鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第579号 10月号

雑吟     三條風雲児選

一番槍 俺(おい)好(ごの)み なっ言(ちゅ)て嫁(き)たて 尻(し)いけ敷(し)っ [津留見酎児]
二番槍 多(う)け遺産 看病(かびょ)した嫁は 貰(も)れださじ [山内成泰]
三番槍 女房(かか)ん下知(げ)ち 俺(お)や鵜(う)じゃ無(ね)どち 愚痴(ぐ)つば言(ゆ)っ [小森寿星]
四番槍 鍵(か)ぐ掛(か)けっ ことっとんせん 勉強(べんきょ)部屋 [江平光坊]
五番槍 病院の パジャマ病人(びょにん)の 顔(つら)いしっ [小瀬一峻]
六番槍 ラーゲリは 地獄(じごっ)絵隠蔽(かき)っ 繁(しげ)い草 [坂口橘風]
七番槍 猫ん名は 呼(よ)んが女房(おかた)ん 名は言(い)わじ [栫 路人]

渋柿集

三條風雲児 松茸(まったけ)は 朝晩食(く)よな 法螺(ぎら)を吹(ひ)っ
アベックを 鶺鴒(たろぜ)が近(ちか)き 来てちょくっ
殿様蝗虫(くさだか)を ジャンプで捕った 野良猫(まぐれねこ)
擾(こな)し振(ぶ)い 今年(こと)しゃ台風(うかぜ)が 訪(き)どえちょっ
新米(にかこめ)ん 飯(め)しゃ精霊様(しょろさあ)が 先(さ)き食(たも)っ
寒(さ)むならじ 吊柿(ついが)か軒端(のっ)べ 腐(けっ)されっ
食(く)如(ご)っ飲(の)ん 薬(くすい)も一向(いっこ) 効(き)ちゃこんじ
上田 格 飲(の)ん工面 目と目が語(かた)っ 動(いご)っ出(で)っ
理屈(ぎ)は言(ゆ)どん 浴衣一枚(いっめ)も 首尾(び)は取(と)れじ
訪問(こと)ったや 猫が真先(まっさ)き 挨拶(えさ)ち出(で)っ
割勘(わいかん)ち 決まったときな 人数(に)じゃ足(た)らじ
新甘藷(しんかいも) 味(あ)じゃま一(ひと)っち 添書(そえ)っあっ
ないが痩(や)す 食後(しょっご)は団子(だご)で 締(し)めくくっ
アベックい 気兼ねをしいし 蟋蟀(ぎみ)も鳴(ね)っ
有川南北 救急車(きゅうきゅう)しぇ 団地ん窓が ずるっ開(え)っ
何(な)ゆ食(く)てん 当(あ)たらん女房(かか)ん 鍋こさっ
威張(いば)いくせ 上役(う)へなからきし 弱(よ)え課長
走(はし)いぐら 肥満(だんべ)はいっき 疲(だ)れっ尻(げっ)
散歩道(みっ) 犬(いん)な犬(いん)同士(どし) 嗅(かず)ん合(よ)っ
塚田黒柱 染(そ)むい毛が あい衆(し)は良(よ)かち 鏡(かが)む見(み)っ
食(か)じおれば 痩(や)すったいがち 妻(かか)を叱(が)っ
若(わ)け証拠 大世間(うぜけん)腹が 立(た)っどえっ
他人(ひ)てな言(ゆ)が 自分(わ)が親馬鹿(おやば)けな 気がつかじ
六十(ろくじゅ)かあ 先(さ)か嬉(うれ)しゅなか 誕生日
村田子羊 擦(す)れ違(ち)ごが 多(う)こし歯痒(はが)いか メロドラマ
よいなこっ 五十(ごんじゅ)男(おっこ)が パパいなっ
成(な)い上(や)がっ エスて投(な)ん込(く)だ 煤(すす)け女房(かか)
脳みそが 故障(こしょ)をしたよな 若作(わかづく)い
父(ちゃん)のごっ なろち頼(たの)もし 後継者
岩崎美知代 赤飯(あかまま)が 女性(おなご)いなけた 転婆娘(いなばおご)
母危篤(きと)き 昨日(きぬ)かあ烏(から)しゃ 騒動(そど)をしっ
当選(あが)ったや 我(わ)が顔(つら)つくい 日を暮(く)れっ
倹(つま)し女房(かか) 流台(なが)しゃ白砂(しらし)で 光(ひか)らせっ
捨(うっ)せ金(ぜん) じゃろそな結婚式(しょよ)ん のし袋

