鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第575号 6月号

雑吟     三條風雲児選

一番槍 当選(あが)ったや 顔(つら)も見(み)せんが 沙汰も無(の)し [井手上政暎]
二番槍 儲(も)け主義ん 商社(しょう)しぇJA(ジェイエ)や 成(な)い下(さ)がっ [那加野黎子]
三番槍 父(とと)は其処(そ)け 居(お)って母(かか)さい 子は相談(そだん) [栫 路人]
四番槍 古(ふ)り写真 女房(かか)も細(ほっ)そい 美女(よかおなご) [堂園三洋]
五番槍 飲(ぬ)だ時(とっ)の 法螺(ぎら)はどけ行(い)た 出し渋(しぶ)っ [津留見酎児]
六番槍 金(きん)と金(ぜん) 裏で繋(つ)ねちょい ミスジャッジ [小瀬一峻]
七番槍 腹癒(はらい)せい 水口(みなく)つがらっ 踏(ふ)ん落(お)てっ [藤高春風]

渋柿集

三條風雲児 紫陽花(じごっばな) 地面(じ)で這(すぼ)わせた 梅雨(ながしあめ)
早苗饗(さのぼい)も 思い出なった 機械植え
火乾(ひぼか)せば 山太郎蟹(やまたろがね)は 串(く)しゅ挟(はす)っ
涎(ゆだい)繰(く)い 昔(むか)しゃ食(か)ませた 蝸牛(つんぐらめ)
粟ん飯(め)し こいじゃこいじゃち 生辣韮(なまだっきょ)
リストラん 靴(く)ちゃ玄関(ふんごん)で 黴(こし)が生(ね)っ
病院に 行けば病気(やんめ)を 暴(あば)っでっ
上田 格 持(も)てた奴(と)い 払(は)れが回った 三次会
暴れ独楽(ごま) 笊(しょけ)を飛(と)っ出(で)っ 呻(おら)っ出(で)っ
近道(ちかみっ)で 垣根(やねが)か始終(はいと) 踏(ふ)ん壊(くえ)っ
下(さ)がい蜘蛛(こっ) 縁起(げん)が良(よ)か言(ちゅ)て 叩(たた)かれじ
飲屋(のんや)ずい 野菜(やせ)と豆腐(おかべ)ん 和定食(わていしょっ)
日曜(にちよ)大工(でっ) 出来(でけ)た箱ずい 床(と)け飾(かざ)っ
戻(もど)い寒(かん) 霰(あられ)ん音い 目が覚(さ)めっ
有川南北 背は低(ひ)きが 座高(ざこ)でな負(ま)けん 家ん血筋(すっ)
睨(ねぎ)ったや ニコッ秋波(いろめ)が 返(もど)っきっ
ただちょっち 触(かか)ったぶんで 喚(おら)ばれっ
やい手じゃが 油断なでけん 狡(ずっ)ね奴(わろ)
都合(つご)が悪(わ)る なったや笑(わ)れで ごまかせっ
塚田黒柱 禿げたなあ 同(ひと)っ墓いな 入(い)らん言(ちゅ)っ
手遅れい なってん塗(なす)い 育毛剤(いくもざい)
次(つ)ぎゃ俺(おい)が 番かちびびい 金バッジ
同(ひと)っ料理(じゅ)ゆ 二三日(にさんち)食(か)すい 妻(か)けけなっ
不景気い 値下げ競争(ぐらご)も 効(しょ)はうたじ
村田子羊 生理じゃち パンツを穿(き)ちょい 座敷(ざしっ)犬(いん)
蝸牛(つんぐらめ) 雨いるんるん ランデブー
無精(ふゆ)な奴(と)が 考(かん)げたとじゃろ 無洗米
気は二十歳(はたっ) 老爺(おんじょ)ラガーん 血がたぎっ
顔(つら)ん傷(き)ず 女房(か)けやられたち 言(ゆ)もならじ
岩崎美知代 貯め込(く)だや 子供(こどん)が争(いさ)こ 原因(もと)いなっ
竹ん子も 疣(いぼ)を噛(か)まんな おてつかじ
飯(めし)と味噌汁(しゅ)ゆ 食(たも)っ天寿を 全(まっ)としっ
痛(い)て痛(い)てち 叫(お)れっ恥(げん)なか 娘(こ)がお産
手がまし子 間(ま)あ無(な)し鉦(じん)が 鳴(な)いどえっ

