鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

薩摩狂句

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

薩摩郷句誌「渋柿」 第564号 7月号

雑吟     三條風雲児選

一番槍 出臍(でべそ)をば 三段腹で 蓋(ふた)をしっ [村田子羊]
二番槍 実家(さ)て帰(もど)っ 離婚(わかれ)相談(そだん)な 言(ゆ)えじ寝(ね)っ [新地十意]
三番槍 風邪ぐれで け死(し)ませんがち 厳(いみ)し姑(しゅと) [今釜三岳]
四番槍 無人売(う)い 計算(さんにょ)ん合(お)わん 日が多(う)こし [山内成泰]
五番槍 可哀相(むい)ね姑(かか) 厄介(やっけ)いなっち 小(こ)む曲(ま)がっ [平中小紅]
六番槍 会議言(ちゅ)は 口実(だし)で当初(はな)から 焼酎(そつ)が出(で)っ [栫 路人]
七番槍 借金ぬ 頼まれた方(ほ)も 嘘を吐(ひ)っ [小森寿星]

渋柿集

三條風雲児 合鴨(あいがも)で 田車(たぐいま)押しも け忘(わす)れっ
花茣蓙(はなござ)い 裸(はだ)け爺(じ)さんな 鼻が鳴(な)っ
亭主(とと)は留守(ずし) 目が腐(けっさ)るい 程(ほ)で昼寝(ひんね)
エアコンも すったい疲(だ)れた 熱帯夜
あぐっちぇっ 揚(あ)がい花火(ひやな)ぐ ちゃんこねっ
西瓜番(すかばん)ぬ 骨抜(ほねぬ)きなけた 三合(さんご)瓶
気力(ぎろ)ん無(な)か 転寝(いどこ)ね女房(かか)も気を遣(つ)こっ
上田 格 下戸じゃれば 焼酎(しょつ)ん燗どん させられっ
焼酎(しょつ)が出(で)い 会じゃろ不精(ふゆ)も 準備(しめ)が良(ゆ)し
溶岩の 海苔(のい)じゃろかった 骨があっ
慰労会 そんた出席(で)ろ言(ちゅ)て 印(はん)ぬ押(ち)っ
口(くっ)が原因(もと) じゃろ娑婆ん道(み)つ 踏(ふ)ん外(は)じっ
参観日 亭主(とと)は後(うしと)で 手を挙(あ)げっ
南瓜棚 生(な)れば下かあ 撫(な)でられっ
有川南北 プランタい 女房(かか)が始(はし)めた 野菜(やせ)作(つく)い
芽は出たが 間引(くけ)らんもんで 萌(もや)しなっ
薬剤(くすい)慣れ 虫もこん頃(ご)ら 情強(じょづ)ゆなっ
成(な)い上(あ)がい 笑(わ)るた金歯は 獅子の如(ご)っ
髪型(かんがた)も 櫛も縁の無(ね) 禿げ上(あ)がい
塚田黒柱 一斗甕(いっとがめ) 言(ちゅ)おそな顔(つら)を しちょい下戸
顔(つら)じゃ無(ね)ち 言(ゆ)どんやっぱい 美人(シャン)が好(す)っ
輸入野菜(やせ) 国内産の 首(く)ぶ締(し)めっ
選挙前(ま)へ なれば綺麗(きれ)ごつ きし吐(か)えっ
わが子をば 叱(が)っともかった 命(いのっ)がけ
参考作品 あいこいち 愛情(ぼんの)を詰めた 宅急便(たっきゅびん) [蜻蛉]
養子(よし)の亭主(と)て 女房(かか)よか手強(てご)え 嫁が来(き)っ [泊 白水]
慌(せし)こたか 夜逃げは位牌(いへ)を 取(と)い残(の)けっ [長井春江]
寒(さ)み言(ちゅ)えば 暑(ぬ)き冬(ふ)や無(ね)どち 爺(じ)は吐(か)えっ [中釜 繁]
長病(ながやん)に 墓ん造花も しょぼくれっ [永里つる女]
地鶏(じど)ゆ噛(か)ん コップん縁(ふっ)も 油ぎっ[藤後一碧]
ピーポーが 近(ち)かき止れば 心配(せわ)をえっ [永野寛二]

