好(す)っち言(ゆ)っ [折田さくら]
五枚目(東) 給食(きゅうしょっ)が 一番(いっばん)好(す)っち 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ [石塚律子]
五枚目(西) 焼酎(そつ)好(ず)っが 嗜(たしな)ん程(しこ)ち 見合(みえ)ん席(せっ) [満吉満秀]
六枚目(東) 好(す)っな女児(こ)い 鉛筆(えんぴ)つ呉れた 腕白坊(けすいばっ) [二見愚楽満]
六枚目(西) 爺(じ)と婆(ばば)が 好(す)っち言(ゆ)ながら 母親(か)け纏付(めち)っ [市来流星]
七枚目(東) 好(す)っじゃっち 言(ゆ)たなあ毎日(めにっ) 豌豆(まめ)ん飯(めし) [樋渡草団子]
七枚目(西) 好(す)っ言(つ)たやタ イプが違(ち)ごち きし吐(か)えっ [楠八重渓流]
八枚目(東) 婆(ばあ)ちゃんが 好(す)っち言(い)わすい 年金日 [諸木小春]
八枚目(西) 欠伸(あく)ぶしっ 好(す)っな本読(ほんよ)む 待(ま)っちょい童(こ) [湯田青秋]
親方吟(東) 煙草好(ず)っ 何処も追(う)われっ 隅(すん)くじら [伊地知 孝]
親方吟(西) 好(す)っな相撲(すも) 行司(ぎょし)で頑張(きば)った 半世紀 [満留ぐみ]

薩摩郷句作品集(薩摩狂句集「ほとくい」より抜粋)

外園津之介 横(よん)ご杵(ぎね) 五体(ごて)はかなわじ 議(ぎ)を吐(か)えっ
飲めば虎 素面じゃほんの やっせんぼ
薬風呂(くすいぶろ) 草津ん湯の香(か) 楽(たの)しこっ
細山田妙子 天気予報(よほ) どげんでん良(よ)か 暮らしなっ
還暦(かんれ)くば 過(す)ぎたや直(いっ)き 婆(ば)べ見(み)えっ
茶の師匠(ししょ)ち 言(ゆ)どん一度(いっど)も 茶あ沸(わ)かじ
前田唐芋 子は宝 言(ちゅ)が誰(だい)一人(ひとい) 扶養(み)ても無(の)し
田植え疲(だ)れ 山ん湯治場(とっば)で 洗(あ)れ流(な)げっ
耳(みん)の遠(と)え 爺様(じさ)め大声(うごえ)ん 癖がちっ
前原人力車 砂蒸しの 爺(じ)の鼻(は)ね蟹(がね)が 冗談(わや)くしっ
天ぬ向(み)た 鼻は血統(すっ)じゃち 諦(あきら)めっ
仕事(しご)ちゃせじ 休息(よく)は人並み 尻(し)ゆ据(す)えっ
真方賀雅寿 藤枕(とうまくら) 貴重(たし)ね髪(かん)ぬば ひんむしっ
土用(どゆ)鰻(うなっ) 国内産ち 顔(つら)をしっ
納骨堂(のうこっど) 犬(いん)と猫とが 向(む)っ合(きょ)ちょっ
馬迫びっきょ 赤(あ)け唇(すば)が 多寡(たっか)を吐(か)やす PTA(ピーテーエ)
火の燠(おき)を 挟(はす)んじょいよな 痔の痛さ
女房(かか)い似(に)っ 議(ぎ)は言放題(ゆほで)言(ゆ)っ 嫁(い)こたせじ

