鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第690号 1月号

雑吟     永徳天真選

一番槍 七所(ななとこ)ん 雑炊(ずし)貰(も)れ孫あ 愚図(ぐず)い出(で)っ [今井夢紫]
二番槍 正月(しょがっ)どま ゆるいとせえち 言(ゆ)た居(お)らじ [西 幸子]
三番槍 心配(せわ)じゃった 息子(こ)ん新世帯(しんじょて)も 軌道(きど)い乗(の)っ [萬福平次]
四番槍 買(こ)たお節(せち) 二日目(ふっかめ)かあな 嗅(かず)で食(く)っ [江口紫朗]
五番槍 飲(の)ん疲(だ)れっ 亭主(とと)ん六腑(ろっぷ)あ 赤信号(あかしんご) [福冨野人]
六番槍 特売日 女房(かか)が書(け)たメモ 持(も)っ走(はし)っ [山元自在鉤]
七番槍 お年玉(としだ)め 予算ぬ立(た)てっ 諭吉(ゆき)つ待(ま)っ [西ノ園ひらり]

渋柿集

中村雲海 懐メロを 聞けば血圧(けつあ)ちゃ 直(じ)き下(さ)がっ
ちょっしもた 言(ちゅ)た時(と)かも遅(お)せ 糖尿病(かわっのびょ)
永(な)ご会(お)わにゃ 生(い)きっ居(ちょ)ったか 言(ちゅ)て挨拶(えさっ)
我(わ)が事(こっ)ち 避難訓練 身を入(い)れっ
遅(お)せ組(くん)で 一番(いっばん)じゃった 子を誉(ほ)めっ
有川南北 旅土産(たっみやげ) ホイち汚れを 投(な)げっやっ
パチンコで 勝(か)っつろハイへ 乗(のっ帰(もど)っ
元気ちゅが 八十(はっじゅ)過ぎれば 休(よ)くどえっ
わっぜ人数(にし) 地球(ちきゅ)も重(お)びかろ 七十億(ななじゅおっ)
パトん音 逃(に)ぐった息子 じゃねか不安(せわ)
弓場正己 雑談も 指導料(しどうりょ)ん名で 医者は取(と)っ
布団どま 汗臭(あせく)せ臭(かざ)ん 安(やす)か宿
家計簿ん 算用(さんにょ)は合(お)たが 金(ぜん)な無(の)し
車内化粧(けしょ) 揺(ゆ)れっ口紅(くっべ)にゃ 鼻(は)ね塗(なす)っ
次(つ)がお前(まい) 言(ちゅ)た上役(うわやっ)が 先(さ)き消(き)えっ
堂園三洋 総入歯(がんぶい)で 年の差ん娘(こ)い プロポーズ
資生堂(しせいど)も ポーラも効(き)かじ 増(いみ)い皺
新婚の いちゃいちぇっ婆(ばば)ん 大(ふと)か咳(せっ)
仮病(つくいびょ)で 役(や)くば逃(のが)れっ 凄(わ)ぜ気楽(きだっ)
入(い)い込(こ)めば 出口(でぐ)ちゃ無(な)か風(ふ)の ネオン街(がい)
永徳天真 神妙な 顔(つら)で眺(なが)むい 初(はっ)日の出
運(まん)が悪(わ)り 訪(い)けば最中(さなか)ん 夫婦(みと)喧嘩
一人住(ひといず)め 裏口(うらぐ)ち回(まわ)い 怪(あや)し客(きゃっ)
狭(せ)べ隙間(すっ)め 大尻(うじ)ゆ押し込(こ)ん 座(すわ)い乗客(きゃっ)
こん人ち 痴漢な手をば 掴(つか)まれっ
樋口一風 桜島(さくらじ)め 自慢ぬしたい 愚痴(ぐぜ)ったい
正月(しょが)ちゃ良(よ)か 東京弁の 児(こ)も帰省(もど)っ
風下(かざしも)ん 時(と)きな噴煙(けむい)も 良(よ)か思(と)もっ
はしとせち 叱(が)ったや私(あた)や ニューハーフ
戦中派 国旗を立(た)てっ 畏(かしこ)まっ

山椒集 題「旅行(りょこ)」     有川南北選

豪華船 全財産で 夫婦(みと)旅行(りょこう) [弓場正己]
退職金(やめぎん)で 女房(おかた)いご礼(れ)ん 旅行(りょこ)をしっ [上山天州]
夢じゃ無(な)か 予約(よや)くといでた 宇宙旅行(りょこ) [井手上政暎]
五客一席 ジーパンで 新婚旅行(りょこ)も 気楽(だっ)な娑婆 [松下青雲]
五客二席 退職(やめ)っかい やっと夫婦(ふたい)で 自動車(くいま)旅行(りょこ) [日隈英坊]
五客三席 爺(じ)の旅行(りょこ)は 乗った当初(はな)かあ 栓ぬ抜(に)っ [市来流星]
五客四席 家出ばっ すいそな婆(ばば)ん 旅支度(たっじたっ) [諸木小春]
五客五席 想い出あ 修学旅行(しゅうがっりょこ)ん 枕投げ [福冨野人]
選者吟 歌声を 撒(ま)っかた走(はし)い バス旅行(りょこう)

