鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第570号 1月号

雑吟     三條風雲児選

一番槍 ライバルと 絵馬ずい並(な)るだ 梅ヶ渕(うめがふっ) [上籠若菜]
二番槍 欲得(よっとっ)が 少(すっ)のなったや 惚(ぼ)けがきっ [新地十意]
三番槍 試食会(ししょっか)や 牛肉(ぎゅうに)く食(く)たて 豚肉(ぶた)を買(こ)っ [盛満椒平]
四番槍 亭主(とのじょ)しか 素面な知(し)らん 厚化粧 [永徳天真]
五番槍 笑(わ)るこっも 語(かた)いこっも無(ね) 独居(ひとい)世帯(じょて) [田代彦熊]
六番槍 露天風呂(ろてんぶ)れ 水着(みっぎ)姿ん 歯痒(はが)い娘(おご) [堂園三洋]
七番槍 国保(こくほ)でん 痛(いた)さんぶんな 自己負担 [樋口一風]

渋柿集

三條風雲児 撥(は)ね釣瓶(ついべ) 若水(わかみっ)汲(く)みな どんぴしゃっ
お節(せち)どま ひとっも減(へ)らん 老夫婦(おんじょみと)
おめでとを 日の一日(いっちにっ) 言(ゆ)うテレビ
暖房で もへ飾(かざ)い餅(も)ちゃ 黴(こし)が生(ね)っ
にわといも 正月(しょがっ)の声で 鳴(う)とごちゃっ
息切(いっぎ)れい 直(いっ)き気付(きぢ)ちょい 病気(やんめ)同士(どし)
癒(ゆな)らせじ 病院通(が)えも 三年目
上田 格 平素(かねっ)来(こ)ん 友人(どし)の土産は 事情(わけ)があっ
倹約(けんやっ)ち 言(ゆ)ながら焼酎(しょつ)は 二倍飲(ぬ)っ
新体操(しんたいそ) 女房(かか)と比べちゃ 大息(うい)く吐(ち)っ
箸戦(なんこ)ん座 後(うしと)が悪(わ)りち 席(せ)き代(か)わっ
通夜ん焼酎(しょつ) 調子(ちょし)が出たころ 帰(もど)されっ
パチンコ屋 迎(む)けめん使者(つけ)も 弾(はじ)っ出(で)っ
桐(きい)の下駄 正月(しょが)ち一度(いっど)は 履(ふ)んでみっ
有川南北 年金日 ふた月(つっ)やっと 堪(も)っつけっ
すい事(こっ)の 無(な)かとも辛(きし)か 寝(ね)い正月(しょがっ)
御馳走(ごっそ)よか 茶漬けが欲(ほ)しか 正月腹(しょがっばら)
乱髪(やんかぶ)いしこ 毛が欲(ほ)しか 禿頭(はげびんた)
ビンラディン ないごてテロい 氏(し)が要(い)いけ
塚田黒柱 レシピ通(ど)い してん煮染(にし)めん 味(あ)じゃ出(で)らじ
間違(まっ)げなし 父子(おやこ)皿かあ 禿げでけっ
戦争(いっさ)じゃ無(ね) 言(つ)が爆弾で 人が死(し)ん
会費しこ 食(く)たや下戸奴(わろ) ひん帰(もど)っ
牛肉(ぎゅうに)くば 半額(はんが)きしてん 売(う)れ残(のこ)っ
参考作品 返(もど)さんで 親類(しんじ)な貸(か)さん 主義ち言(ゆ)っ [室田粋人]
約款の 肝要(かんよ)なとこや 字が細(こむ)し [盛満椒平]
地下足袋(じったっ)で 育(お)えっ背広で 卒業式(そっぎょしっ) [森山厚香]
先(さっ)の世も 貴方(あんた)が良(よ)かち 嘘も嘘 [諸木小春]
軽石(がいし)でん 仏を彫れば 拝(おが)まれっ [山内成泰]
爺(じ)の宝 鑑定(かんて)い出(で)たや 只(ただ)いなっ [山崎 満]
絶交(みっぎい)ち 言(ゆ)たて翌日(あくひ)は また碁打(う)っ [山下明良]