山椒集 題「雑巾(ざふっ)」     上田 格選

雑巾(ざふ)き足(あ)す 拭(ぬ)ぐえち女房(かか)は 猫も叱(が)っ [花牟礼雲雀]
尻(し)ゆ天に 妻(かか)は小走(こばし)い 雑巾(ざふっ)がけ [入来創雲]
訪(き)た姑(かか)が 面当てんごっ 雑巾(ざふ)く握(と)っ [津留見酎児]
五客一席 足の先(さ)き 雑巾(ざふ)くはすんじゃ 撫(な)でまえっ [山崎 満]
五客二席 雑巾(ざふっ)がけ 両親(おや)ん躾が 娘(こ)い光(ひか)っ [大脇保子]
五客三席 偵察(ていさっ)が 来(く)そな態(ふ)やっで 雑巾(ざふっ)がけ [諸木小春]
五客四席 婆(ば)の躾 縁(えん)な雑巾(ざふっ)で わっぜ光沢(つや) [鈴木一泉]
五客五席 子分限者(こぶげんしゃ) 玄関(ふんご)み準備(しこ)た 濡れ雑巾(ざふっ) [松沢広海]
選者吟 スーパーで 柄(え)の付(ち)た雑巾(ざふ)く 買(こ)て戻(もど)っ

龍虎集 「時事吟」     有川南北選

真紀子節(ぶし) とことん派閥(はば)つ 切(き)いたくっ [野村三味]
味噌汁(みそしゅい)も 煮染(にしめ)も他所(よそ)ん 国(くん)の野菜(やせ) [大和 渚]
拉致疑惑(ぎわっ) 五十年(ごじゅねん)ないが 埒(だ)ちゃあかじ [小原庄太郎]
四天王一席 雅子妃ん 懐妊(めでた)か春(は)ゆば 包(つつ)ん込(く)っ [種子田 寛]
四天王二席 候補地な 補償(ほしょ)を目当てん 木が生(お)えっ [畑山真竹]
四天王三席 海苔(のい)不作(ふさっ) さしつけ堰(せっ)が 罪(つ)む被(かぶ)っ [新地十意]
四天王四席 まねけんな 笑(わ)れが止まらん 記事が欲(ほ)し [吉丸セツ子]
選者吟 競馬かあ じゃじゃ馬(う)めなった 外務省

郷句相撲 題「裸」

横綱(東) 放蕩(どら)息子(むす)け 愛情(ぼんの)が切(き)れじ 裸(はだ)けなっ [田中末木]
横綱(西) 三代目 裸(はだ)けなっから 目が覚(さ)めっ [塚田黒柱]
大関(東) 芸(げ)や売(う)れじ ごろいと裸 売(う)いでけっ [江平光坊]
大関(西) 裸見(み)け 亭主(とと)も行(い)たろか 社員旅行(りょこ) [野間口鈴女]
関脇(東) 週刊誌(しゅうかん)し 裸(はだ)けない娘(こ)も 親が居(お)っ [楠八重渓流]
関脇(西) 野球拳 裸手前で 水(みっ)が入(い)っ [盛満椒平]
小結(東) 裸山 梅雨(ながし)が諄(く)でち 地鳴(な)いでけっ [津留見一徹]
小結(西) 今ん娑婆 裸一貫 とないかじ [樋渡草団子]
筆頭(東) 可愛(む)ぞか所作 すっぽんぽんの 小便(しべん)小僧こぞ [瀬戸口抱洋]
筆頭(西) 祭まつい好(す)っ 裸若衆(わかしゅ)い 血がたぎっ [郷田悠々]
二枚目(東) 裸どん 考(かん)げちょったか 出た鼻血 [永徳天真]
二枚目(西) 悪餓鬼(われこっぼ) 裸鶏(にわと)ゆ 走(はし)らせっ [樋之口墨矢]
三枚目(東) 保証(ほしょ)被(かぶ)い 裸(はだ)けなっかあ 目が覚(さ)めっ [倉元天鶴]
三枚目(西) 大噴火 罪(つん)の無(な)か衆(し)を 裸(はだ)けしっ [畑山真竹]
四枚目(東) 裸(はだ)けなっ 団扇(うっば)一(いっ)ちょん 爺(じ)が踊(おど)い [有馬慶成]
四枚目(西) 裸坊(はだかぼ)が 飛(と)っ出た騒動(そど)ん 風呂場火事(かし) [森山厚香]
五枚目(東) わぜ自信 三面鏡で 見(み)いヌード [平中小紅]
五枚目(西) 貸し借(か)いで 裸交際(つっけ)も がん壊(く)えっ [松元清流]
六枚目(東) 二段腹(にだんば)れ 怖気(おぞけ)が立った わがヌード [上籠若菜]
六枚目(西) 落ち目じゃろ 今度(こん)だ裸で 売(う)い出(だ)せっ [川村三生]
七枚目(東) 裸体画を エロじゃ芸術(げいじゅっ) じゃち揉(も)めっ [金井一馬]
七枚目(西) 海開(うんびら)き 裸見せじゃろ 浸(つか)やせじ [末村多櫛]
八枚目(東) 旅役者(たっやっ)しぇ 懐(つく)れ祝儀(はな)じゃち 裸銭(はだかせん) [有村土栗]
八枚目(西) 勉強(べんきょ)部屋(べ)へ 裸写真ぬ 忍しのばせっ [堂園三洋]
親方吟(東) 裸坊(はだかぼ)を パンツ振(ふ)い振(ふ)い 木戸い追(う)っ [安藤孟宗竹]
親方吟(西) 褌(へこ)一枚(いっちゃ) 裸が啜(すす)い 冷(ひ)や素麺(そめん) [有馬凡骨]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「響(ひび)っ」 中村雲海選