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

TPP(ティーピーピ) 参加(かた)いも引(ひ)っも 凄(わ)ぜ茨(いばら) [上薗佳笑]
独裁の 末路(まっろ)ニュースが 世界(せか)い飛(つ)っ [弓場正己]
地震(なえ)水害(うみっ) 命(いのっ)が縮(ちぢ)ん こん地球 [二見愚楽満]
四天王一席 強(つ)え円に 弱(よ)え国力(こくりょっ)の 歯痒(はが)いこっ [桑元行水]
四天王二席 民意どま 爪んしこも無(ね) 移転先(いてんさっ) [楠八重渓流]
四天王三席 大受けを 狙(ね)ろて橋下(はしもと) また動(いご)っ [萬福平次]
四天王四席 神村学園(かんむら)が 春(はい)の選抜(せんば)ち 一歩出(で)っ [樋口一風]
選者吟 美人画い うっといなった 五葉展(ごようてん)

郷句相撲 題「悪(わ)り」

横綱(東) 婆(ば)が悪口(あっご) ギネスブックい 載(の)すごちゃっ [有馬純秋]
横綱(西) 機嫌(ごっ)の悪(わ)り 俎板(まねた)ん音い 亭主(て)しゃ怖(びび)っ [吉岡道場]
大関(東) 悪(わ)りかった 先(さ)き言(ゆ)う癖が 付(ち)ちょい俺(おい) [石塚律子]
大関(西) 俺(おい)が悪(わ)り 言(ちゅ)えば治(おさ)まい 女房(かか)ん機嫌(ごっ) [弓場正巳]
関脇(東) 悪(わ)りとじゃろ 検査検査で 引(ひ)っ回(ま)えっ [新地十意]
関脇(西) 少(ち)す悪(わ)りが そこが魅力(みりょっ)で 友(ど)しなけっ [中間紫麓]
小結(東) 乏(とぼ)し脳(の)で 悪(わ)いこちなれば 頭(ず)が冴(さ)えっ [諸木小春]
小結(西) 悪(わ)り予感 予(かね)ちゃ握(にぎ)いが 飲(の)み誘(さそ)っ [萬福平次]
筆頭(東) 悪(わ)り所(とこ)や 全部(ずるっ)妻(か)け似た 厳(いみ)し娘(おご) [満留ぐみ]
筆頭(西) 悪(わ)り思(と)もが 煙草と縁が 切(き)いきらじ [楠八重渓流]
二枚目(東) 内気(いめ)じゃいが 飲めば管巻(じじら)ん 悪(わい)か癖 [佐伯山神]
二枚目(西) 金庫番 直(いっ)き悪(わ)り事(こ)つ 考(かん)げ付(ち)っ [上薗佳笑]
三枚目(東) 子の使(つ)けで 機嫌(ごっ)悪(わ)り姑(かか)を 和(なご)ませっ [北村虎王]
三枚目(西) 夫婦(みと)喧嘩(げんか) 悪(わ)りた亭主(とと)じゃち 子が裁(さ)べっ [井手上政暎]
四枚目(東) 機嫌(ごっ)の悪(わ)い 社長(しゃちょ)かい食(く)ろた 長(な)げ説教(せっきょ) [澤津乙名]
四枚目(西) 悪(わ)り箇所(とこ)や 全部(ずるっ)父親(ちゃん)似(に)ち 吐(かや)す女房(かか) [市来流星]
五枚目(東) 悪(わ)りた俺(おい) 犬(いん)ずい女房(かか)い 加勢(かせ)をしっ [石原ミエ子]
五枚目(西) 横着者(おどもん)が 悪(わ)り事(こ)ちゃ他人(ひと)い 背負(かい)わせっ [入来義徳]
六枚目(東) 三才児(みっつご)も 悪(わ)り事(こ)つすれば ニコッしっ [二見愚楽満]
六枚目(西) 無礼講(ぶれいこ)ち 我(わ)が言(ゆ)っ機嫌(ごっ)の 悪(わ)り社長 [米元年輪]
七枚目(東) 誰(だ)が総理(そう)り なってん悪(わ)り言(ちゅ) 週刊誌 [福山吉連]
七枚目(西) わいが悪(わ)り うんにゃ貴方(あんた)ち 夫婦(みと)喧嘩(いさけ) [江口紫朗]
八枚目(東) 幼児(こ)い悪(わ)りち 煙草吸(す)い爺(じ)は 追出(うだ)されっ [日隈英坊]
八枚目(西) 悪(わ)い悪(わ)いち 詫びた浮気い また走(はし)っ [上山天洲]
親方吟(東) 大吉(だいきっ)で 悪(わ)り事(こ)ちゃ全部(ずるっ) 追飛(うと)ばけっ [西ノ園ひらり]
親方吟(西) 運(ふ)の悪(わ)い日 二度も捕(うた)った ネズン捕(と)い [樋口一風]