山椒集 題「収穫(しおとし)」     上田 格選

飛(と)っ込(く)んだ 大猪(うじ)し収穫(しおと)しゃ 大騒動(うそ)でなっ [山内成泰]
無人駅(むじんえ)き 収穫(しおと)し帰(もど)い 夫(とと)を待(ま)っ [入来創雲]
収穫(しおとし)の 田んべ案山子(かかし)も 疲(だ)れ倒(と)けっ [津曲とっこ]
五客一席 収穫(しおとし)が すんだ棚田い 穂を拾(ひろ)っ [山崎 満]
五客二席 収穫(しおとし)が すめば余裕(ゆつら)し 女(おなご)模合(もえ) [上籠若菜]
五客三席 収穫(しおとし)が 済めば出稼(でかせ)ぎ また頑張(きば)っ [藤後一碧]
五客四席 収穫(しおと)すば 待(ま)っつけたごっ 鶴(つ)や訪(こと)っ [永徳天真]
五客五席 楽(たの)しんな 収穫(しおとし)後(あと)ん 温泉場 [中村清々]
選者吟 収穫(しおと)しい 加勢(かせ)い手を引(ひ)た 子も混(ま)じっ

龍虎集 「時事吟」     塚田黒柱選

狂牛病(きょうぎゅびょ) 牛飼(べぶけ)ん白髪(したが) 増(いみ)らせっ [佐土原 隆]
町長選(ちょうちょせん) 美事(みごっ)か島い 泥を塗(ぬ)っ [上籠若菜]
ビンラディン 一人(ひとい)捕(つか)むち 戦争(いっ)せしっ [楠八重渓流]
四天王一席 産廃の 焼酎(しょちゅ)粕(か)す飼料(しりょ)い 上手(じょ)じ捌(さべ)っ [棈松睦酔]
四天王二席 茸(きのこ)採(と)い ツキヨタケかあ 騙(だま)されっ [樋口一風]
四天王三席 け忘(わす)るい頃 上(あ)がっきた えひめ丸 [金井一馬]
四天王四席 指宿(いぶすっ)の 星じゃち市民 栄誉賞 [永徳天真]
選者吟 火山ガス 救急車をば 叫(おら)ばせっ

