鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第591号 10月号

雑吟     塚田黒柱選

一番槍 身のまわや 全部(ずるっ)月賦ん 伊達男 [小瀬一峻]
二番槍 理想像(りそうぞ)は 先生ち書(け)っ 褒(ほ)められっ [永徳天真]
三番槍 医者が匙(さ)ず 投げた亭主(とのじょ)ん 辛(つ)れ介護 [今釜三岳]
四番槍 女房(かか)ん方(ほ)が 余計(じんじ)気いすい 亭主(てし)の禿 [森山厚香]
五番槍 豆腐(おかべ)しか 無(な)かて飲(の)ん友達(ど)す 連(つ)れっ来(き)っ [末村琢磨詩]
六番槍 棚田刈(が)い 一枚(いっめ)を刈(か)っちゃ 上を見(み)っ [馬迫 蛙]
七番槍 待(ま)っきらじ ケーキい残(の)けた 可愛(む)ぜ手形 [福冨野人]

渋柿集

三條風雲児 バインダを 五升(ごしゅ)播(ま)っずいも 唸(おら)ばせっ
徒競争(ときょうそ)は どっちん血筋(すっ)か 尻(げ)つ走(はし)っ
買手(けて)が無(の)し 漁師(ふなと)泣かせん 金眼鯛(きんめだい)
体験の 如(ご)ちゃ楽(だっ)じゃ無(な)か 甘藷(かいも)掘(ほ)い
新そばを 打(う)っわが家族(けね)で 放生会(ほぜ)をしっ
有川南北 眠(ね)びとこい ねえち背中ん 痒(か)い女房(おかた)
卵どん 食(か)せたて亭主(とと)は もへけ寝(ね)っ
降(ふ)っちゃ照(て)い まこてヒス女房(か)け 似た日和(ひよい)
退職(やめ)っかあ 碁盤の相手(えて)で 日を暮(く)れっ
普通語い かいもが混(ま)じい 村議会
塚田黒柱 養殖(ようしょっ)の 味(あ)じ慣らされた 可哀相(ぐら)し舌
原発(げんぱっ)の 近(ちか)き来たなあ なお禿(は)げっ
脳波ずい 人と違(ち)ごちょい 臍曲(へそま)がい
孫んよな 生徒を相手(えて)い 擾(こな)されっ
座学(ざがっ)よか ちょボラで福祉(ふく)し 目を開(ひ)れっ
堂園三洋 美味(うん)めかろ 旅(たっ)番組(ばんぐん)の 豪華(わざ)え料理(じゅい)
密室(みっしっ)で 美人(シャン)と二人(ふたい)の エレベータ
苦瓜(にがご)ゆば 食(たも)れち言(ゆ)えば 逃(に)ぐい孫
飲(の)ん過ぎち 女房(かか)と子かいの 激(はげ)し苦情(くじょ)
久(さ)しゅ来(こ)んち 来ればうぜらし 孫を待(ま)っ
植村聴診器 デイケアで 遠(と)え耳(みん)の人達(し)が 相槌(えは)を打(う)っ
はんとけっ 痛(いた)さよか先(さ)き 周囲(ぐる)ゆ見(み)っ
魂利(たましき)っ 姑御(しゅとじょ)ん肚(はら)を 逆(さか)て取(と)っ
弁当代(べんとで)も 込(こ)みち女房(かか)から 小遣(銭こつけぜん)
運動会(うんどかい) 帰(もど)や一背負(ひとか)れ 塵(ごん)ぬ持(も)っ
岩崎美知代 白飯(しろまま)を 拝(おが)ん食(く)た日も 遠(と)おけなっ
両親(おや)ん背を 見て来た通(とお)い 子あ育(そだ)っ
楽肥(だっご)えち 言(ゆ)よな姑様(かかさ)ん 目が刺(さ)さっ
俺(おい)が事(こ)つ カード一枚(いっめ)い 拘束(きび)られっ
婆(ば)の昼寝(ひんね) 総入歯(がんぶ)ゆがらっ 蠅(へ)がむしっ