第43回若法師忌・第26回雪尾忌句会 兼題「心配(せわ)」 諸木小春選

   
合併(がっぺ)ゆば 嫌(き)ろた我(わ)が町(ま)ちゃ 将来(さっ)が心配(せわ) [北村虎王]
ちょろちょろい 前立腺(ぜんりっせん)じゃ 無(ね)かち心配(せわ) [入来院彦六]
若(わっ)か医者(い)しぇ 心配(せわ)でたまらん 手術台(しゅじゅっだい) [堂園三洋]
眩(めは)い娘(こ)い なればなったで 心配(せわ)な親 [津留見一徹]
少子化い 将来(さっ)が真(ま)っ暗(く)れ 国(くん)が心配(せわ) [内村仏心]
軸吟 なんまいだ 心配(せわ)心配(せわ)婆(ばば)ん 初飛行

第43回若法師忌・第26回雪尾忌句会 兼題「余計(じんじ)」 楠八重渓流選

正論の 言(ゆ)う女房(か)け余計(じんじ) 頭(びん)てきっ [山元自在鉤]
副作用(ふくさよ)で 余計(じんじ)禿(は)げちょい 可哀相(ぐら)し亭主(とと) [山元自在鉤]
聞(き)っもせん 言訳(ゆわけ)が余計(じんじ) 怪(あや)し亭主(てし) [下栗志乃]
正直(しょじ)き言(ゆ)っ 余計(じんじ)揉(も)め出(で)た 浮気(うわっ)騒動(そど) [花園ちづ]
親ん顔(つら) 見(み)たや迷子あ 余計(じんじ)泣(ね)っ [工藤天然]
軸吟 朝帰(あさもど)い下 手な言訳(いわけ)で 余計(じんじ)騒動(そど)

第43回若法師忌・第26回雪尾忌句会 兼題「厳(いみ)し」 樋口一風選

厳(いみ)し姑(しゅ)て 泣(ね)た日もあいが 大事(で)じ介護 [花園ちづ]
厳(いみ)し奴(と)が 我(わ)が道(み)つ通(と)えっ 行(い)っ詰(づ)まっ [中村雲海]
冬瓜(つが)んよな 乳房(ちち)を泣かせた 厳(いみ)し癌 [津留見一徹]
厳(いみ)し顔(つら) 化粧(けしょ)を落とせば 輪を掛(か)けっ [入来院彦六]
厳(いみ)し女房(かか) 居(お)らんちなっと 寂(とぜん)ねか [丸山満月]
軸吟 子を厳(いみ)しゅ 叱(が)っなち厳(いみ)しゅ 婆(ばば)が叱(が)っ

第115回南日本薩摩狂句大会 兼題「諦(あきら)め」 永徳天真選

特選 洒落た服(ふっ) 値を見(み)っパッち 諦(あきら)めっ [馬場海馬]
秀一 何十年(なんじゅねん) 経(た)とが諦(あきら)められん拉致 [堂園三洋]
秀二 諦(あきら)めっ おった大砲(たいほ)い 家族中(けねじゅ)沸(うぇ)っ [今井夢紫]
秀三 こいも業(ご)ち 横杵者(よん)げ添(そ)た身を 諦(あきら)めっ [上籠若菜]
秀四 焼酎(そつ)煙草 止(や)めじ長生(ながい)く 諦(あきら)めっ [加塩十白]
秀五 出世をば 諦めたなら 元気(げん)きなっ [弓場正巳]
軸吟 諦めた 方(ほ)いも勝利ん 相手(えて)んミス

第115回南日本薩摩狂句大会 兼題「娘(おご)」 堂園三洋選

特選 金(ぜん)貯(た)めい 方向(ほうこ)を変えた 四十(しじゅう)娘(おご) [弓場正巳]
秀一 女子高(じょしこ)前 バスはむんむん 娘(おご)ん匂(かざ) [永徳天真]
秀二 娘(おご)が来(き)っ 座席(ざせ)くずったや 婆(ば)が座(すわ)っ [伊地知 孝]
秀三 娘(おご)盛(ざか)ゆ 束いしっ売(う)い AKB(エーケービ) [上籠若菜]
秀四 久振(さしかぶ)い 会(お)た孫眩(めは)り 娘(おご)いなっ [中村雲海]
秀五 可愛(む)ぜ娘(おご)が 店ん売(う)い上げ 倍(ば)いなけっ [新地十意]
軸吟 受付ん 娘(おご)い恥(げん)なか 無調法(ぶちほ)な字