特選 切れた女房(かか) 地響(じひび)く立(た)てっ 抗(む)こっきっ [泊 白水]
秀一 反(そ)い返(かえ)た 平常(かねっ)が響(ひび)っ 落選(ひっちゃ)えっ [津曲とっこ]
秀二 腹ん子い びんびん響(ひび)っ 夫婦(みと)喧嘩 [村田子羊]
秀三 女房(かか)ん愚痴(ぐっ) 二日酔(ふっかえ)頭(びん)て 倍響(ひび)っ [津留見酎児]
秀四 直(いっ)きそけ 新幹線が 響(ひび)っ音 [埀野剣付鶏]
秀五 地響(じひび)きも 慣(な)れっ線路ん 脇(わ)き暮(く)れっ [瀬戸口抱洋]
軸吟 改革(かいかっ)が 響(ひび)っ支持率(しじり)つ 上げた首相(しゅしょ) [中村雲海]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「新(に)け」 平中小紅選

特選 チェスト行け 血統(ちす)じゃ薩摩ん 新(に)け総理 [鈴木一泉]
秀一 何(ない)もけん 新(に)け品(と)を準備(しこ)た 女房(かか)ん旅(たっ) [柳村遊月]
秀二 新(に)か友達(どし)の 内心(ねしゅ)は飲屋(のんや)で 探(さぐ)いでっ [新地十意]
秀三 新(に)け妻(かか)が 欲(ほ)し言(ちゅ)た亭主(て)すば こさっ出(で)っ [村田子羊]
秀四 携帯(けいた)ゆば 新(に)け品(と)新(に)け品(と)い 子は替(か)えっ [江平光坊]
秀五 新(に)け靴(くっ)が 肉刺(まめ)を食(く)れでた 新入社 [三條風雲児]
軸吟 新(に)け服(ふっ)が 煤(すす)けた女房(おかた)も 若(わ)こ見(み)せっ [平中小紅]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「担(い)の」 安藤孟宗竹選

特選 中担(なかい)ねで 大猪(うじ)しゃ逆吊(さかつ)い 里(さ)て運(はこ)っ [瀬戸口和八久]
秀一 猪(し)しゅ担(いの)っ 来た日は法螺(ぎら)い 輪(わ)がかかっ [三條風雲児]
秀二 村(む)れな春(はい) 馬(うんま)が嫁御(よめじょ) 担(い)のっきっ [長井春江]
秀三 日本の 担手(いのて)薩摩ん 血が混(まじ)っ [有馬凡骨]
秀四 何(ない)もけん 担(い)のっ棚田ん 農業(さ)きはまっ [井手上政暎]
秀五 朝帰(あさもど)ゆ 担(い)のた片棒(かたぼ)が 叱(く)るわれっ [樋口一風]
軸吟 担売(いねう)い婆(ば) 帰(もど)や帰(もど)いで 石蕗(つわ)商(あっ)ね [安藤孟宗竹]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「久(さ)し」 村田子羊選

特選 朗報(ろうほ)をば 久(さ)す待たされた 東宮御所(とうぐごしょ) [三條風雲児]
秀一 久(さ)す待った 薩摩ん血筋(すっ)の 新(に)か総理 [福原福多]
秀二 税のがれ 久(さ)すちょろまけた 輸入蛸 [有川南北]
秀三 入院が 久(さ)しが悪(わ)り病(びょ)じゃ 無(ね)かち心配(せわ) [三條風雲児]
秀四 水俣病(みなまたびょ) 久(さ)し裁判が 遺影(いえ)いしっ [上籠若菜]
秀五 久(さ)し病臥(ねおい) 看病(かびょ)しん嫁い 後光(ごこ)が差(せ)っ [樋口一風]
軸吟 差入れも 面会も久(さ)し 娑婆ん匂(かざ) [村田子羊]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「道具(しょどっ)」 堂園三洋選

