<さつま狂句誌「さんぎし」

おんじょどいの小屋

さつま狂句誌「さんぎし」

第345号

  • ライバルい 余裕(よゆ)をかませっ 今日(きゅ)も育休(いっきゅ) [蔵ノ下夢石]
  • 新聞な広告(ちら)す先(さ)き見(み)っ 世帯(しょて)暮らし [山下矢絣]
  • 無料(ただ)焼酎(じょちゅ)い 内出血(つぐろ)を貰(も)ろた 帰(もど)い道(みっ) [河野楽天]
  • 貧乏神(びんぶがん) 居心地(いごこっ)が良(え)ち 尻(し)を据(すえ)っ [萩迫凡栽]
  • 羨(うらや)まし 小便小僧(しょべんこぞ)の 出(で)の良(え)こっ [永瀬ひよこ]
  • 子分限者(こぶげんしゃ) 恥(げん)ね言(ちゅ)ながあ また妊娠(でけ)っ [津曲とっこ]
  • 寛(ゆた)っして 孫娘(まごこ)が帰京(もど)っ 婆(ば)あ寝込(ねく)っ [馬込白鯨]
  • 一食分(ひとかたっ) 仕出(しだ)そち全部(ずるっ) 試食(ししょ)くしっ [渡辺比呂子]
  • 何(ない)一(ひと)つ 良(よ)か事(こ)た無(の)して 年の暮れ [狩俣康俊]
  • 夏(なっ)の墓 造花でどこも 見事(みご)て色 [山口涼風]
  • 今日(きゅ)は命日(たっび) 位牌(いへ)い酌(しゃ)くしっ 我(わ)がも呑(の)ん [西郷つぼね]
  • 魂胆(こんたん)が ないか有(あ)ろそな 妻(かか)ん酌(しゃっ) [慶田乱雲]
  • 厳(いみ)し妻(かか) ドラめな頬(ふ)どん 拭(ぬ)ぐどえっ [瀬戸口湯気]
  • 古希ん同窓会(かい) 美人(シャン)の影どま 何処(ど)けも無(の)し [蚕女]
  • 玄関(ふんごん)で 犬(いん)ぬ宥(なだ)むい 婿(むこ)候補 [満天]
  • 精一杯(せっぺ)泣(ね)っ 涙(なんだ)で難儀 ひん流(な)げっ [山路野菊]
  • 無口者(うんだまい) 煙草は間(ま)なし 口(く)ち挟(はす)っ [茶里]
  • 硬貨(どろ)一枚(いっめ) 足(た)らじ自販機(じはん)き 揶揄(ちょく)られっ [外薗湯乃香]
  • 足(あ)しゃ土地(じだ)い 着(ち)っ間(はざ)んなか 太鼓踊(てこおど)い [天人]
  • 満(まん)で言(ゆ)っ 数(かぞ)えで計算(つも)っ 厄(や)く逃(に)げっ [無花果]

page top