鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第567号 10月号

雑吟     三條風雲児選

一番槍 ひと夏(なっ)で 男臭(おとこく)そなっ 眩(まぶ)し孫 [横手五月]
二番槍 嫁女(よめじょ)貰(も)れ 先祖ん欠点(あら)を 抉(くじ)いでっ [仮屋一発]
三番槍 遭難に ばか携帯が 電池切れ [村田子羊]
四番槍 アイロンな 飾(かざ)いで皺を 穿(き)すい女房(かか) [安藤孟宗竹]
五番槍 高価(た)け道具(しょど)き 替(か)えてん雑魚(ざこ)も 釣(つ)っちゃ来(こ)じ [末村多櫛]
六番槍 人殺し 歯痒(はが)い時効ちゅ 壁があっ [坂元鶴山]
七番槍 夫婦(みと)連(づ)れい なれば世帯(しょて)臭(く)せ 顔(つら)いなっ [川村 明]

渋柿集

三條風雲児 熱中症(ねっちゅしょ)が怖(わぜ)で インドア派を決(き)めっ
新焼酎(しんじょちゅ)は 上戸(じょご)にゃ出(だ)しなち 妻(か)け目交(めま)ぜ
烏瓜(くそごい)が 木の梢(そ)れ真赤(まっ)け 荒れた山
目白(はなし)どま ひろつっもせん 田舎(いな)けなっ
醂柿(あおしが)か 渋(し)ば抜(ぬ)けちょらん 不調法(ぶちほ)妻(かか)
稲刈(いねか)いの 汗い恥(げん)なか アウトドア
日の一日(ひして) 気力(あや)ん気根(ぎろ)んね 検査疲(だ)れ
上田 格 酔(よく)れ亭主(と)て 我(わ)が家(え)ん犬(いん)な 吠えかかっ
西瓜(すか)盗人(ぬすと) 両方(まんぼ)い抱(で)たや はん倒(と)けっ
弾(はず)だ声 吹上浜(ふっきゃげはま)ん 地曳網(じびっあん)
寡夫(やもめ)世帯(じょて) 昨夜(ゆべ)ん急須で 茶を入(い)れっ
ママバレー 胸でしっかい 球(たま)を捕(と)っ
残(のこ)い小魚(ざこ) 一山添えた 帰(もど)い便(びん)
宴会(のんかた)じゃ 芸の無(な)か衆(し)は 隅(すん)で飲(や)っ
有川南北 暑(あ)ち暑(あ)ちち 言(ゆ)うち山でな 法師蝉(づくじっしょ)
彼岸花 誰(だい)よか正直(しょち)き 秋(あ)く告(つ)げっ
露天風呂 高天原(たかまがはら)ん 月(つ)き浸(つか)っ
勿体(てこ)ねごっ ビールをかくい 祝勝会(しゅくしょかい)
せからし婆(ば) 蛇(へっ)が出たつちゃ パトを呼(よ)っ
塚田黒柱 貯(た)めちょれば 新車を買(こ)しこ 飲(ぬ)だ言(ちゅ)妻(かか)
メル友は 多(う)けが親友 言(ちゅ)は居(お)らじ
改革(かいかっ)の 痛(いた)ま俺達(おいど)み 押しつけっ
身体(ごて)がかぬ 内(うっ)の金(ぜん)じゃち 言(ゆ)ちゃ使(つ)こっ
大(ふ)て声で 笑(わ)るこっも無(な)か 一人(ひとい)住(ず)め
参考作品 赤紙(あかがん)な もう来(こ)ん娑婆じゃ 寝正月(ねしょうがっ) [肱岡月汀]
年金ぬ 貰(も)ろ時(と)きなれば がたがきっ [樋渡草団子]
相手(えて)あ美人(シャン) ハートで競(せ)ろた 恋敵(こいがたっ) [平中小紅]
親孝行(おやこうこ) 介護保険で け忘(わす)れっ [福重山鳥]
帯(おっ)の中(な)け ずん垂(だ)れ乳房(ちち)は 挟(はす)ん込(く)ん [福冨野人]
潮時(しおどっ)ち ベテラン産婆 ゆたっしっ[福原福多]
呆(ぼ)やし女房(かか) 隠(か)きた臍繰(へそく)ゆ 思(お)め出(だ)さじ [福村節夫]