特選 美人(シャン)じゃ無(ね)で 嫁入(よめいい)道具(しょど)か はし気張(きば)っ [下栗志乃]
秀一 拾(ふ)るたよな 道具(しょど)く持(も)っきっ 修繕(かがい)大工(でっ) [安藤孟宗竹]
秀二 新宅(しんたっ)で 気兼ねをしちょい 古(ふ)り道具(しょどっ) [瀬戸口抱洋]
秀三 マンションじゃ 道具(しょどっ)の中い 人が居(お)っ [細山田妙子]
秀四 末裔ち 昔の道具(しょど)く 出(で)っ見(み)せっ [長井春江]
秀五 クッキング 言(ちゅ)た道具(しょどっ)どま 隅(す)み小積(こず)ん [川村 明]
軸吟 良(よ)か道具(しょどっ) わぜ脳味噌ん コンピュータ [堂園三洋]

第91回南日本薩摩郷句大会 兼題「間(ま)」 瀬戸口抱洋選

特選 二十数年前の句と暗合のため取り消し
秀一 貸間あり 学生さんち 念ぬ押(え)っ [上田 格]
秀二 間(ま)もの言(ちゅ)あ 挨拶(えさっ)じゃったか 遅(お)せ出前 [江口紫朗]
秀三 間(ま)なし来(き)っ うぜらしゅなった 茶飲(ちゃの)ん友達(どし) [平中小紅]
秀四 間(ま)なし来(く)い 姑(ばば)い嫁御(よめじょ)は 泣(な)っかぶっ [山路野菊]
秀五 少(ちっ)た間(ま)が 抜けた加減で 優(やさ)し亭主(とと) [津留見酎児]
軸吟 孫ん守(も)い 萎(しな)びれ乳房(ちち)で 間(ま)を繋(つ)ねっ [瀬戸口抱洋]

その他の秀句 (順不同)

管巻(じじら)繰(く)や 先祖もじゃった DNA(ディーエヌエ) [村田子羊]
食終(くと)ったや 下戸はちょいちょい 時計(とけ)ゆ見(み)っ [津留見酎児]
どら言(ちゅ)たが 孫ん分数(ぶんす)も 解(と)かならじ [安藤孟宗竹]
良(ゆ)くさ来た 上(あ)がれち手酌(てじゃ)か にかっなっ [瀬戸口抱洋]
謹呈ち 本も並(な)るじょい 古本屋 [小森寿星]
娘(こ)は嫁(や)らじ 百姓(ひゃっしょ)ん長男(すよ)い 欲(ほ)し嫁御(よめじょ) [金井一馬]
わが家(や)でん 支持率(しじり)ちゃ伸(の)びん 呆(ぼ)え亭主(とのじょ) [小瀬一峻]
水(みっ)争(いさ)け 畦じゃ蛙(びっ)ずい 睨(にら)ん合(よ)っ [田中末木]
クラス会 横目で着物(いしょ)ん 値踏(ねぶ)むしっ [佐伯山神]
子分限者(こぶげんしゃ) 泣(な)こが叫(おら)ぼが 平然(しれっ)しっ [松沢広海]
カルダンぬ 雑巾(ざふ)き使(つ)こちょい 成(な)い上(や)がい [小瀬一峻]
入学金(にゅがっきん) 牛(べぶ)い工面ぬ しっ貰(も)ろっ [山崎 満]
可愛(む)ぜ挨拶(えさっ) 手本の親は しれっしっ [石塚律子]
新(に)け金(ぜん)で 準備(しこ)た香典(くやん)ぬ 姑(ば)が叱(く)るっ [米元年輪]
年賀状(ねんがじょ)い 久(さ)す会(お)もはんち 毎年(めとし)書(け)っ [山崎 満]
間(ま)い合(お)たち 座った汽車あ 逆(ぎゃ)き走(はし)っ [有川南北]
嫁(よ)め行(い)たて 間(ま)なしやっ来(き)ちゃ 食(く)て帰(もど)っ [川辺睡蓮]

スポンサードリンク















前のページに戻る QRコード

page top