第5回三條風雲児忌句会 兼題「呑気(のんき)」 吉岡道場選

雛壇(ひなだん)で 呑気なこっじゃ 舟を漕(け)っ [上篭若菜]
肩書(かたがっ)が 無(な)かや呑気ち 負け惜(お)しん [石塚律子]
呑気坊(のんきぼ)が 朝かあバスん 尻(し)ゆば追(う)っ [上山天州]
子は呑気 両親(おや)がうぜらし 受験前 [内村仏心]
家(え)ん仕事(しご)ちゃ 放置(うっちぇ)っ呑気(のん)き 鉄砲(てっぽ)撃(う)っ [満留ぐみ]
持病(じびょ)も無(の)し 呑気な毎日(めに)ちょ 夫婦(みと)揃(そろ)っ [今井夢紫]
軸吟 試験前 呑気な長男(すよ)い 気をば揉(も)ん

第5回三條風雲児忌句会 兼題「不自由(せんぽ)」 堂園三洋選

旅(たっ)の宿 唐芋(かいも)ん焼酎(そつ)が 無(の)し不自由(せんぽ) [中村雲海]
着膨(きぶくれ)っ 改札(かいさ)ち不自由(せんぽ) 冬(ふい)の朝 [石塚律子]
議(ぎ)たれ婆(ば)い まこち不自由(せんぽ)な 緩(ゆ)り入れ歯 [諸木小春]
被災地ん 不自由(せんぽ)を思(お)もと 切(せっ)のなっ [吉岡道場]
家出女房(か)け 不自由(せんぽ)あせんち 空威張(からいば)い [樋口一風]
百姓(さっにん)に 不自由(せんぽ)が見えた TPP(ティーピーピ) [北村虎王]
軸吟 山学校(やまがっこ) 給食(きゅうしょっ)が無(の)し 凄(わ)ぜ不自由(せんぽ)

第5回三條風雲児忌句会 兼題「捨(うっ)せ金(ぜん)」 中村雲海選

パチンコい 金(ぜん)ぬ捨(うっ)せけ 今日(きゅ)も通(かよ)っ [樋口一風]
捨(うっ)せ金(ぜん) 根ずい枯(か)れちょい 禿い塗(ぬ)っ [市来流星]
捨(うっ)せ金(ぜん) 思(と)もが人並(ひとな)み 塾(じゅ)きな遣(や)っ [吉岡道場]
こげな女房(か)け 払(は)るた結納(ゆいの)は 捨(うっ)せ金(ぜん) [堂園三洋]
整形を 三度もしたて まだ独身(ひとい) [新地十意]
百億円(ひゃくおっ)も 溝(どぶ)い捨(うっ)せた 御曹司(おんぞうし) [上篭若菜]
軸吟 飲(の)ん方(かた)あ 捨(うっ)せ金(ぜん)言(ちゅ)が 出世道(みっ)

第112回南日本薩摩狂句大会 兼題「薬(くすい)」 弓場正己選

特選 痩せ薬(ぐす)や 美事(みご)て乳房(ちち)かあ 萎(しな)びれっ [前村泰山]
秀一 多(う)け薬(くす)い 胃腸(いちょ)あ配達(はいた)ち 狼狽(ばたぐ)ろっ [小瀬一峻]
秀二 懐メロが 薬(くすい)血圧(けつあ)ちゃ 直(じ)き下(さ)がっ [中村雲海]
秀三 百薬(ひゃくやっ)の 長(ちょう)よち焼酎(しょちゅ)が 今日(きゅ)も訪(こと)っ [小瀬一峻]
秀四 恥(げん)なかで 亭主(てし)の名前(な)で買(こ)た 痔の薬(くすい) [福冨野人]
秀五 婆(ばば)なんだ 煎じ薬(ぐすい)で 医者知(し)らし [永徳天真]
軸吟 褒(ほ)むっとが 何(ない)よっか効(き)っ 良(よ)か薬(くすい)