第115回南日本薩摩狂句大会 兼題「新(に)け」 弓場正巳選

特選 内視鏡(ないしきょ)が 新(に)け病気(やんめ)をば 見(み)しけ出(で)っ [樋口一風]
秀一 新(に)け家(え)をば アベノミクスが 造(つく)らせっ [米元年輪]
秀二 新(に)け夢を 大(ふ)て声で言(ゆ)た 入社式(にゅうしゃしっ) [上野由美]
秀三 新(に)け褌(へこ)を 泥染(どろぞ)めなけた せっぺ飛(と)べ [小瀬一峻]
秀四 女房(かか)わろん 新(に)け技(わ)ぜ負けた 夫婦(みと)喧嘩 [堂園三洋]
秀五 栄誉賞 師匠(ししょ)と揃いの 新(に)け背広 [石塚律子]
軸吟 新(に)け着物(いしょ)も 顔(つら)が良(ゆ)あねや 晴(は)れがせじ

第115回南日本薩摩狂句大会 兼題「まっぽし」 中村雲海選

特選 子育(こおや)しの 手抜(てぬ)きゃまっぽし 親(お)へ戻(もど)っ [西浦大器]
秀一 飲(ぬ)で運転(まく)っ まっぽし地獄(じご)き 突(つ)っ走(ぱし)っ [米元年輪]
秀二 馘首(く)ぶ覚悟(かっご) まっぽし言(ゆ)たや 役(やっ)が付(ち)っ [工藤天然]
秀三 大(ふと)か胸(む)ね まっぽし食付(くち)た 聴診器 [上薗佳笑]
秀四 流鏑馬(やっさん)な 的(まと)いまっぽし 馬場が沸(うぇ)っ [樋口一風]
秀五 失言が まっぽし世界(せか)ゆ 敵(て)き回(ま)えっ [入来創雲]
軸吟 まっぽしの 越境汚染 逃げ場無(の)し

その他の秀句 (順不同)

仲良(なかえ)兄弟(きょで) 理由(わけ)あ奪(ば)こ程(しこ) 無(な)か遺産 [石野蟹篭]
病室(びょうしっ)じゃ 忍び笑(わ)れすい 郷句本 [前田あやめ]
長(な)ご生(い)きっ 曾孫ん鯉幟(のぼ)ゆ 泳(およ)がせっ [下栗志乃]
今じゃっち 金(ぜん)な無(な)か奴(と)が 株(か)ぶ語(かた)っ [西 幸子]
医者よっか ナースが厳(いみ)しゅ 取(と)い仕切(しき)っ [新地十意]
亭主(て)す当(あ)てい すれあ歯痒(はが)いで 放(ほた)っちょっ [上山天洲]
疎(う)て奴(わろ)は 欠伸(あく)ぶばしてん 勘に来(こ)じ [桜井吹雪]
来(き)やい言(ちゅ)で 態々(くわたっ)行(い)たどん 茶も沸(わ)かじ [有馬湧声]
台所(ながしば)で 音がすい度(た)び 皿が減(へ)っ [樋口一風]
渋(し)び顔(つら)で 飯(めし)も不味(まず)かろ 倦怠期 [永徳天真]
親ん心配(せわ) 貰(もろ)わん息子 嫁(い)かん娘(おご) [下栗志乃]
遺影(いえ)いなっ 厳(いみ)し爺(じ)さんも 偲(しの)ばれっ [福冨野人]
諦めん 悪(わ)り妻(か)け溜息(うい)く 付(ち)っ鏡(かがん) [棚網 鮎]
手遅れち 医者がまっ先(さ)き 諦(あきら)めっ [石野蟹篭]
娘(おご)娘(おご)ち どこが良(よ)かとか 俺(おい)も好(す)っ [上薗佳笑]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top