郷句相撲 題「潮時(しおどっ)」

横綱(東) 水臭(みっくさ)か 焼酎(しょちゅ)を潮時(しおど)き 腰(こ)す上(あ)げっ [栫 路人]
横綱(西) 米寿祝(とかっゆえ) 潮時(しおど)き免許 暇を出(で)っ [藤高春風]
大関(東) 通夜ん座で 帰(もど)い潮時(しおど)く うっぱじっ [田代彦熊]
大関(西) 潮時(しおど)くば 水臭(みっく)せ焼酎(しょちゅ)が 教(いっ)かせっ [塚田黒柱]
関脇(東) 潮時(しおど)くば 狙(ね)ろっ小亀を 海(う)み放流(はね)っ [菖蒲谷天道]
関脇(西) 万歳の 潮時(しおど)きさせた 空徳利(からこびん) [東 竜王]
小結(東) 三度目ん 浮気で決めた 夫婦(みと)離婚(わかれ) [永徳天真]
小結(西) 潮時(しおどっ)が きたち産婆は 腰(こ)す上(あ)げっ [野瀬曲尺]
筆頭(東) 呆(ぼ)え釣(つ)い手 良(よ)か潮時(しおど)きな 餌(えど)が無(の)し [小瀬一峻]
筆頭(西) 年金日 潮時(しおど)く狙(ね)ろた 孫が来(き)っ [楠元フクエ]
二枚目(東) 潮時(しおどっ)ち 喜寿をば境(さけ)い 農業(さ)く止(や)めっ [井手上政暎]
二枚目(西) 改革(かいかっ)の 潮時(しおど)くテロが 狂(くる)わせっ [大和 渚]
三枚目(東) 潮時(しおどっ)が 良(え)とか面白(おもし)て 如(ご)っ釣(つ)れっ [瀬戸口和八久]
三枚目(西) 良(よ)か釣道具(しょど)く 買(こ)たや潮時(しおど)か 頭(びん)て無(の)し [福山吉連]
四枚目(東) 潮を見(み)ちゃ シラすすくちょい 菱田川 [那加野黎子]
四枚目(西) 潮時(しおど)くば 知(し)たん飲(の)ん平(べ)は 午前様(ごぜんさあ) [堂園三洋]
五枚目(東) 潮時(しおどっ)も 知(し)たじ馬鹿亭主(て)しゃ 午前様(ごぜんさあ) [楠八重渓流]
五枚目(西) 潮時(しおどっ)が 今じゃが引(ひ)けち 牛(べぶ)ん産 [郷田悠々]
六枚目(東) 案(あん)の定(じゅ)ち 落選(おて)っ潮時(しおど)く 笑(わ)るわれっ [津留見酎児]
六枚目(西) 下戸ん亭主(とと) 帰(もど)い潮時(しおど)く 下座(しも)ぜ待(ま)っ [松元清流]
七枚目(東) 中締(なかじ)めん 潮時(しおど)く下戸が 急(せ)ったてっ [金井一馬]
七枚目(西) 潮時(しおどっ)ち 用便(ようた)し行(い)たっ すん抜(ぬ)けっ [藤後一碧]
八枚目(東) 退職(たいしょ)くば 潮時(しおど)き焼酎(しょちゅ)を 減(へ)らされっ [小森寿星]
八枚目(西) ミスターも よか潮時(しおどっ)ち 身をば引(ひ)っ [枦山一球]
親方吟(東) 夫婦(みと)喧嘩 潮時(しおど)くばみて ごめん言(ちゅ)っ [瀬戸口抱洋]
親方吟(西) 法螺(ぎら)が出た 潮時(しおど)く褒(ほ)めっ 借金(かい)相談(そだん) [入来創雲]

その他の秀句 (順不同)

バスん旅(たっ) 止まれば走(はし)い 連(つ)れ小便(しべん) [岩崎美知代]
除夜ん鐘 ローンち鳴(な)っで 俺(お)や好(す)かん [佐土原 隆]
まだまだち 十年(じゅねん)日記を 爺(じ)は準備(しこ)っ [大和 渚]
旅(たっ)帰(もど)い 茶かあ先(さっ)じゃち 座(すわ)い込(く)っ [永徳天真]
聞(き)こゆって 聞こえん真似も 辛(の)さん姑(しゅと) [樋口一風]
パート女房(かか) 二次会ずいも 味(あ)ずくろっ[新地十意]
仕舞(しめ)風呂で 嫁あ涙(なんだ)を 洗(あ)れ流(な)げっ [藤高春風]
退職(やめ)たでち 減(へが)めもならん お年玉 [樋渡草団子]
横(よん)ごじゃが わが産んだ子ち 諦(あきら)めっ [満留ぐみ]
早(は)よ飲(の)もち 風呂は烏(からし)の 水浴(みっじゃ)びい [堂園三洋]
雲行(くもい)っの 悪(わ)り父(とと)家族(けね)を 貝(け)いなけっ [上山天洲]
知(し)たん態(ふ)で 親と行(い)っ過(す)い 十八(じゅはっ)青年(にせ) [岩崎美知代]
通夜ん客(きゃ)き 頑丈(がんず)な五体(ごて)を 惜(おし)まれっ [安藤孟宗竹]
改革(かいかっ)の 痛(いた)ま真正面(まっぽ)し 父(ちゃん)の馘首(くっ) [大和 渚]
親元ん 稲扱(いねこ)ぎ亭主(て)しゅば 頑張(きば)らせっ [山崎 満]
歯医者(せんせ)ゆば 鵜呑(ぐの)みすいよな 口(く)つ開(あ)けっ [片野田小鈴]
変人(へんぶっ)も 女房(おか)てかかれば 蟹掛矢(がねどんじ) [楠八重渓流]
教祖ちゅて ただん変人(へんぶ)ちょ 奉(たてまつ)っ [上籠若菜]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top