山椒集 題「臍繰(へそく)い」     上田 格選

木箱枕(はこまくら) 婆(ばば)が臍繰(へそく)や 音がしっ [野瀬曲尺]
貸(か)せた本 友人(どし)の臍繰(へそく)ゆ 背負(かる)っきっ [金井一馬]
惚(ぼ)けた言(ちゅ)が 臍繰(へそく)やちゃんと 腹(は)れ隠(か)きっ [藤高春風]
五客一席 臍繰(へそく)ゆば 涙(なんだ)で貰(も)ろた 看病(かびょ)ん嫁 [山内成泰]
五客二席 臍繰(へそく)いが 鬘(かつら)い化けた 禿亭主(とのじょ) [菖蒲谷天道]
五客三席 外務省(がいむしょ)ん 臍繰(へそく)や血税(ぜ)ゆば 食(く)れ破(ほ)げっ [倉元天鶴]
五客四席 臍繰(へそく)いで 世界一周(いっしゅ)ん 夢を追(う)っ [津留見一徹]
五客五席 猪口(ちょっ)米ごめを 二十年(にじゅねん)溜(た)めっ 嫁支度(よめじたっ) [泊 白水]
選者吟 臍繰(へそく)ろも 下(し)てな大(ふっ)とか 穴が開(え)っ

龍虎集 「時事吟」     塚田黒柱選

憎(に)き時効(じこ)い 父親(とと)は娘(むっめ)ん 墓で泣(ね)っ [佐土原 隆]
議定書を 狡(え)じアメリカが 鼻で蹴(け)っ [米元年輪]
花火(ひやなっ)と 一緒(いっど)き消えた 子の命(いのっ) [大和 渚]
四天王一席 蛍(ほた)いなっ 帰(もど)っきたどち 特攻(とっこ)基地 [盛満椒平]
四天王二席 コカインが 永良部(えらぶ)ん浜を 麻痺させっ [小森寿星]
四天王三席 隣家(つっ)の娘(お)げ 獣(けだもん)青年(にせ)が 牙を剥(み)っ [山下明良]
四天王四席 セールスの 言(ゆ)ない加入(かた)った マイライン [上籠若菜]
選者吟 教科書い 負けじ根を張(は)い カラモジア

郷句相撲 題「派手(はで)」

横綱(東) 派手な服(ふ)く 着(き)やいち子かあ ペアルック [大和 渚]
横綱(西) 両方(まんぼ)とめ 派手な紫斑(つぐろ)ん 夫婦(みと)喧嘩 [小瀬一峻]
大関(東) 派手好(ごの)ん 亭主(て)しも若向(わかむ)く 買(こ)て着(き)せっ [北山如無]
大関(西) 太鼓(てこ)踊(おど)い 背負(かる)た矢幟(やばた)が 派手い舞(も)っ [棈松睦酔]
関脇(東) 出稼(でかせ)っの 亭主(てし)が発(た)ったや 派手を着(き)っ [福山吉連]
関脇(西) 鬘(かつら)ずい 金髪(きんぱ)つ仕込(しく)だ 派手好(ごの)ん [川村 明]
小結(東) 派手好(ごの)ん 妻(か)けな何彼(ないか)い 金(ぜん)が要(い)っ [堂園三洋]
小結(西) 母娘(おやこ)共(と)め 派手でわが家(え)は 火の車(くいま) [中間紫麓]
筆頭(東) 家(うっ)の繰(く)や 考(かん)げたこちゃね 派手な女房(かか) [川村三生]
筆頭(西) 母(ママ)ん方(ほ)が 着飾(きかざ)っ派手な 七五三 [菖蒲谷天道]
二枚目(東) 老夫婦(おんじょみと) 派手な喧嘩ん 気力(ぎろ)も無(の)し [満留ぐみ]
二枚目(西) 派手(は)で運転(まく)っ 違反キップい しょぼくれっ [今釜三岳]
三枚目(東) 職(しょっ)探(みし)け 派手な職歴(しょくれ)か 裏(う)れ隠(か)きっ [松元清流]
三枚目(西) 派手(は)で塗(なす)っ 子ん方(ほ)が恥(げん)ね 参観日 [小森寿星]
四枚目(東) 芸達者 二次会(にじか)やいっも 派手をとっ [横手五月]
四枚目(西) 裏金で 役所(やっしょ)勤務(づとめ)が 派手(は)で暮(く)れっ [樋口一風]
五枚目(東) 金(ぜん)に物 言(い)わせっ派手な 披露宴 [藤高春風]
五枚目(西) 頭(ず)は白髪(したが) 耳(みん)にゃピアスの 派手な婆(ばば) [山下明良]
六枚目(東) 見栄張(は)いが 派手な外車で 火の車(くいま) [森山厚香]
六枚目(西) 派手な女房(か)け 三歩下がった 内気(いめ)な亭主(とと) [有馬慶成]
七枚目(東) 倹(つま)し姑(ば)べ 肝太(きもふ)て派手な 嫁が来(き)っ [山内成泰]
七枚目(西) 新聞に 派手(は)で叩かれた 医療ミス [江平光坊]
八枚目(東) 大往生(だいおうじょ) 派手な人生(じんせ)い 派手な通夜 [泊 白水]
八枚目(西) 出陣式(でたっしっ) 派手いやったて ひっ落選(ちゃ)れっ [井手上政暎]
親方吟(東) 老(ふ)けっじっ 速(はや)せ気付(きづ)かん 派手な柄 [瀬戸口抱洋]
親方吟(西) 交際(つっけ)言(ちゅ)っ 派手な飲(の)ん食(く)で 倒産(けつ)ぶれっ [入来創雲]