第112回南日本薩摩狂句大会 兼題「利口(じく)」 有川南北選

特選 利口(じく)な女房(かか) 亭主(とと)を掌(てのひ)れ 踊(おど)らせっ [満吉満秀]
秀一 押売(おしう)ゆば 手話で追い出(で)た 利口(じく)婆(ばば) [入来院彦六]
秀二 はいはいち 姑(しゅと)をば立(た)つい 利口(じく)な嫁 [永徳天真]
秀三 半額(はんがっ)で 売(う)いが儲(も)けちょい 利口(じく)な店 [吉岡道場]
秀四 利口(じく)な女房(かか) 片足(かたあ)す上(あ)げっ 秤(ちき)い乗(の)っ [堂園三洋]
秀五 利口(じく)な下戸 出口(でぐっ)の近(ちか)き 座を決(き)めっ [石原ミエ子]
軸吟 鵜匠(うしょ)んごっ 亭主(て)すば操(あやつ)い 利口(じく)な女房(かか)

第112回南日本薩摩狂句大会 兼題「一言(ひとこっ)」 中村雲海選

特選 異常なし 医者ん一言(ひとこ)ち 飛(と)ん上(びゃ)がっ [堂園三洋]
秀一 児(こ)が出来(でけ)じ 姑(しゅと)ん一言(ひとこ)ちゃ 胸(む)ね刺(さ)さっ [石野蟹篭]
秀二 別(わか)るっち 一言(ひとこっ)が出(で)じ まだも夫婦(みと) [永徳天真]
秀三 爺(じ)ん位牌(いへ)と 毎朝(めあさ)一言(ひとこ)ちゃ 語(かた)い婆(ばば) [谷口雲城]
秀四 癌ち聞(き)た 一言(ひとこ)ち心配(せわ)な 持(も)たん金(ぜん) [米元年輪]
秀五 俺(おい)が悪(わ)り 一言(ひとこっ)言(ゆ)たや 焼酎(しょちゅ)が出(で)っ [新地十意]
軸吟 新米(しんごめ)あ 美味(うん)め一言(ひとこっ) こさっ込(こ)ん

その他の秀句 (順不同)

勉強(べんきょ)嫌(ぎ)れ 節電ぬ口実(だ)し もへけ寝(ね)っ [吉岡道場]
獅子舞に 呆(ぼ)やし頭(びんた)を 噛(か)ん貰(も)ろっ [津留見一徹]
鶏(にわとい)が どしこ犠牲か 赤(あか)か羽根 [石塚律子]
ドルじゃれば 沢山(うごっ)貰(も)ろよな 安(や)し給料(きゅうりょ) [米元年輪]
きみまろを 真似(まね)っ言(ゆ)たなあ 飯(め)す炊(た)かじ [伊地知 孝]
ハネムンの 後(あと)は五十年(ごじゅねん) 馬車馬(ばしゃうんま) [上薗佳笑]
内気(いめ)な亭主(て)し 心気(しんき)が煮(に)ゆい 遺産分け [三條風雲児]
浮気とな 知(し)たじ女房(おかた)は 靴磨(くっみが)っ [筧 三平]
安(や)し会費 案の定じゅ婆(ばば)が 酌(しゃ)きまわっ [倉元天鶴]
商売(あっね)上手(じょし) 背中ん子いも 笑(わ)るかけっ [有馬二刀流]
飲(の)んなとも 飲めとも言(ゆ)わん 倦怠期 [津留見酎児]
出発(でたっ)かい 揉め続けちょい フルムーン [福山吉連]
馬鹿殿が 百億(ひゃっお)くティッシュ 並(な)み使(つ)こっ [津留見一徹]
無料(ただ)ち聞(き)っ 欲(よっ)と連(つ)れぶし 外出(でば)い婆(ばば) [鈴木芳子]
ぴんころで 金(ぜん)な残(のこ)せち 欲(よっ)な長男(すよ) [中囿和風]
揉め事(ごっ)も 地五郎(ぢごろ)が出張(でば)っ あんべらしゅ [鞆田紅花]
手柄じゃち 早速(さしつけ)鯉幟(のぼ)ゆ 爺(じ)は準備(しこ)っ [新森鶏冠]
寝た態(ふい)で 保母は昼寝(ひんね)ん 子い付合(つっけ) [福原福多]
旅(たっ)の宿 唐芋(かいも)ん焼酎(そつ)が 無(の)し不自由(せんぽ) [中村雲海]
不自由(せんぽ)どま しちょらん子ずい 貰(も)ろ手当(てあて) [上籠若菜]
婆(ば)ん薬(くす)や 大概(てげ)な傷(きし)ずや 唾(つ)ず付(つ)けっ [原田菊男]
利口(じく)な嫁 知(し)っちょい事(こっ)も 姑(しゅと)い聞(き)っ [下栗志乃]
一言(ひとこっ)で 流れを変えた 名コーチ [津留見一徹]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top