鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第703号 2月号

雑吟     永徳天真選

一番槍 福(ふ)か来(く)いか 我(わ)が家(え)じゃ鬼(おん)が 豆を撒(め)っ [伊地知 孝]
二番槍 また来たか 道真公が 笑(わ)る四浪(よんろ) [江口紫朗]
三番槍 借(か)い相談(そだん) 帰(もど)らなないめ 素茶(すじゃ)一杯(いっぺ) [吉岡道場]
四番槍 合格(うか)ったや 孫と笑顔で 神社参(め)い [北村虎王]
五番槍 遺産分け 墓参(はかめ)もせんじ 議(ぎ)を吐(か)えっ [満吉満秀]
六番槍 汝(わい)が言(ちゅ)て 手い唾(つ)ず付(つ)けっ 夫婦(みと)喧嘩 [大西学老]
七番槍 丸(まっ)で泡(ぶっ) どん党(と)いすかい け迷(まぐ)れっ [福原福多]

渋柿集

中村雲海 弱々(よと)し五体(ごて) 手抜(てぬ)っじゃ無(ね)どん 墓(は)け造花
打(う)っ解(と)けっ みたどん此(こ)ん奴(た) 見難(みご)え奴(わろ)
本心ぬ 聞(き)たなあそいも 演技じゃっ
美人(シャン)振(ぶ)って 思い上(あ)がいが 鼻(は)ね掛(か)けっ
温和(な)ち孫が 一人前(ひといま)へなっ 爺(じ)い土産
有川南北 多(う)か政党(せいと) 俺(おい)が一票(いっぴょ)い 十二人
人数(に)ず減らせ 言(ちゅ)どん沢山(ずんばい) 出馬(で)い選挙
こん師走(しわ)し 選挙事務所ん くそ電話
育(ぬ)っ盛(ざか)い 御節(おせ)ちゃ一度(いっど)で ペラッなっ
可哀相(ぐら)し姉 施設(しせっ)で侘(わび)す わらべ唄
弓場正己 来た嫁は 顔(つら)は良(よ)かどん 棘(とげ)があっ
新(に)けトイレ シャワーを婆(ばば)は 顔(つ)れ被(かぶ)っ
当選(あが)ったや 先生言(ちゅ)わな 返事(へし)もせじ
咬んだガム 入れ歯を全部(ずるっ) 引張(そび)っ出(で)っ
爺(じ)が優(やさ)しゅ なれば家族中(けねじゅ)が 心配(せわ)をえっ
堂園三洋 大嫌い 内心(ねしゅ)と逆(ぎゃ)く書(け)た ラブレター
親子して 輝(ひか)い競(ぐら)ごん 禿ん血統(すっ)
顔(つら)よっか 心根(ねしゅ)で娶(も)ろたで 長(な)ご続(つ)じっ
少(ちっ)とどま 威張(いば)れち内気(いめ)な 亭主(とと)を叱(が)っ
飲兵衛(のんべ)じゃろ 菓子屋を尋(き)たが 知(し)っちょらじ
永徳天真 山形屋(やまがた)へ 行(い)っとかピシャッ 一張羅(いっちゃびら)
朝帰(あさもど)い ばればれん嘘(う)せ あぐっちぇっ
句作(くづく)いで 脳(の)あまだ元気 あいごちゃっ
叱(が)いたくい 女房(かか)もドラマを 見(み)っ涙(なんだ)
ちょっ待てち いっこ進(すす)まん へぼ将棋
樋口一風 天神も 飽(あ)っがくいしこ 頼(たの)まれっ
通(つう)ぶって ワインぬ咽(のど)で 遊(あす)ばせっ
邪魔(ま)じないけ 来たよな街(まっ)の 婿ん農業(さっ)
仲人(きもい)ゆば 話と違(ち)ごた 言(ちゅ)て責(せ)めっ
寒(さ)み晩な 省エネじゃっち 早(は)よけ寝(ね)っ