第23回都城大会 席題「気安(きや)し」 堂園三洋選

相合傘(あいえが)せ なったや気安(きや)す 肩を抱(で)っ [永徳天真]
良(よ)か友人(ど)しな 世帯(しょて)繰(く)ゆ気安(きや)す ひっ語(かた)っ [末村多櫛]
クラス会 気安(きや)し語(かた)いが わぜ弾(はず)ん [森山厚香]
選者吟 禿げた亭主(とと) 禿げた床屋い 気安(きや)す入(い)っ [堂園三洋]

第23回都城大会 兼題「卑怯(ひきょ)」 塚田黒柱選

看護婦い 罪(つん)ぬ着(き)せちょい 医療ミス [三條風雲児]
警察(けいさっ)も 卑怯(ひきょ)じゃ隠(かく)れっ ねずん取(と)い [田代彦熊]
名を匿(か)きた 卑怯(ひきょ)な投書が 議(ぎ)を吐(か)えっ [樋口一風]
選者吟 人は卑怯(ひきょ) 言(ちゅ)が札束(さったば)が 物を言(ゆ)っ [塚田黒柱]

その他の秀句 (順不同)

屋台(やて)ん椅子 汚職(おしょ)き縁(えん)のね 衆(し)が並(なる)っ [瀬戸口抱洋]
外面は 良(え)どん内面(うっづ)れ 泣(な)かされっ [江平光坊]
金(ぜん)な無(ね)て 家(う)ちもちらしが 沢山(ずばっ)来(き)っ [堂園三洋]
形見(かたん)分け がっつい合(お)がち 離(はな)しゃせじ [新地十意]
クラス会(か)い 付(ち)っ来(く)そな態(ふ)の 悋気(じんき)女房(かか) [永徳天真]
日の一日(ひして) 子供(こど)む泣(な)かすい 小児科医 [小瀬一峻]
渋滞の 真先(まっさ)く走(はし)い 正直者(しょちっもん) [小森寿星]
負け力士 後姿(うしとすがた)が 小(こ)む見(み)えっ [桜井末雄]
わが家(うっ)じゃ 爺(じ)の世話もせじ ボランティア [岩崎司留]
臍繰(へそく)いも 連(つ)れはっ行(ち)た 収集車 [福冨野人]
免許証(めんきょしょ)ん 臍繰(へそく)い笑(わ)るた 取締(といしま)い [坂元鶴山]
臍繰(へそく)いも 三途ん川じゃ 役(や)き立(た)たじ [西 幸子]
訪(こと)い上手(じょし) 子供(こど)み土産を 先(さ)きくれっ [新地十意]
口(くっ)のしこ かなわん足の 歯痒(はが)いこっ [大和 渚]
恥(げん)ね態(ふ)で デートは野焼(のや)き 追出(うだ)されっ [山内成泰]
泣虫(なけべ)すば 泣虫(なけべし)じゃった 父親(ちゃん)が叱(が)っ [佐土原 隆]
子供(こどん)ちゅは 宝(たか)れなったい 荷(に)なったい [渕上早苗]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top