山椒集 題「横座(よこざ)」     上田 格選

横座いな 叩(ど)えた火箸が まだ残(のこ)っ [岩崎美知代]
空(から)じゃ無(ね)か 横座ん焼酎(しょちゅ)い 目を配(くば)っ [永徳天真]
横座かい 厳(きび)し爺(じ)の目で 座が締(し)まっ [原田規矩夫]
五客一席 田の神(かん)ぬ 横座(よこ)ぜ弾(はず)んだ 郷中(ごじゅ)花見(はなん) [小瀬一峻]
五客二席 焼酎瓶(しょちゅびん)の 空(から)が横座を 取(と)い囲かこっ [米元年輪]
五客三席 爺(じ)の仕事(しごっ) 横座(よこ)ぜ蝿叩(へたた)きょ 握(にぎ)らせっ [上籠若菜]
五客四席 ずんだれっ 気位(きぐれ)が横座(よこ)ぜ まだ座(すわ)っ [平中小紅]
五客五席 け萎(な)えてん 父親(とと)あ横座い 座(すわ)っちょっ [田代彦熊]
選者吟 後家が家(え)ん 横座な犬(いん)が 座(すわ)っちょっ

龍虎集 「時事吟」     有川南北選

鹿児島(かごっま)ん 農協(のうきょ)貴殿(わい)もか 鶏(とい)の偽装(ぎそ) [津曲とっこ]
喚問ぬ 突(つ)っ込(こ)ん過(す)ぎっ 蛇(へっ)が出(で)っ [中村雲海]
リストラで 攻(せ)めっベアずい 押さえ込(く)っ [倉元天鶴]
四天王一席 噴水で 今度も海(うん)ぬ 汚(よご)そしっ [塚田黒柱]
四天王二席 恐(わざ)い娑婆 女房(かか)が亭主(とのじょ)を 焼(や)っ殺(こ)れっ [川村三生]
四天王三席 お宮参(みやめ)い 愛想(えそ)をふいめた 愛子さあ [永徳天真]
四天王四席 こん不況(ふきょ)い 争(いさ)こ国会(こっか)い 腹が立(た)っ [山内成泰]
選者吟 長(な)げ裁判(さばっ) 決まった頃(こ)れな 黴(こし)が生(ね)っ

郷句相撲 題「泥(どろ)」

横綱(東) 泥を塗(ぬ)っ お化けなっちょい 妙(す)だエステ [枦山一球]
横綱(西) 腹一杯(いっぺ) 食(か)せたや 泥を吐(へ)た黙秘 [津留見一徹]
大関(東) 手遅れち 思(お)もどん泥を パックしっ [諸木小春]
大関(西) 裏返し ざまな横綱 背中(せな)け泥 [埀野剣付鶏]
関脇(東) 恋敵(こいがた)く 泥(ど)れつっ倒(と)けた せっぺとべ [横手五月]
関脇(西) 畦塗(ぬ)いの 鍬(か)べらん泥を 顔(つ)れ被(かぶ)っ [倉元天鶴]
小結(東) 一張羅(いっちゃび)れ 泥水(どろみ)ずかけた 憎(に)き車(くいま) [松元清流]
小結(西) 泥染めん 紬(つむ)ぐ祖母(ばば)から 三代(さんで)着(き)っ [花牟礼雲雀]
筆頭(東) 小短躯(こじっくい) ぬかい泥田(どろだ)で ばたぐろっ [堂園三洋]
筆頭(西) 田鋤(たすっ)亭主(とと) 泥亀んよな 容姿(よし)で帰(き)っ [有馬凡骨]
二枚目(東) 溝さらえ 泥くさみなっ 鯉(こ)ゆ掴(つか)ん [入来創雲]
二枚目(西) 恐(わざ)い勘 タイヤん泥で 犯人(ほ)す検挙(あげ)っ [津留見酎児]
三枚目(東) 泥足で 寝床い這込(へく)だ 午前様(ごぜんさあ) [川村三生]
三枚目(西) 泥も病(や)ん 過疎ん田んぼは 身(み)ごゆなっ [田中末木]
四枚目(東) 運転(まく)い方(か)て 泥が飛(つ)だ言(ちゅ)て 裁判(さば)き遭(お)っ [末村多櫛]
四枚目(西) 泥遊(どろぜっ)の 児(こ)あ妖怪(めん)になっ 帰(もど)っ来(き)っ [菖蒲谷天道]
五枚目(東) 農業(さっ)下手あ 泥が付(ち)た侭(な)い 鍬(か)を仕舞(なえ)っ [野間口鈴女]
五枚目(西) 泥パック ひょかっきた亭主(て)しゃ 気絶(きぜ)つしっ [平中小紅]
六枚目(東) 農協が ブランドん鶏(と)い 泥を塗(ぬ)っ [坂元鶴山]
六枚目(西) 泥よけあ まっで飾(かざ)いの ダンプ奴(わろ) [蔵ノ下夢石]
七枚目(東) 猫好(す)っが 泥足(どろあ)す拭(ぬぐ)っ 座敷(ざな)け飼(こ)っ[安藤孟宗竹]
七枚目(西) 野良(はい)戻(もど)い 泥手ん孫を 抱(だ)っ上(きゃ)げっ[川村 明]
八枚目(東) 肴(しおけ)をば 泥どん払(は)るた 手い貰(も)ろっ [塚田黒柱]
八枚目(西) 泥祭(どろまつ)い 美人(シャン)が一番(いっばん) 塗(なす)られっ [田原大黒]
親方吟(東) 蓮根(はすね)掘(ほ)ゆ 泥が股ずい 冗談(わや)くしっ [村田子羊]
親方吟(西) 代議士も おらじ泥道(どろみ)つ まだ走(はし)っ [岩崎美知代]