山椒集 題「稲」     上田 格選

稲刈(いねか)ゆば 孫ん学校(がっこ)で 爺(じ)が指導 [中間紫麓]
稲取(と)いに 邪魔(ま)じない加勢(かせ)も 沢山(ずばっ)来(き)っ [諸木小春]
減反ち 稲じゃい知(し)たん 衆(し)が吐(か)えっ [塚田黒柱]
五客一席 稲ん穂が 器用(じ)く活(い)けられっ 床(と)け座(すわ)っ [平中小紅]
五客二席 栄養が 過ぎたか稲は 地面(じ)で這(すぼ)っ [堂園三洋]
五客三席 稲掛(か)けん 呆(ぼ)やしうんまが はん転倒(と)けっ [蔵ノ下夢石]
五客四席 どぬり妻(かか) 稲刈(いねか)い茶どま 間(か)き合(お)わじ [入来創雲]
五客五席 陸稲(のいね)刈(か)い 晩生(おって)西瓜が 畦(あ)ぜ転(まく)っ [倉元天鶴]
選者吟 台風(うかぜ)前 テレビも稲ん 心配(せわ)をえっ

龍虎集 「時事吟」     有川南北選

たまがった 高速(こうそっ)バスが 千鳥足(ちどいあし) [大脇保子]
両替えい 手数料(てすうりょ)言(ちゅ)でた 吝(こ)し銀行(ぎんこ) [今釜三岳]
指宿(いぶすっ)が フェリー廃止で 遠(と)おけなっ [堂園三洋]
四天王一席 魂胆な 隠(か)けっ繰(く)いでた 十一桁(じゅいっけた) [福冨野人]
四天王二席 学(が)か次(つっ)で 計算(さんにょ)が走(はし)っ 帝京大(ていきょだい) [小森寿星]
四天王三席 不審船 今度(こん)だ台風(うかぜ)が 潜(もぐ)らせっ [鈴木一泉]
四天王四席 五日制 学力(がくりょっ)心配(せわ)で 補習授業(じゅぎょ) [福原福多]
選者吟 三割(さんわい)じゃ 碌(ど)き病院も 行(い)かならじ

郷句相撲 題「新焼酎(しんじょちゅ)」

横綱(東) 新焼酎(しんじょちゅ)ん 匂(か)ぜ休肝日 うっ止(ちゃ)めっ [福山吉連]
横綱(西) 新焼酎(しんじょちゅ)ち 余計(よけ)な事(こ)つ言(ゆ)で 空(から)いなっ [津留見酎児]
大関(東) 新焼酎(しんじょちゅ)ん 匂(か)ぜ切(き)い端(はな)ん 胃が悔(く)やん [安藤孟宗竹]
大関(西) 新焼酎(しんじょちゅ)も 二三杯(にさんべ)飲めば ただん焼酎(しょちゅ) [小瀬一峻]
関脇(東) 管巻(じじら)いな 安(や)し新焼酎(しんじょちゅ)と すい替(か)えっ [塚田黒柱]
関脇(西) 新焼酎(しんじょちゅ)あ クラシックをば 聞(き)て熟成(そだ)っ [福冨野人]
小結(東) 爺(じ)が甘藷(かいも) 新焼酎(しんじょちゅ)いなっ もどっ来(き)っ [野間口鈴女]
小結(西) 新焼酎(しんじょちゅ)を 十五夜(じゅごや)ん月(つっ)と 差しで飲(ぬ)っ [小森寿星]
筆頭(東) 新焼酎(しんじょちゅ)ち 新(にっ)か名前で 飛(つ)で売(う)れっ [樋之口墨矢]
筆頭(西) 新焼酎(しんじょちゅ)あ 良(よ)かなち女房(かか)も 出来上(あ)がっ [今釜三岳]
二枚目(東) 新焼酎(しんじょちゅ)を たのしん過(す)ぎっ 古酒(こしゅ)いなっ [堂園三洋]
二枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)も 水(みっ)じゃ麹(こし)じゃち 方法(て)を変(か)えっ [田原大黒]
三枚目(東) 新焼酎(しんじょちゅ)を 度々(はたれ)っ舐(な)めっ ち酔(よく)ろっ [野村三味]
三枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)ち 女将(ママ)は馴染(なじん)に そっち注(ち)っ [小森寿星]
四枚目(東) 新焼酎(しんじょちゅ)い 余計(じんじ)飲(の)ん座が 長(な)ごけなっ [満石うらら]
四枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)は 初恋の味(あっ) ちゅう飲(の)ん平(べ) [平中小紅]
五枚目(東) 提げた焼酎(しょちゅ) 新焼酎(しんじょちゅ)じゃっち 念ぬ押(え)っ [川村三生]
五枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)を 餌(えど)い出(で)っ来(け)ち 悪友(ど)す寄(よ)せっ [上山天洲]
六枚目(東) 新焼酎(しんじょちゅ)を 提げた碁敵(ごがた)き 手抜(てぬ)くしっ [坂元鶴山]
六枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)が あい頃企(く)んだ 女(おなご)模合(もえ) [中村雲海]
七枚目(東) 新焼酎(しんじょちゅ)で 喜(よろ)くだ舌が 縺(もつ)れ出(で)っ [森山厚香]
七枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)あ 五臓六腑い 沁(し)んわたっ [倉元天鶴]
八枚目(東) 飲め言(ちゅ)たや 新焼酎(しんじょちゅ)なあち 座(すわ)い女房(かか) [松元清流]
八枚目(西) 新焼酎(しんじょちゅ)で 出稼(でかせ)ぐ女房(かか)は 待(ま)っ上(ちゃ)げっ [菖蒲谷天道]
親方吟(東) 新焼酎(しんじょちゅ)ん キープを術(ずっ)ね 女将(ママ)が飲(ぬ)っ [村田子羊]
親方吟(西) 生(い)っ残(のこ)ゆ 賭(か)けっ新焼酎(しんじょちゅ) 蔵(く)れ熟成(そだ)っ [岩崎美知代]

