鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第589号 8月号

雑吟     塚田黒柱選

一番槍 息子(こ)の家(うっ)で 義理(ぎい)の朝寝も 堪(の)さんこっ [野村三味]
二番槍 もへ離婚 祝儀(ゆえ)を戻(もど)せち 言(ゆ)おごたっ [佐土原 隆]
三番槍 言(ゆ)でたなあ 聞(き)かん横(よん)ごい 負(ま)けん女房(かか) [上山天洲]
四番槍 何処(ど)け行(い)てん 締(し)め出(だ)す食(く)ろた 煙草好(す)っ [田原大黒]
五番槍 素麺(そめん)腹 ふくれた割(わ)いな 気力(あや)がのし [郷田悠々]
六番槍 働(はた)れてん 金(ぜん)になならん 日曜(にちよ)大工(でっ) [森山厚香]
七番槍 新聞の 配達(はいだ)ち恥(げん)ね 朝帰(あさもど)い [入来創雲]

渋柿集

三條風雲児 墓参(はかめ)いも きっせじゴルフ しけ走(はし)っ
喫煙者(たばこの)む 目の敵(かた)きすい 健康法(けんこうほ)
水鉄砲(みっしゃく)ゆ 爺(じ)の禿(は)げ向(む)けた 悪戯坊主(けすいばっ)
梅干(うんめぼ)しゅ 夕立(さだ)ち遭(お)わせた 長(な)げ昼寝(ひんね)
種西瓜(たねずか)を 烏の奴(わろ)が 先(さ)き食(く)ろっ
有川南北 薔薇祭(まつ)い 鹿屋(かの)へ車(くいま)ん 数珠連(せんつな)っ
白熊も ぐたっ檻(お)い這(ほ)た 夏(なっ)さなか
ビール腹 パンツひとっで 端居(は)し涼(すず)っ
風鈴が ことっ動(うご)かじ 蒸暑(ほめ)っ夜ばん
蒸暑(ほめ)っ晩 側(そ)べきた女房(かか)を 払(は)れのけっ
塚田黒柱 働けち また始(はい)まった 月曜日
買(こ)ちゃみいが 読(よ)まん本ぬば 積(つ)ん上(や)げっ
体(から)で良(え)ち テレビが言(ゆ)えば 鵜呑(ぐの)みしっ
他人(ひ)てな言(ゆ)が 自分(わが)でも書(け)ちょい 誤字当て字
原発(げんぱっ)の 側(そ)べやっ来たで 増えた心配(せわ)
堂園三洋 旅(たっ)が好(す)っ じゃいが先立(さきだ)っ 物(もん)が無(の)し
のど自慢 長(な)ご唄(う)とわせっ 一(ひと)っ鐘
安売(やすう)いの 品は底(そ)けやい 買物籠(けもんかご)
入れ替(か)わい 美人(シャン)が出(で)っ行(い)た 露天風呂
団地住(ず)め 小(こ)まんか声で 夫婦(みと)喧嘩
植村聴診器 両方(まんぼ)から 思(お)め出(だ)さん名字(みょ)じ 挨拶(えさ)つ言(ゆ)っ
あしこそこ 紫蘇が染(しゅ)んじょい 女房(かか)ん梅干(うめ)
マスクなし 息(い)くしがならん 恐(お)じ病気(やんめ)
褌(へこ)一(ひと)ち なっみろごたい 凄(わ)ぜ蒸暑(ほめ)っ
気は若(わ)けて 敬老(けいろ)ん見舞(みめ)い 恥(げん)のなっ
岩崎美知代 放蕩(ばか)息子 縁切(うっ)すちすれば 頼(たよ)っ来(き)っ
土用(どゆ)暑(ぬっ)せ 西瓜(すか)も畑で 煮(に)え滾(たぎ)っ
血の検査 朝かあ耳(みん)な 擾(こな)されっ
内気(いめ)な亭主(とと) 嘘を言(ゆ)たとか 動(いご)っ眉毛(めげ)
小(こ)め悩(なや)ん 桜島(しま)どんみたや け忘(わす)れっ