山椒集 題「威(おど)し」     有川南北選

大物(おおもん)な 電話一(ひと)っで 威(おど)しなっ [福山吉連]
肝試し 威(おど)し薮(やぼ)かあ 砂(ずな)を撒(め)っ [仮屋一発]
黄金波(こがねな)み 目ん玉威(おど)しゃ 宙(ちゅ)を睨(ねぎ)っ [東 竜王]
五客一席 西瓜(すか)畑 烏(から)しゃ威(おど)しの 肩(か)て止(と)まっ [山内成泰]
五客二席 断れば 押売(おしゆ)や威(おど)し 目を据(す)えっ [細山田妙子]
五客三席 こけ威(おど)し 言(ちゅ)どん気味(きぞ)悪(わ)り 北朝鮮(きたちょせん) [坂元鶴山]
五客四席 一度(いっど)した 過(あやま)つ一生(いっしょ) 威す女房(かか) [栫 路人]
五客五席 出(で)っ行(い)っち 年中(ねんじゅ)女房(うっか)て 威(おど)されっ [田中栄泉]
選者吟 海水浴(しおあびい) 鮫(さ)め威(おど)されっ 浜は騒動(そど)

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

新聞ぬ 一日(ひして)見(み)らんな 世が変(か)わっ [畑山真竹]
大(ふ)て銀行(ぎんこ) 倒産(たお)れかくれば 税が加勢(かせ) [田代彦熊]
中一(ちゅういっ)が 日本中(にほんじゅ)ん血を 凍(こお)らせっ [西ノ園ひらり]
四天王一席 優勝を 道頓堀(どうとんぼい)が 待(ま)っちゃげっ [津曲とっこ]
四天王二席 山里ん 暮(く)らす一呑(ひとの)み 土石流(どせっりゅう) [細山田妙子]
四天王三席 知事親娘(おやこ) 他人混(ま)じらじ 繰(く)ゆばしっ [野間口鈴女]
四天王四席 お家芸(いえげ)ゆ 復活(ふっか)つさせた 世界新 [永徳天真]
選者吟 諭吉氏(ゆきっし)は 留任じゃった 新(に)け紙幣(しへい)

郷句相撲 題「肚(はら)」

横綱(東) いざ言(ちゅ)とか 女房(おかた)ん肚(はら)が 先(さ)き座(すわ)っ [細山田妙子]
横綱(西) 隣国(つっ)じゃいが 肚(はら)は解(わか)らん 北朝鮮(きたちょせん) [深道好之]
大関(東) 親子二代(にで) 肚(はら)い根を持(も)っ 睨(ねぎ)い合(よ)っ [入来創雲]
大関(西) すまんねち 肚(はら)じゃ思(おも)てん 言(い)わん亭主(てし) [栫 路人]
関脇(東) 肚(はら)を割(わ)っ 語(かた)ろち飲めば また揉(も)めっ [川村三生]
関脇(西) よし手術(き)ろち 肚(はら)を決(き)めたや 元気(げん)きなっ [上籠若菜]
小結(東) 政治家ん どす黒(ぐ)れ肚(はら)い 税(ぜ)や消(き)えっ [野間口鈴女]
小結(西) ざまな兄弟(きょで) 親ん介護で 肚(はら)探(さぐ)い [今釜三岳]
筆頭(東) 小(こ)め肚(はら)も 入れ知恵次第(しで)じゃ 図太(ずぶ)となっ [畑山真竹]
筆頭(西) 肚黒(はらぐ)れで 友達(どし)の語(かた)いな 耳(み)む立(た)てっ [有村土栗]
二枚目(東) 手術台(しゅじゅっだい) け死(し)んでんよか すえた肚(はら) [黒木菜々]
二枚目(西) 愛想(えそ)は良(え)が どうも肚黒(はらぐ)れ 奴(や)ちみえっ [平中小紅]
三枚目(東) 真実(がっつい)の 肚(はら)は分(わ)からん 語(かた)い上手(じょし) [久永時盛]
三枚目(西) 懐妊(もっく)だや 肚(はら)どん据(す)えっ 親(お)へ相談(そだん) [川村 明]
四枚目(東) 現代(いま)ん子は 肚(はら)に納(おさ)めじ 頭(びん)て来(き)っ [田代勝泉]
四枚目(西) 癌診断(みた)て 肚(はら)をば決(き)めっ 亭主(て)すば看病(み)っ [小森寿星]
五枚目(東) 飲(の)ん肚(はら)で 歩(あゆ)ん来たとに 出(で)らん焼酎(しょちゅ) [堂園三洋]
五枚目(西) 肚(はら)が大(ふ)て 言(ちゅ)どん我(わ)が家(え)あ 火の車(くいま) [仮屋一発]
六枚目(東) 横着者(おどもん)か 肚(はら)が太(ふ)てとか 知(し)れん奴(わろ) [樋渡草団子]
六枚目(西) 出馬(で)い肚(はら)か 会費あ只(ただ)ん 招待(しょゆ)がきっ [井手上政暎]
七枚目(東) 夫婦(みと)喧嘩 肚(はら)をば決(き)めっ 言(ゆ)放題(ほで)言(ゆ)っ [西ノ園ひらり]
七枚目(西) こん男(ひと)ち 肚(はら)を据(す)えたろ 出来(でけ)た婚 [津留見酎児]
八枚目(東) 貰(も)ろれ相談(そだん) 世帯(しょて)を褒(ほ)めほめ 肚(はら)探(さぐ)い [松元清流]
八枚目(西) 何時(いっ)ずいも 肚黒(はらぐ)れビラが 壁(か)べ笑(わ)るっ [田中栄泉]
親方吟(東) 儲(も)け話(ばなし) 相槌(えは)は打(う)っどん 探(さぐ)い肚(はら) [植村聴診器]
親方吟(西) 子ん肚(はら)が 読(よ)めんじ両親(おや)も 非難(たた)かれっ [岩崎美知代]