第32回国分大会 席題「涙(なんだ)」     永徳天真選

背負(かる)た業(ご)ち 涙(なんだ)を隠(か)きっ 癌の見舞(みめ) [森山厚香]
不束(ふつつか)ち 来たて涙(なんだ)あ 知(し)らん嫁 [福冨野人]
笑(わ)るすぎっ 涙(なんだ)で外(と)れた つけ睫毛(まっげ) [有川南北]
選者吟 見(み)ちょい方(ほ)が 恥(げん)ね宗男(むねお)ん 安(や)し涙(なんだ) [永徳天真]

第32回国分大会 兼題「声」     有川南北選

発情(さかい)猫 女房(かか)が大声(うごえ)で 追散(うち)らけっ [金井一馬]
逢(お)っみたや ばあさんじゃった 交換手 [樋口一風]
小(こ)め声い 直(いっ)き姑御(しゅとじょ)が 勘ぬしっ [江口紫朗]
選者吟 女房(かか)ん声 嫁(き)たとか天女 いま地鶏(じどい) [有川南北]

その他の秀句 (順不同)

あったらし 返済(もど)そごたなか 借(か)った金(ぜん) [植村聴診器]
頑張(きば)っ来(け)ち 出掛(でが)けにゃ女房(かか)ん 投げキッス [上籠若菜]
朝帰(あさもど)い 早(は)よおじゃしたち 茶どん注(せ)っ [坂口橘風]
熱(ほとぼ)いが 冷めたか女房(かか)が 語(かた)いでっ [野村三味]
遠慮(しんしゃっ)も 過ぎれば後(のち)な 歯痒(はが)ゆなっ [江平光坊]
猪(しし)ん料理(じゅ)や 美味(うん)めが自慢(ぎら)が 喉(の)で詰(つ)まっ [田原大黒]
赴任先(さ)き 焼酎(しょちゅ)癖ん方(ほ)が 先(さ)き届(と)じっ [小森寿星]
いけな奴(と)か 巡査あ焼酎(しょちゅ)で 試(ため)されっ [福冨野人]
老夫婦(おんじょみと) あいたこらよで 日(ひ)を暮(く)れっ [大脇保子]
逝(い)てからは 吸(す)やん吸やんち 墓(は)け煙草 [福元多喜子]
四十九日(しじゅくんち) 過(す)ぎたや横座(よこ)ぜ 婆(ば)が座(すわ)っ [中村雲海]
二日酔(ふっかえ)ん 後悔(くけ)は一日(ひして)で け忘(わす)れっ [書川水平]
掴(つか)ん合(よ)っ 分かった女房(かか)ん 馬鹿力(ばかぢから) [川村三生]
涙目(なんだめ)は 花粉症(かふんしょ)じゃって 亭主(とと)は騒動(そど) [枦山一球]
出(で)っ行(くら)め 分(ぶ)の悪(わ)り亭主(てし)の 大(ふ)とか声 [津留見酎児]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top