山椒集 題「日傘(ひがさ)」     有川南北選

燃(も)ゆいよな 日傘(ひが)せビキニん 眩(めは)り娘(おご) [菖蒲谷天道]
擦(す)れ違(ち)ごた 美人(シャン)な日傘で 身(み)を隠(か)きっ [棈松睦酔]
海開(うんびら)っ 浜(は)めな日傘ん 花が咲(せ)っ [井手上政暎]
五客一席 絽(ろ)の着物(いしょ)い 日傘姿(すがた)ん 麓(ふもと)奥様(こじゅ) [郷田悠々]
五客二席 妬(しょの)んじゃろ デートん日傘(ひが)せ 蝶(ちょ)が舞付(めち)っ [久永時盛]
五客三席 ビキニ娘(おご) 日傘ん下で 露出(うっだ)せっ [川村 明]
五客四席 油照(あぶらで)い 日傘代(が)わいの 唐芋柄(といもがら) [有馬慶成]
五客五席 小(こ)め日傘(ひが)せ 背負(かる)た幼児(ちび)どま 日干(ひぼ)し遭(お)っ [仮屋一発]
選者吟 マドンナん 日傘(ひが)せ若者(にせ)どが 目を見出(みで)っ

龍虎集 「時事吟」     堂園三洋選

鎖国(さこっ)でん せんな恐(おと)ろし サーズ騒動(そど) [西 幸子]
宇宙(うちゅ)ん石(い)す 三億(さんおっ)の向(む)け 採集(と)いけ飛(つ)っ [稲留明天]
また軍靴(ぐんか) 響(ひび)っ来(く)いよな 有事法 [鈴木一泉]
四天王一席 空気をば 吸(す)なち言(ゆ)おそな SARS(サーズ)予防(よぼ) [上籠若菜]
四天王二席 マナん悪(わ)り 釣(つ)ゆタマちゃんに 暴(あば)かれっ [岩崎美知代]
四天王三席 少子化が 名門校(めいもんこ)をば 揺(ゆ)れさせっ [樋口一風]
四天王四席 こら堪(の)さん りそねそがらし 税で加勢(かせ) [山内成泰]
選者吟 三浦氏い 続(つづ)こち裏ん 山(や)め登(のぼ)っ

