鹿児島愛!おんじょどいの小屋

おんじょどいの小屋は鹿児島弁と薩摩狂句を紹介しています

鹿児島弁辞典

トップページへ! ホームへ 鹿児島弁辞典へ! 鹿児島弁辞典へ 薩摩狂句へ! 薩摩狂句へ

あかとんぼ

2006年8月、「詩集 あかとんぼ」の作者大橋晴夫さんより「あかとんぼの一部を鹿児島弁に翻訳してほしい」との依頼を受け、音声とともに作ってみました。
大橋さんは既に東北地方の方言に訳した18編をまとめて出版されています。
これから九州・沖縄地方のものを集めたいとのことです。
東北地方の下北弁津軽弁と沖縄のうちなあぐちに訳されたホームページもありますので、是非見聞してみてください。
また音声はありませんが、秋田弁宮古弁のページもあります。

あかぼい     (鹿児島弁翻訳)  おんじょどい 音声を聞く

あかぼいょせじっ飲めぁ
かぜっがひっちかん

しっちゃいおてた
コンクリん壁んあい焼け跡で
だいぃいっかせられたたろかい
といたくったとをおぼえちょい

ガライやぁブリキんかげを掘いたくちゃ
アメんこぃよかせいじょったおいどん
あんひ あっちちゅうあっちにゃ
あかぼいばっかいがずんばいおった

つやんあいしいぼ
きらんきらんしたはね
ひんむしったにくゎ
うどぼいょよろこばせっ

おやっどんぬやき かかどんぬやいたほのおが
もどっきたゆうやけ

ふくろいつめたたろかい
そいともかごいいれたろかい
といたくったあかぼいんしまちょ
おぼえちゃおらん

あかとんぼ (原詩)  大橋晴夫

あかとんぼを煎じて飲むと
かぜをひかない

くずれおちた
コンクリートの壁のあるやけあとで
だれに教えられたのか
捕みあさったのを覚えている

ガラスやブリキの破片を掘り返しては
あめ代をかせいでいた僕ら
あの日あき地というあき地には
あかとんぼだけが豊富だった

つやのあるしっぽ
きらめくはね
むしりとったにくは
おにやんまをよろこばせ

父をやき母をやいた炎が
還ってきたゆうやけ

ふくろにつめたろうか
それともかごにいれたろうか
捕みあさったあかとんぼの始末を
覚えてはいない

前のページに戻る QRコード