第25回都城大会 席題「西瓜(すか)」 中村雲海選

可哀相(ぐら)し西瓜(すか) 畠で店で 叩(たた)かれっ [前原麺坊]
大(ふ)て相談(そだん) 高価(た)け西瓜(すか)さげっ 実家(さ)て訪(こと)っ [横手五月]
油粕(あぶらか)す ごっとい食(く)ろた 美味(うん)め西瓜(すか) [埀野剣付鶏]
選者吟 暇な奴(わろ) 西瓜(すか)ん縦縞 数(か)んぜちょっ [中村雲海]

第25回都城大会 兼題「海(うん)」 堂園三洋選

荒波(あらなん)が 沖(お)き抱(で)っ逃げた アデランス [北村虎王]
テポドンに 魚(いお)も心配(せわ)らし 日本海 [小森寿星]
ビキニ見(み)い 飯(め)すば食(く)外(は)じた 海開(うんびら)っ [末村琢詩]
選者吟 振(ふ)られ青年(にせ) くずれ女(おなご)ち 海(う)み吠(ほ)えっ [堂園三洋]

その他の秀句 (順不同)

カタカナ語 漢字んルビが 欲(ほ)し老人(おんじょ) [樋口一風]
里帰(さともど)い 食(く)放題(ほで)食(く)た上(う)へ 持(も)っ限(かぎ)い [上山天洲]
歯軋(はぎし)いも 寝言(ねごっ)も無(ね)女房(か)け 目が冴(さ)えっ [津留見一徹]
口(くっ)のぶん やれ滾(たぎ)っちょい 挨拶(えさっ)ぢょか [森山厚香]
一息(ひとい)きな 驚(たまが)いきいも ならん娑婆 [新留豪也]
成(な)い上(や)がい 女房(かか)もざあます 使(つ)こでけっ [有馬慶成]
食(く)ごちゃあっ 肥(こ)ゆごちゃなかち 欲(よっ)な女房(かか) [横手五月]
病人な 神様(かんさあ)ですち 開業医 [前田あやめ]
安(や)し卵 引合(ひっ)きょどかいち いらん心配(せわ) [岩崎司留]
神無月(かんなづっ) わが家(え)なずしち 山ん神(かん) [福原福多]
孕(でけ)たどち 威(おど)しで言(ゆ)たや 狼狽(ばたぐ)ろっ [弓場正巳]
可愛(む)ぜ小指(こい)び 針(はい)千本ち 威(おど)されっ [津留見一徹]
農業(さ)く止(や)めっ 米は買(こ)た方(ほ)が 安(や)しち知(し)っ [佐伯山神]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top