第24回都城大会 席題「娘(おご)」 堂園三洋選

娘(おご)盛(ざか)ゆ 親ん介護で 明け暮(く)れっ [三條風雲児]
聴診器 簡単(もや)す美人(シャン)娘(おご) 裸(はだ)けしっ [佐土原 隆]
コップ越(ご)し 娘(おご)を見据(みす)えた 内気(いめ)な青年(にせ) [有村土栗]
選者吟 混浴(こんよっ)ち 行(い)たや昔の 娘(おご)だらけ [堂園三洋]

第24回都城大会 兼題「汗」 塚田黒柱選

ゴルフ場(じょ)ん 芝贅沢(ぜいたっ)な 汗を吸(す)っ [三條風雲児]
出(で)しゃばいの 女房(か)け冷汗を かっどえっ [佐土原 隆]
初(はい)めっの 手術(しゅじゅ)ち若(わ)け医者 ごごし汗 [福山吉連]
選者吟 成(な)い上(や)がっ 汗をけた日は け忘(わす)れっ [塚田黒柱]

その他の秀句 (順不同)

隣(つ)ぐ訪(こと)い 美人(シャン)のヘルパを 爺(じ)が妬(しょの)ん [植村聴診器]
ちょっとした 泥棒(ぬす)て遭(お)たよな 里帰(さともど)い [津留見酎児]
リストラん 亭主(とと)を賄(まか)のち 厚化粧 [田中栄泉]
夫婦(みと)喧嘩 実家(さと)を持(も)っ出(で)っ なお揉(も)めっ [金井一馬]
はい言(ちゅ)えば 喧嘩(けん)けならんて 始終(はい)と後悔(くけ) [諸木小春]
肥満(だんべ)妻(かか) ネックレす外(と)っ 秤(ちき)い乗(の)っ [隈元都城男]
け死(し)んだや 初(はっ)めっ乗(の)った キャデラック [小森寿星]
子ん躾(しつけ) どこいか親(お)へも 欲(ほ)し躾 [江平光坊]
人並(ひとなん)で 良(え)とな思(お)もてん 歯痒(はが)い孫 [西 幸子]
合併の 話(はな)しな乗(の)らん 黒字町(まっ) [花牟礼雲雀]
飯事(ままごっ)が 大事(でし)な白菊(しらぎ)く 白和(よご)ししっ [樋口一風]
一気飲(の)む 菊鉢(きっば)ちさすい 旅(たっ)帰(もど)い [安藤孟宗竹]
菊きっ作(づく)い 世話は女房(おかた)で 自慢(ぎら)は亭主(とと) [崎山典子]
訪問(こと)ったや 猫が真先(まっさ)き 挨拶(えさ)ち出(で)っ [上田 格]
爺(じ)の汗が 肥料(こや)しなったろ 見事(みご)て稲 [有村土栗]
若(わ)け時(とっ)の 汗んおかげで 年金日 [森山厚香]
混浴(こんよっ)ち 行(い)たや昔の 娘(おご)だらけ [堂園三洋]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top