郷句相撲 題「涼(すずる)し」

横綱(東) 俺(お)や知(し)たん 涼(すずる)し顔(つら)で 黙秘権 [永野寛二]
横綱(西) 涼(すずる)しち 図書館な良(よ)か 昼寝(ひんね)場所 [小森寿星]
大関(東) 古(ふんな)か家(え) 涼(すずる)し風が 吹(ふ)っ抜(ぬ)けっ [有馬純秋]
大関(西) 涼(すず)すなっ ビールを焼酎(しょちゅ)い 切(き)い替(か)えっ [永徳天真]
関脇(東) 可哀相(ぐら)しごっ 涼(すずる)しゅなった 爺(じ)ん頭髪(びんた) [畑山真竹]
関脇(西) 涼(すず)し態(ふ)で 出来(でけ)ん公約(こうや)く きし吐(か)えっ [仮屋一発]
小結(東) 氷(こおい)皿(ざ)れ 涼(すずる)し刺身(さし)み 喉が鳴(な)っ [樋渡草団子]
小結(西) 冷(ひ)や素麺(そめん) 舌で涼(すずる)し 音を出(で)っ [川村 明]
筆頭(東) 涼(すずる)しち 網戸(あんど)でけ寝(ね)い 木強(ぼっけ)娘(おご) [安藤孟宗竹]
筆頭(西) 借(か)ったぎい 寄(よ)い付(つ)っもせん 涼(すず)し奴(わろ) [蔵ノ下夢石]
二枚目(東) 一(ひと)夕立(さだっ) 来れば涼(すずる)し 庭ん花 [西 幸子]
二枚目(西) 透けた服(ふ)か 涼(すずる)しじゃろが 気が揉(も)めっ [小原庄太郎]
三枚目(東) 出たバンコ 胸をはたげっ 涼(すずる)しゅし [隈元都城男]
三枚目(西) 凄(わざ)え女房(かか) 涼(すずる)し顔(つら)で 離婚(わか)る言(つ)っ [花牟礼雲雀]
四枚目(東) 飛(つ)っ蛍(ほたい) 夕立(さだっ)上(あが)いの 涼(すず)し風 [山内成泰]
四枚目(西) 夕立(さだっ)後(あ)て 涼(すずる)し風が 家内(やう)ち舞(も)っ [有村土栗]
五枚目(東) 女房(かか)奴(わろ)が 涼(すずる)し風ん 道(み)つ塞(ふて)っ [野間口鈴女]
五枚目(西) 旅(たっ)帰(もど)い ブラジャも外(は)じっ 涼(すず)らしゅし [那加野黎子]
六枚目(東) 収賄(もろ)た奴(と)が 涼(すずる)し顔(つら)で またも出馬(で)っ [松元清流]
六枚目(西) 涼(すず)し奴(わろ) 友人(どし)のボトルを 飲(の)ん回(され)っ [津曲とっこ]
七枚目(東) 絽の着物(いしょ)を 涼(すずる)し風が 吹(ふ)っ抜(ぬ)けっ [横手五月]
七枚目(西) 肥えた婆(ば)が 涼(すずる)し風を せっ止(と)めっ [崎山典子]
八枚目(東) パチンコ屋 涼(すずる)し過(す)ぎっ 財布(ふぞ)は空(から) [久永時盛]
八枚目(西) 万引犯(まんびっ)が 涼(すずる)し顔(つら)で 店を出(で)っ [深道好之]
親方吟(東) 涼(すずる)しか 肌持(はだも)ちなって 縁談(はな)しゃ無(の)し [植村聴診器]
親方吟(西) 風呂上(あが)い 浴衣(ゆか)て団扇(うっば)ん 涼(すず)し風 [岩崎美知代]

第95回南日本薩摩郷句大会 兼題「蟹(がね)」 栫 路人選

特選 俺(おい)が食(く)た 蟹(がね)足(あ)す女房(かか)は まだくじっ [有川南北]
秀一 蟹(がね)ん足(あ)しゃ 歯の強(つ)え女房(かか)が こしたえっ [埀野剣付鶏]
秀二 浜競馬(はまけいば) 巣の中(な)け蟹(がね)あ 息(い)く殺(こ)れっ [瀬戸口和八久]
秀三 来年(でねん)来(け)ち 網(あん)の子蟹(こがね)は 海(う)み戻(も)でっ [弓場正巳]
秀四 ズワイ蟹(がね) かったロシアん 味(あっ)がしっ [三條風雲児]
秀五 グラタンが 蟹(がね)ん甲羅(つ)ん中(な)け 宿を借(か)っ [前田セツ]
軸吟 突(つ)くじろが 威嚇(おど)そが蟹(がね)あ 横(よ)け逃(に)げっ [栫 路人]

第95回南日本薩摩郷句大会 兼題「メール」 堂園三洋選

特選 午前様(ごぜんさ)へ 帰(もど)らんで良(え)ち 来たメール [永徳天真]
秀一 登校(とうこ)拒否 友達(どし)のメールい 立(た)っ上(ちゃ)がっ [岩崎美知代]
秀二 内気(いめ)な青年(にせ) メールじゃはしと 好(す)っち書(け)っ [満留ぐみ]
秀三 お休みち メールが来(こ)んな 寝付(ねつ)かれじ [津留見酎児]
秀四 気乗(きの)やせん 醜男(ぶにせ)が度々(はいと) 送(や)いメール [津留見酎児]
秀五 長病気(ながやんめ) 孫んメールが 薬(くす)いなっ [井手上政暎]
軸吟 歯痒(はが)いこっ 諭吉(ゆき)つ送れち 子のメール [堂園三洋]