山椒集 題「愛情(ぼんの)」     有川南北選

出発(でた)っ孫(ま)げ 婆(ばば)ん愛情(ぼんの)ん 一袋(ひとひねい) [中間紫麓]
涙目(なんだめ)ん 母(はほ)は愛情(ぼんの)で 児(こ)を叩(た)てっ [上山天洲]
酔(よく)れ亭主(て)し 愛情(ぼんの)も冷めた 倦怠期 [入来創雲]
五客一席 親方ん 愛情(ぼんの)ん竹刀(しな)い 堪(た)えっ横綱(つな) [石塚律子]
五客二席 爺婆(じじばば)ん 愛情(ぼんの)が孫を 肥満(だん)べしっ [楠八重渓流]
五客三席 味噌汁(みそしゅい)の 湯気(ほけ)も愛情(ぼんの)い 見(み)ゆい寒(かん) [津留見一徹]
五客四席 大人(おせ)ん目が 愛情(ぼんの)で守(まも)い 地域(ちいっ)の子 [諸木小春]
五客五席 旬(しゅん)の匂(かざ) 母親(はほ)ん愛情(ぼんの)が また届(と)じっ [市来流星]
選者吟 女房(かか)も老齢(とし) 猫い愛情(ぼんの)が はっ行(ち)たっ

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

泥沼ん 泥鰌(どじょ)いごろいと 陽(ひ)あ照(て)らじ [石野蟹篭]
新党が 天下国家を 狙(ね)ろっ騒動(そど) [吉岡道場]
米兵に 据(す)ゆれば良(よ)かろ 五合(ごんご)灸(えつ) [満留ぐみ]
四天王一席 鬼(おん)のよな 凄(わざ)い女(おなご)が 娑婆(しゃ)べな居(お)っ [江口紫朗]
四天王二席 開票を せんうち市長(しちょ)が きし決(き)まっ [樋口一風]
四天王三席 人気(にんき)アね 痴漢ぬさせた 魔ん大酒(うざけ) [諸木小春]
四天王四席 プレートが プ-ルい眩(めは)い 世界新 [佐伯山神]
選者吟 菱刈(ひしかい)の 山ん奥(おっく)い 凄(わ)ぜ宝

郷句相撲 題「勉強(べんきょ)」

横綱(東) 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ 野球で食(く)でち 大(ふと)か夢 [西 幸子]
横綱(西) 美人(シャン)じゃれば 勉強(べんきょ)した上(う)へ まだ値引(まけ)っ [上薗佳笑]
大関(東) 突(つ)っ張(ぱ)いが やっと目覚(めざ)めっ 行(い)っ夜学(やがっ) [澤津乙名]
大関(西) 勉強(べんきょ)をば せえち一時(いっとっ) 間無(まな)し言(ゆ)っ [埀野剣付鶏]
関脇(東) ランドセル 投(な)げちゃ外(そ)て出(で)い 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ [山元自在鉤]
関脇(西) 父(ちゃん)の如(ご)っ なってん良(よ)かち 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ [石野蟹篭]
小結(東) 習(なら)いたて 九九ん勉強(べんきょ)で 寝言(ねご)つ言(ゆ)っ [新地十意]
小結(西) 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ 本にな埃(ほこ)ゆ 着(き)せたくっ [上山天洲]
筆頭(東) 勉強(べんきょ)せか しちょれば父(ちゃん)の 機嫌(ごっ)が良(ゆ)し [福山吉連]
筆頭(西) ネオン街(が)い 社会勉強(べんきょ)を しけ出張(でば)っ [福冨野人]
二枚目(東) 三才児(みっつご)が 勉強(べんきょ)ち本ぬ 逆(さか)せ見(み)っ [諸木小春]
二枚目(西) 勉強(べんきょ)部屋 何(ない)の勉強(べんきょ)か 鍵(か)ぐかけっ [今井夢紫]
三枚目(東) 郷句(く)ん勉強(べんきょ) 眠(ね)っちょい脳を 覚(おず)ませっ [日隈英坊]
三枚目(西) 焼酎(しょちゅ)飲(の)んも 社会勉強(べんきょ)ち 亭主(て)しゃ出張(でば)っ [上山天洲]
四枚目(東) 教育(きょいっ)ママ 勉強(べんきょ)勉強(べんきょ)ち 子はのさじ [佐伯山神]
四枚目(西) 仕入れ値あ 言(ゆ)わじ勉強(べんきょ)ち 少(ち)す値引(まけ)っ [石野蟹篭]
五枚目(東) 勉強(べんきょ)真似 夜食い隠(か)きた 漫画本 [入来創雲]
五枚目(西) 休講ち 聞(き)たややったち 勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ [有馬湧声]
六枚目(東) 句作(くづく)いが 一生(いっで)ん勉強(べんきょ) 今日(きゅ)も精励(はま)っ [満留ぐみ]
六枚目(西) ふられ青年(にせ) こいも勉強(べんきょ)ち 思(お)め直(な)えっ [今井夢紫]
七枚目(東) 経済の 勉強(べんきょ)ち女房(かか)あ 今日(きゅ)もチラシ [西ノ園ひらり]
七枚目(西) どした事(こっ) 俺(おい)が子にしちゃ 勉強(べんきょ)好(ず)っ [津留見一徹]
八枚目(東) ゲーム中(ちゅ)ん 孫あ只今(ただいま) 勉強中(べんきょちゅう) [伊地知 孝]
八枚目(西) 冷(ひ)やかしが 勉強(べんきょ)をすれば 買(こ)ち吐(か)えっ [上薗佳笑]
親方吟(東) 答弁に 俄(にわ)か勉強(べんきょ)が 打(う)っ詰(づ)まっ [吉岡道場]
親方吟(西) 五割引(ごわいび)く まだも勉強(べんきょ)を せえち婆(ばば) [石塚律子]