第95回南日本薩摩郷句大会 兼題「半端(はんぱ)」 塚田黒柱選

特選 頑丈(じょっ)な腹 半端腐(ねま)った 団子(だご)も食(く)っ [福冨野人]
秀一 早(は)よ飲(の)もち 視察(しさ)ちゃ半端で 切(き)い上(や)げっ [小森寿星]
秀二 ゴルフ稽古(けこ) 半端で今度(こん)だ 碁を習(な)るっ [有馬慶成]
秀三 裁判に 遺族(いぞ)か半端な 判決(さば)く叱(が)っ [津曲とっこ]
秀四 山暮らし 半端床屋ん 女房(かか)が刈(つ)ん [三條風雲児]
秀五 手荒(てあ)れ医者 麻酔(ます)や半端で 手術(き)いでけっ [有村土栗]
軸吟 焼酎(しょちゅ)ん匂(か)ぜ 仕事(しご)ちゃ半端で 切(き)い上(あ)げっ [塚田黒柱]

第95回南日本薩摩郷句大会 兼題「能(ぬ)」 有川南北選

特選 匠(たくん)技(わざ) みげた歳月(としつ)き 能(ぬ)が光(ひか)っ [福原福多]
秀一 議(ぎ)の割(わ)いな 能(ぬ)の無(な)か課長(かちょ)い こなされっ [榎元 力]
秀二 才能(さいの)どま 無(な)かてピアノは 捨(うっ)せ金(ぜん) [三條風雲児]
秀三 儲(も)け事(ご)ちな まっで能(ぬ)の無(な)か 亭主(て)す叱(く)るっ [倉元天鶴]
秀四 歌(う)て回(まわ)し 能(ぬ)の無(ね)た鶏(とい)の 真似をしっ [仮屋一発]
秀五 能(ぬ)の無(ね)亭主(て)す 養(やし)のちょいよな 遣手(やいて)女房(かか) [津留見酎児]
軸吟 連呼しか ほけ能(ぬ)は無(ね)とか 選挙カー [有川南北]

その他の秀句 (順不同)

泣(な)っかぶっ ブラジャで逃げた 野球拳 [津留見酎児]
泡(ぶっ)の多(う)け ジョッキあ隣(つっ)と 取(と)い替(か)えっ [金井一馬]
一生(いっしょう)が 勉強(べんきょ)じゃんさち 健(さか)し爺(じじ) [栫 路人]
後妻(にどめか)け 年金次第(しで)じゃ 嫁(い)こち言(ゆ)っ [安藤孟宗竹]
試食(ししょ)くした 後(あと)あ試飲の 茶を啜(すす)っ [米元年輪]
馬鹿を言(ゆ)な 飲(の)ん為(た)め貸(か)すい 金(ぜん)な無(な)か [埀野剣付鶏]
新米(しんめ)ママ 赤児(あかご)と一緒(ひと)ち 泣(な)っでけっ [西ノ園ひらり]
作品(もの)よっか 描(け)た人ん名が 値を決(き)めっ [坂元鶴山]
日傘どん 差(さ)せっ野良(はい)来た 街(まっ)の嫁 [金井一馬]
厚化粧(あっげしょ)で 目尻(めじい)の皺を 埋め立(た)てっ [塚田黒柱]
編(あ)んかけた セータ半端で 恋(こ)や終(おわ)っ [平中小紅]
能(ぬ)が無(な)かで 肩でん揉(も)めち 吐(か)やす女房(かか) [金井一馬]
良(ゆ)したもん 能(ぬ)の無(な)か亭主(て)しな 遣(や)い手(て)女房(かか) [田代彦熊]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top