その他の秀句 (順不同)

届け出(で)っ 帰(もど)や未練の 厚(あつ)か財布(ふぞ) [工藤天然]
今更い うっ捨(せ)もならん 亭主(て)し我慢(きば)っ [石塚律子]
外は雪(ゆっ) テレビと語(かた)い 一日中(ひのひして) [花園ちづ]
親愛情(おやぼんの) 看(み)い嫁よっか 来(こ)ん我(わ)が娘(こ) [中囿和風]
泥棒(ぬすと)猫 庭箒(にわぼ)き地面(じだ)を 叩(たた)かせっ [鐘ケ江左利]
携帯(ケータ)ゆば 持(も)っ亭主(とと)い下知(げ)つ し易(や)すなっ [白澤黒猫]
婆(ば)の手拭(ちょのげ) 顔(つら)も拭ぐえば 洟(はな)も拭(と)っ [中間紫麓]
羽振(はぶ)いの良(え) 客(きゃ)きな上擦(うわず)い 女将(ママ)ん声 [津留見一徹]
少(ちっ)とずっ 素抜(すに)けば発覚(ばれ)ん 女房(かか)ん財布(ふぞ) [石野蟹篭]
昔(むか)しゃラブ 今は介護で 手を握(にぎ)っ [満吉満秀]
倦怠期 当てつけい買(こ)た 抱(だ)っ枕 [おんじょどい]
半分な 触(かか)い賃(ちん)じゃろ バーん請求(つけ) [堂園三洋]
宴会(のんか)てな 下戸で音痴あ 隅(す)み曲(ま)がっ [樋口一風]
もう一杯(いっぺ) 飲(の)まんな女房(か)けな 抗(む)こきらじ [吉岡道場]
目覚(めざま)しゅば 黙(だま)らせてかい 一眠(ひとねぶ)い [澤津乙名]
服(ふ)か合(お)てん 値段が合(お)わん 試着室(しちゃっしつ) [樋口一風]
赤(あ)け糸が 長(な)ご経(た)っうちな 鎖(くさ)いなっ [満留ぐみ]
理想(りそう)とな 違(ち)ごたがこいも 我(わ)が暮らし [福岡放電]
坊主(ぼし)じゃれば 友人(どし)の見舞(みめ)いも 行(い)っ難(にく)し [福冨野人]
欲(よ)か言(ゆ)まい 一緒(ひと)ち泣(ね)っ笑(わ)る 亭主(とと)が居(お)っ [樋渡草団子]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top